教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

書籍

書籍ご紹介:『国語の未来は「本づくり」 子どもの主体性と社会性を大切にする授業とは?』

子どもたちが一人1台の端末を持って、授業支援ツールを使える授業をしているうちに、だんだんとこちらから課題を出してそれに答えてもらう、という活動だけでなく、子どもたちが自分で好きな話を書いてもらって、本を作る活動をしてみたいなと思うようになっ…

EdTechZineオンラインセミナー「なぜ学校のデジタル化が重要なのか? ICT利活用を推進する9の目的」講演レポート(2022年5月21日)

2022年5月21日、EdTechZineオンラインセミナーに登壇させていただきました。テーマは、「なぜ学校のデジタル化が重要なのか? ICT利活用を推進する9の目的」でした。 全体で60分のオンラインセミナーで、前半30分が講演、後半30分が質疑応答、という構成でし…

書籍ご紹介:『GIGA完全対応 学校アップデート+(プラス)』

東北大学の堀田龍也 先生、東北学院大学の稲垣忠 先生、宮城教育大学の安藤明伸 先生とご一緒させていただき、弊社フューチャーインスティテュートの為田と佐藤が執筆した書籍『GIGA完全対応 学校アップデート+(プラス) 』が2022年5月30日に発売予定とな…

書籍ご紹介:『わが子に今日からできる! 世界標準の英語の学び方』

Edvation x Summit 2019で一緒に登壇させていただいて以来、いろいろとお世話になっている鈴木款さんから、白川寧々さんとの共著『わが子に今日からできる! 世界標準の英語の学び方』をお送りいただきました。わが子に今日からできる! 世界標準の英語の学び…

書籍ご紹介:『夢中になる東大世界史 15の良問に学ぶ世界の成り立ち』

福村国春さんの『夢中になる東大世界史 15の良問に学ぶ世界の成り立ち』を読みました。福村さんは、東京都内で歴史専門の大学受験塾「史塾」を設立し、私立高校の学生を中心に指導を行っているそうです。夢中になる東大世界史~15の良問に学ぶ世界の成り立ち…

【メディア掲載】東洋経済education×ICT「教育専門家が選ぶ「子どもの教育」のいろいろな悩みを解決してくれる11冊」(2022年4月29日)

2022年4月29日に公開された、東洋経済education×ICT「教育専門家が選ぶ「子どもの教育」のいろいろな悩みを解決してくれる11冊」のなかで、聖徳学園中学・高等学校学校の品田健 先生が著書『学校のデジタル化は何のため?』を紹介してくださいました。 ここで…

教材で使えるかも:『プロジェクト・ヘイル・メアリー』

アンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を上下巻、一気読みしました。よくわからない状況からスタートするストーリーですが、どんどん引き込まれていく作品です。 主人公をとりまく途方もない問題に、いろいろな知識や思考方法を組み合わせな…

【イベント情報】EdTechZineオンラインセミナー「なぜ学校のデジタル化が重要なのか? ICT利活用を推進する9の目的」(2022年5月21日)

2022年5月21日に、EdTechZineオンラインセミナー「なぜ学校のデジタル化が重要なのか? ICT利活用を推進する9の目的」に登壇させていただきます。 3月に出版された著書『学校のデジタル化は何のため?』の内容を踏まえながら「なぜ学校のデジタル化が重要な…

『学校のデジタル化は何のため?』読書感想文大会 No.5

3月15日に発売になりました『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』の感想文をお寄せいただきましたので、ご紹介したいと思います。 まだ前半しか読んでおりませんが、とても感動しております!読んでいて、目から鱗です。プログラミン…

書籍ご紹介:『ピア・フィードバック ICTも活用した生徒主体の学び方』

スター・サックシュタインさんの『ピア・フィードバック ICTも活用した生徒主体の学び方』を読みました。ICTを活用することで、「書いたものや作ったものを先生に提出して、先生からフィードバックをもらう」というだけの生徒と先生の関係性だけでなく、生徒…

『学校のデジタル化は何のため?』読書感想文大会 No.4

3月15日に発売になりました『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』の感想文をお寄せいただきましたので、ご紹介したいと思います。 まだ,同僚に伝える機会がないのですが,「このフレーズ,ICT苦手な同僚にも分かりやすいし,伝えやす…

書籍ご紹介:『みんなの「今」を幸せにする学校』

熊本市教育長の遠藤洋路さんの『みんなの「今」を幸せにする学校』を読みました。「熊本だからできる…」と言うのではなく、自分の関わる地域で何ができるだろうか、と考えるためのヒントがたくさんある本だと思いました。思いだけでもなく、仕組みをしっかり…

『学校のデジタル化は何のため?』読書感想文大会 No.3

3月15日に発売になりました『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』の感想文をお寄せいただきましたので、ご紹介したいと思います。 教育界のデジタルは一体何のために必要か?は実社会の風景を映し出す鏡のように問い続けてこられたの…

ブログのカテゴリーを『学校のデジタル化は何のため? 教育ICT利活用の目的9類型』に合わせました

このブログでは、授業をレポートするときや、授業で使えそうなコンテンツやアプリなどを紹介するときに、「教育ICT利活用の目的」として、目的-1から目的-9までをタグ付けしています。この目的が、『学校のデジタル化は何のため? 教育ICT利活用の目的9類型…

『学校のデジタル化は何のため?』読書感想文大会 No.2

3月15日に発売になりました『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』の感想文をお寄せいただきましたので、ご紹介していきたいと思います。 GIGAスクール構想にて端末が整備され、多くの先生がどう活用したら良いか戸惑った1年だったと思…

