教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

「月刊先端教育」2020年7月号に掲載されたインタビューが、佐賀大学の小論文で出題されました

 「月刊先端教育」2020年7月号の「特集 リアル教育の価値と格差」にて掲載されたインタビューが、佐賀大学の令和3年度 後期日程の教育学部学校教育課程 小中連携教育コースの小論文で出題されました。佐賀大学のサイトにて、過去3年分の入試問題が公開されていますので、そちらで見ることができます。
f:id:ict_in_education:20210621103635p:plain
www.sao.saga-u.ac.jp

 佐賀大学のサイトでは、問題だけでなく、出題意図もPDFで公開されていました。こうして出題意図を読むことができるのはとてもいいな、と思います。書かれていたのは、以下の通りのことでした。

オンライン教育の導入に関するインタビュー記事を参考資料として提示することで、一斉休校を通して見えてきた学校の抱える課題や教育の意義について自分自身の考えを展開してもらうことを意図して問題を出題した。この場合、オンライン教育という切り口は、単なる ICT の利活用にとどまるものではなく、学校教育で行うべきことや教師の役割について考えるための一つの論点として設定している。

 まさに、「単なるICTの利活用にとどまるものではなく、学校教育で行うべきことや教師の役割について考えるための一つの論点」というのは、自分がインタビューを受けながら考えていかなければならないこと、と思っていたものだったので、大変うれしいです。

 自分自身が大学入試のときに小論文が受験科目にあって、たくさんの課題文を読んでは書いて、ということをしていましたので、自分の書いた文章が読まれ、小論文を受験生の皆さんが書いてくださったのは恐縮です。受験生の皆さんがどんな小論文を書いてくれたのか、読ませていただきたいくらいです(笑)
 自分のインタビューが、少しでも教育学部の受験生に何か考える機会を与えたのだと思うと、とてもうれしいです。

(為田)

書籍ご紹介:『「対話力」 仲間との対話から学ぶ授業をデザインする!』

 白水始 先生の『「対話力」 仲間との対話から学ぶ授業をデザインする!』を読みました。知識構成型ジグソー法についての紹介、授業での実践などがまとめられています。知識構成型ジグソー法、実際に自分の授業で取り入れてやってみたいと思いました。自分なりに子どもの反応を見ながら試してみたいところがたくさんあります。

 知識構成型ジグソー法について、どんなプロセスをとるのかなど書かれていた部分を抜粋します。

もし、子どもたちが教室でも「十分な答えが出せないから、みんなで一緒に解きたい」と思える問題に出合えて、「答えの候補も考え方も少しずつ違う」と感じられ、それらをまとめると「もっとよい答えが出せそう」という予感をもつことができれば、建設的相互作用はどんな学校でも起きそうです。
そしてもし、児童や生徒に特別なスキルや前提知識がなくとも、対話的な学びが実現できるのであれば、それは誰もが対話を通して学ぶ潜在的な能力をもっていることの証拠にもなります。
そのために東京大学CoREFが開発し、全国のさまざまな教室で実践してきた授業手法が「知識構成型ジグソー法」です。その手法は、次のシンプルな5つのステップからなります。

  1. 先生から提示された問いについて学習者がまず一人で答えを出し、自分の最初の考えを確かめる。
  2. 問いに答えを出すためのヒントとなる「部品」を小グループに分かれて担当して理解する(エキスパート活動)。
  3. それぞれ異なる「部品」を担当したメンバーが集まって新しいグループをつくり、その内容を交換・統合して問いに対するよりよい答えをつくり上げる(ジグソー活動)。
  4. 各グループの答えを教室全体で共有・比較吟味する(クロストーク活動)。
  5. 最後にもう一度、問いに対する答えを納得いくまで一人で出してみる。

クラスで共有した問題に一人ひとりが答えを出して考えを外化し、対話を通して、その考えをつくり変えていくことが授業のねらいです。それによって、一人ひとりの学ぶ力を引き出して学習内容に対する理解を深め、学び方も学んでもらうことをねらっています。(p.58-61)

 知識構成型ジグソー法は、授業支援ツールなども活用できそうだと思っています。一人ひとりが考えを外化する手段の選択肢が広がるし、外化する過程を含めて共有できるのもいい点だと思っています。
 ただ、授業支援ツールを使っているだけの「形だけ」知識構成型ジグソー法にならないように注意をしなければならない、ということも書かれていました。

子どもたちが熱心に話し合っているように見えても、実は何について話し合えばよいのかをわかっていない授業、積極的に立ち歩いて問題を解いているように見えても単に当て物的に正解を探している授業、こうした授業を繰り返していくと、子どもはグループ学習を嫌いになるか、その場をやり過ごす力を身につけるだけになるでしょう。
ここに最先端のテクノロジーが加わると、「形だけ」の評価がより強化されてしまうので、しゃべっていないグループや子どもがいたらすぐ介入したり、次の授業では何とか話し合えるようにグループ編成を最適化したりすることになります。
それに対して、私たちが期待したいのは、黙って仲間の話を聞いているだけで「外形的」には学んでいないように見えても、一生懸命その内容をモニタリングしながら学びを深めている児童・生徒の存在ではないでしょうか。
私たちがやりたいのは、その沈黙の向こうの彼・彼女の声や考えを聞き取ることではないでしょうか。せっかくの先端技術も、私たちの発想が古いままでは宝の持ち腐れになってしまいます。(p.269-270)

 最後の、「せっかくの先端技術も、私たちの発想が古いままでは宝の持ち腐れになってしまいます」は、本当にそのとおりで、デジタルを教室で活用できるようになっても、教える側の学習観が古いままではいけない、ということだと思います。「デジタルを導入して教えているから新しい」というのではなく、学び方・考え方・表現の仕方をアップデートしなければなりません。
 このあたりをうまく組み込んで、授業支援ツールの活用×学習観のアップデートのモデルケースを作れたりしないかな…と思いましたが、ヒントになる箇所がありました。3つのアプローチが紹介されていましたので、まとめます(p.198-204)。

「子どもはいかに学ぶか」という学習観・理論の問い直しを目指して、日々の授業づくりや授業改善をどう進めていくかを考える際に、学習科学における実践研究の歴史が参考になります。

  1. パッケージ化アプローチ
    • 学習科学は、1980~1990年代には「どのような教員でも使うことができる完全なカリキュラム」開発を目指していた。
    • 子どもの能動的で有能な姿を見せられる学習課題や学習活動のパッケージをつくり、それを先生に手渡し実践してもらって、子どもの見方を変えてもらうアプローチ。
    • 典型例のひとつは、ジャスパープロジェクト。ビデオ教材やワークシート、使い方ガイドのパッケージを使って、授業を実施できる。
    • パッケージ化アプローチは、「子どもの学び方」を最大限引き出すことで、先生の目に見える形で「子どもが主体になる学び」を成立させ、カリキュラムの背後にある学習者観や学習観を共有することをねらっていた。
    • 一方で、強い制約は、先生自らが授業をふり返る習慣や、デザインを修正する自由を損ない、目前の子どもの変化を先生自身の学習理論づくりにつなげにくい面があった。評価が「このパッケージは使えるかどうか」という点に集中し、授業が先生のねらいにしたがってどう機能したのかの判断になりづらかった。
  2. ビジョン提示型アプローチ
    • 具体的な教材や授業の型よりも、授業を支える学びの理論やビジョンを手渡そうとするアプローチ。
    • 典型例のひとつは「知識構築(Knowledge Building)プロジェクト)。研究代表者であるべライター(Carl Bereiter)とスカルダマリア(Marlene Scardamalia)が、学習者自身による知識構築の可能性を徹底的に追求する教育哲学をつくり上げ、それを授業のデザイン原則に落とし込み、あとは各学校現場や教室に合わせた実践を展開できるよう支援している。
    • 学習環境を提供しているものの、その具体的な使い方や授業デザインについては制約を設けていない。教員一人ひとりの裁量の余地が大きい。
    • だからこそ、ビジョン提示アプローチは、理想的に機能すればビジョンと学習理論にもとづいた教員自身の創意工夫を促し、多様な文脈に沿った創造的で自由な実践が可能になる。
    • 一方で、制約が弱いからこそ、教室や学校、社会の「反知識構築的な文化」の影響で、期待通りの成果を挙げなかった例も見られる。
    • 具体的な「形」に頼らないため、現場教員と研究者の間で期待する子どもの姿や学びのイメージの共有ができないと、研究者の想定した実践になりにくい。
  3. 中間をねらうアプローチ
    • ある程度、望ましい授業デザインや学習活動のイメージを、授業の「型」などで具体的に共有しつつ、その一方で、各教員に授業づくりの裁量の余地を残し、かつ、実践結果から教員が協働で学びやすくなるようなアプローチを試す価値があると考える。