書籍ご紹介:『ゲーム・ネットの世界から離れられない子どもたち 子どもが社会から孤立しないために』

吉川徹 先生の『ゲーム・ネットの世界から離れられない子どもたち 子どもが社会から孤立しないために』を読みました。GIGAスクール構想で配備された一人1台の情報端末をどう活用するかの話をするときに、「コンピュータ(ゲームやネット)ばっかりするように…

書籍ご紹介:『智場 #124 2030年代のデジタル学習論 教育DXの構想と実践』

GLOCOM主幹研究員の豊福晋平 先生が責任編集されている『智場 #124 2030年代のデジタル学習論 教育DXの構想と実践』を読みました。【Amazon.co.jp 限定】2030年代のデジタル学習論:教育DXの構想と実践(智場#124特集号)作者:豊福 晋平,重田 勝介,渡辺 智暁,ア…

『学校のデジタル化は何のため?』読書感想文大会 No.1

3月15日に発売になりました『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』の感想文をお寄せいただきましたので、ご紹介していきたいと思います。 「教育ICT利活用の目的9類型」と表紙に記載の通り、この本は学校でICT機器を使う利用シーンを…

書籍ご紹介:『学問としての教育学』

苫野一徳 先生の『学問としての教育学』を読みました。いろいろな学校で授業を見させていただいて、「良い授業だなあ、好きだなあ」と思うことはたくさんあります。でも、その授業のやり方はそのままどの学校にも適用するのがいいのか、統一する必要があるの…

【先生方とシェアしたい!】『学校のデジタル化は何のため?』読書感想文大会(4月15日まで!)

『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』が2022年3月15日に発売となりました。学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型作者:為田 裕行さくら社Amazon 今まで、たくさんの先生方に教えていただいたことを整理してまとめた…

書籍ご紹介:『子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島県教育長の公立校改革』

上阪徹さんの『子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島県教育長の公立校改革』を読みました。子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島県教育長の公立校改革作者:上阪 徹日経BPAmazon 広島県教育長の平川理恵 先生による公立校改革が、「イエナプラン…

淡路市立北淡中学校 校内研修レポート(2022年2月9日)

2022年2月9日に、淡路市立北淡中学校の校内研修会の講師をつとめさせていただきました。2020年7月29日に続いて、2回めとなる今回の研修でのテーマは、「一人1台のルール」でした。こうして継続してお声掛けいただくのはうれしいです。 一人1台のルール――自由…

書籍ご紹介:『GIGA School時代の学級づくり』

京都教育大学附属桃山小学校の樋口万太郎 先生から、著書である『GIGA School時代の学級づくり』をお送りいただきました。GIGA School時代の学級づくり作者:樋口 万太郎東洋館出版社Amazon 樋口先生が5年生と6年生の2年間を担任したクラスでのエピソードを多…

書籍ご紹介:『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』

さまざまな学校で授業を参観させていただき、また多くの先生方とお話をさせていただくなかで考えてきたことをまとめた書籍、『学校のデジタル化は何のため?:教育ICT利活用の目的9類型』が2022年3月15日に発売予定となり、Amazonに書誌情報が掲載されました…

書籍ご紹介:授業では使えないかもしれないけど、大好きな『大奥』が日本SF大賞を受賞!

よしながふみ さんの『大奥』が第42回日本SF大賞に選ばれました。何度も何度も読み直している、大好きな作品なのでとてもうれしいです。 natalie.mu 『大奥』は、2004年に連載が開始されて、テレビドラマ化されたタイミングで少しだけ見て、原作を読んでいな…

書籍ご紹介:『GIGAスクール構想で変える! 1人1台端末時代の学級づくり』

京都教育大学附属桃山小学校の樋口万太郎 先生から、編著書である『GIGAスクール構想で変える! 1人1台端末時代の学級づくり』をお送りいただきました。GIGAスクール構想で変える! 1人1台端末時代の学級づくり作者:樋口 万太郎,中西 和也,井上 美鈴,山口 翼,…

書籍ご紹介:『授業づくりネットワーク』個別最適な学び

『授業づくりネットワーク』 No.40を読みました。特集は、「個別最適な学び」でした。「個別最適な学び」という言葉は、文部科学省の資料だけでなく、多くの学校の研究テーマとしても見かけるようになりました。しかし、学校によって、「デジタルドリルを使…

授業で使えるかも:フェルミ推定の課題

先日、教育・学びの未来を創造する プラットフォーム in 戸田にゲストスピーカーとして参加したときに、「非認知能力×ICT活用」のテーマのなかで、フェルミ推定にみんなで取り組む授業の事例をお話ししました。僕は、フェルミ推定で、「正解はないけど、自分…

【メディア掲載】明治図書「授業力&学級経営力」3月号

明治図書様からご依頼いただき、『授業力&学級経営力』3月号に執筆させていただきました。授業力&学級経営力 2022年 03月号 (速さも質も捨てたくない先生のための超速仕事術)明治図書出版Amazon 今回は連載記事「Q&Aでまるわかり!GIGAスクール構想ってな…

書籍ご紹介:『デジタルで変わる子どもたち 学習・言語能力の現在と未来』

バトラー後藤裕子 さんの『デジタルで変わる子どもたち 学習・言語能力の言語と未来』を読みました。デジタルで変わる子どもたち ――学習・言語能力の現在と未来 (ちくま新書)作者:バトラー後藤裕子筑摩書房Amazon バトラー後藤 さんの専門は「子どもの第二言…