 この3つのアプローチ、非常に勉強になります。弊社の仕事で言えば、お手伝いをする学校との関係性や、導入したい内容などによって、柔軟にアプローチを選んでいけるようになるのが望ましいな、と思ったものの、最終的な判断は学校が「これいいね、やろう。でもちょっとうちの学校にあわせてカスタマイズしよう」となるのがいいので、3つめの「中間をねらうアプローチ」が近いのかな、と思いました。でも、中間をねらうためには、実はパッケージ化もビジョン提示もできないといけないので、ぐっと身が引き締まる思いがしました。

(為田)

Teacher持ち込みレコメン #07 ブラウザ上でシミュレーションができる「PhET」(関東第一高校 長尾航 先生より)

 関東第一高校の長尾航 先生からの持ち込みレコメンを紹介します。オススメいただいたのは、「PhET」です。
f:id:ict_in_education:20210618111326p:plain

phet.colorado.edu

 長尾先生からは、「理数系(小中高問わないかも)」の先生にオススメです、と以下のようなメッセージをいただきました。

多くのシミュレーションがブラウザ上でできます。授業での視聴覚、インタラクティブな効果が期待できます。
私のオススメは、数学の中にある「確率分布を作る」です。新課程での活用も期待されます。
f:id:ict_in_education:20210618111450p:plain

 教科(SUBJECT)と単元(テーマ)で条件づけして、利用できるシミュレーションを選ぶことができます。
f:id:ict_in_education:20210618111659p:plain

 実際に「弦を伝わる波」のシミュレーションをやってみましたが、自分で左側のレバーをドラッグして動かすだけで、簡単にシミュレーションができます。日本語に翻訳されているのもとてもいいと思います。
f:id:ict_in_education:20210618111738p:plain

  実際に授業のなかで見せることで先生の説明の助けになったり、自習のときの教材にしたり、反転学習の教材にしたり、PhETのリンクをリソースとして児童生徒に共有したり、いろいろな使い方があるように思いました。

◆ ◆ ◆

 「Teacher持ち込みレコメン」の第7回は、ブラウザ上でシミュレーションができる「PhET」でした。

 次回のレコメンも、お楽しみに!

「Teacher 持ち込みレコメン」は、先生の生の言葉で、「他の先生方へオススメ(レコメンド)したい」と思う、本、サイト、アプリなどを登録していただき、ブログのエントリーとして発信して共有化していくコンテンツです。ご協力いただける方は、注意事項をお読みいただき、登録フォームよりご投稿をお願いします。

(為田)

まもなく入社から3年が経過。この1年強を振り返る。

 2018年6月にフューチャーインスティテュート株式会社に入社し、まもなく3年が過ぎようとしています。小学校で言えば上学年に、中学・高校で言えば新しい環境に進むタイミングということで、いろいろあったこの1年強を振り返ってみたいと思います。

 2020年4月には「学校アップデートー情報化に対応した整備のための手引き」が、さくら社から出版されました。私が転職する以前からお世話になっていた東北大学大学院情報科学研究科・教授の堀田龍也先生、東北学院大学文学部教育学科・教授の稲垣忠先生、宮城教育大学技術教育講座・教授の安藤明伸先生、弊社代表の為田裕行との共著で、まさにGIGAスクール構想による義務教育の1人1台端末や大容量対応の超高速ネットワーク整備が進められるタイミングでした。
f:id:ict_in_education:20210617144534p:plain:w400

blog.ict-in-education.jp

 多くの方々からご好評をいただき、この記事を書いている時点でもamazon学校運営カテゴリーでは14位と、なんともありがたいかぎりです。あれから1年。今年度は「GIGAスクール元年」と言われています。全国で先生方の利活用研修や授業実践が加速し、時代に対応した教育観や方法がどんどん広がっていくことになります。私たちも、子どもたちの「主体的、対話的で深い学び」の実現と先生方の「授業改善」のお手伝いを、これからも頑張っていきたいと思います。

 「学校アップデート」の執筆から世に出た時期は、諮らずともコロナ禍で休校が相次ぐなどしたタイミングでした。「学びを止めない」を合い言葉に、例え休校になったとしても、学校現場や教育委員会はできる限りのことをしようと奮闘しました。準備ができたところは遠隔授業などにチャレンジし、そうでないところは既設のICT環境や来るGIGA端末などの活用を視野に手立てを考えることに力を注ぎました。
 リモートによるリアルタイム授業の実施などはネットニュースやテレビで大きく取り上げられましたが、先生方や教育委員会の努力は脚光を浴びるものばかりではありません。さすがに緊急事態宣言下では外部から人を招き入れることは難しいと判断した学校が多かったのですが、解除後からは各種研修などに積極的に取り組む学校や自治体が増えてきました。
 2020年6月1日から2021年6月17日までのおよそ1年間で、私が学校や教育委員会などを訪問(もしくはリモート)した回数はのべ122回でした。内訳は次の通りでした。

公立小学校 40回
公立中学校 20回
公立高等学校 1回
私立学校 44回(小学校、中学校、高等学校、日本人学校を含む)
教育委員会・センター 15回(ヒアリング、主催研修、研究会を含む)
市町村議会 2回(議員有志等の勉強会を含む)

 内容は「授業づくり」「授業支援システム」「教育用アプリケーション」「プログラミング教育」「デジタルドリル」「リモート授業」など様々でした。事例や機能の紹介だけでなくワークショップ、授業参観と助言、模擬授業、授業実践、講話、サポート、それらを組み合わせたものなど、クライアントのみなさんのニーズをヒアリングして実施しました。
f:id:ict_in_education:20210617144741j:plain

 報道されるような派手さはなくても、それぞれの現状とこれからを両にらみして自分たちや学校をアップデートしていこうとする先生方の意気込みはすばらしいものでした。これからも、こうした先生方の日々の研鑽をサポートしていきたいと思います。

 2020年12月には「1人1台環境導入直後にもすぐ使えるG Suite for Education 授業・校務素材集」が公開されました。東北大学大学院情報科学研究科・教授の堀田龍也先生にご監修いただき、学校現場の先生方の知見も取り入れたコンテンツ集です(G Suite for EducationはGoogle Workspace for Educationになりました)。
f:id:ict_in_education:20210617144846p:plain:w400

blog.ict-in-education.jp

 このWebサイトのコンテンツは、これから本格的に授業や校務でGoogleアプリを使っていく際のベースとして利活用でき、また、これらを参照することで、自分で教材を作成する際のアイディア出しにも使えます。現在はGoogle for Educationの「Google Workspace 素材・教材テンプレート」サイトからも参照できます。
f:id:ict_in_education:20210617144954p:plain:w400

sites.google.com

 Google for EducationのWebサイトには日々のICT活用や授業づくりのヒントがたくさん詰まっていますので、本コンテンツと一緒にご活用いただければと思います。

 2021年度に入ってからは、東北大学の第51回情報リテラシー連続セミナーに登壇させていただいたり、引き続きさまざまな企業の教育ICT関連部門と協業したり、仙台白百合学園教育ICTアドバイザーの発展形として毎週常勤して小・中・高の先生方とご一緒させていただいたりと、広く活動しているところです。
f:id:ict_in_education:20210617145146p:plain:w400

www.is.tohoku.ac.jp

f:id:ict_in_education:20210617145259p:plain:w400

blog.ict-in-education.jp

 「GIGAスクール元年」の今年度、学校は整備の段階から「日常的な利活用」の段階へとシフトしていきます。すでに取り組みが始まっている学校では、さまざまな「やらかし」が起きて対応に苦慮しているかもしれません。子どもたちや家庭、地域を巻き込んだルール作りに励んでいる学校もあることでしょう。コロナ禍への対応はもちろんですが、そもそも子どもたちの学びを豊かなものにするために、学校長や教育委員会公認のもとに自主的な勉強会を組織して取り組もうとしている学校もあります。それら一つ一つが「令和時代の学校教育の在り方」を具体化するための貴重な実践だと思います。
 「Help Schools/Education Become Future Readyー学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをする」の弊社理念のもと、これからも先生方とともに歩んでいきたいと思います。

(佐藤)

【メディア掲載】月刊私塾界 塾ニュース「さくら社新刊「一人1台のルール 自由に情報端末(デジタル)を使えるようになるために」6月28日発売」

 いつもお世話になっております、月刊私塾界が提供している「塾ニュース」にて、2021年6月28日に発売になる『一人1台のルール 自由に情報端末(デジタル)を使えるようになるために』を紹介してもらいました。
f:id:ict_in_education:20210617143412p:plain

www.shijyukukai.jp

 僕は大学を卒業して最初に入った会社は学習塾の企業で、そこで上司に私塾界のセミナーに連れて行ってもらい、フューチャーインスティテュート設立に関わってからは、セミナーに登壇させていただいたり、興味深いセミナーを聴きに行ったり、『月刊私塾界』や『学習塾白書』に執筆の機会をいただいたりと、本当にいろいろとお世話になっています。
 塾ニュースの主な読者は学習塾関係の方々だとは思いますが、GIGAスクール構想によって小中学生に一人1台配備される情報端末による子どもたちの知的活動・情報活用の変化は、学校内にだけとどまるものではありません。
 記事内のコメントにも書いたのですが、学習塾と学校とは、相互に大きな影響を与え合うと思っていますので、ぜひ機会があればお読みいただければと思います。

学校で一人1台の活用が広がれば、それは家庭や塾での利用にも影響が出てくると思います。塾の現場でも、公教育のこれからのひとつの可能性として読んでみていただければと思います

(為田)

【イベント情報】仙台白百合学園小学校 オンライン公開授業研究会(2021年7月3日)

 弊社フューチャーインスティテュート株式会社が2020年度から教育ICTアドバイザーを務める仙台白百合学園小学校が、公開授業のライブ中継に挑戦します。
f:id:ict_in_education:20210616161057j:plain

 昨年度の公開研究会は、授業実践の様子をVTRで紹介するオンライン研修会で、仙台白百合学園小学校として初めての挑戦でした。たくさんの先生方や教職を目指す学生の参加がありましたが、仙台白百合小学校の先生方としては「やはり子どもたちの活動の様子をリアルタイムで公開したい!」という気持ちが強く、第2回目となる今回はライブ中継に挑戦します。(資料はこちらで見られます
f:id:ict_in_education:20210616160919p:plain:w400

 仙台白百合学園小学校は今年度から一人一台のiPad環境(WiFiLTE)が整い、日々の授業で積極的に利活用しています。機種や通信キャリア、使用アプリは学校主体で選定しています。現時点ではMDMを運用して各種機能制限などをしています。4月当初は先生方も手探り状態でしたが子どもたちも先生方もどんどん慣れていき、かなり早い段階で「今止めているこの機能は解放した方がいいのではないか」「授業支援システムを校内だけでなく家庭学習にも利用すべきではないか」などの声が聞かれました。段階的に進めるべき部分と今すぐにでもチャレンジできる部分を両輪に、子どもたちの確かな学びの環境を構築しようと、日々工夫しています。

 仙台白百合学園小学校は「自律的・自発的に行動する子ども」を12歳時点で目指す子ども像と設定し、研究テーマを「伝え合い 学び合う〜「わたし」から「みんな」へ「みんな」から「わたし」へ」として研鑽しています。
 本研修会では、第2学年算数科「すじみちを立ててかんがえよう」という単元づくりを行った中の1単位時間分をライブ配信します。教材は「ハノイの塔」。関連して「プログラミング的思考を育てる学習とはどうあるべきか」を意識しています。授業後の協議会では、本単元が「物事を分解し順序立てて考える体験」を重ねていく「はじめの一歩」として有効か、検討する機会にしたいとの願いもあります。

 主な対象は、教員と教職を目指す学生となっています。申し込みはこちら

 弊社からは佐藤が講師として参加します。授業者の先生や算数研究部の先生方の一生懸命な取り組みを間近に見ている立場から、子どもたちのより良い学びの形について一緒に考えていければと思っています。ぜひご参会ください。

(佐藤)

森村学園初等部 授業レポート No.7(2021年5月31日)

 2021年5月31日に、森村学園初等部を訪問し、榎本昇 先生が担当する4年生と5年生のプログラミングの授業を見学させていただきましたが、授業が行われたのはメディアルームで、子どもたちは、一人1台のiPadをもって、やってきます。さまざまな機器があって、ラボっぽい雰囲気が作られていました。
f:id:ict_in_education:20210609132912j:plain

 メディアルームには、Sphero BOLTやドローンなどがずらりと並んでいます。こうしていつでも見られるようになっていたり、手にとったりもできるようになっているのは、子どもたちの気持ちを盛り上げてくれるのではないかと思います。

f:id:ict_in_education:20210609132944j:plain

f:id:ict_in_education:20210609133004j:plain

 もともとはコンピュータ室だったそうですが、いまはそれぞれの大きなテーブルにモニターが1つ置いてあるだけで、みんな自分のiPadを使って授業を受けます。協働作業などを行うようになると、このモニターに誰かのiPadの画面を表示してみんなで考えたり、ということもできると思います。環境によって、どんな学びの活動ができるかというのは違います。これから、このメディアルームでどんな学びが行われるのか楽しみです。
f:id:ict_in_education:20210609133043j:plain

(為田)