教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

成城学園初等学校 第38回 教育改造研究会 レポート(2020年9月26日)

 2020年9月26日に、情報一貫教育推進検討委員会アドバイザーとして関わっている成城学園初等学校で開催された「第38回 教育改造研究会 ~コロナ禍での学びを考える~」にて、全体会での総評と質問コーナーに登壇させていただきました。今回は、オンラインでの開催となりましたが、100名を超える参加があったようです。
 プログラムの最初は、5つの実践報告(「コロナ禍での学校の取り組み」「HRの実践(低学年)」「HRの実践(高学年)」「動画作成・配信」「体育科の取り組み」)それぞれにZoomでミーティングIDが設定され、参加者が移動して聴く形になっていました。
f:id:ict_in_education:20200930045602j:plain

 成城学園初等学校でのさまざまな実践が紹介されていましたが、オンライン授業はもちろんですが、それ以外の実践も紹介されていました。学校がただ授業を教える場ではなく、他にもさまざまな機能を持っている場だということを実感させられました。新年度には学級開きもやっていましたし、オンラインレクやゲーム、体操の配信、養護教諭による感染対策の説明なども行われていました。
 知っている先生方の顔が見えて、いろいろな情報を届けてくれる、ということの心強さが保護者の皆様にはあったのではないかと思いました。
f:id:ict_in_education:20200930045640j:plain

 実践報告後に、僕は総評を行ったのですが、それぞれの学校によって求められる「ICT活用の仕方」は違うということをお伝えしました。
 そのうえで、児童生徒が一人1台で情報端末を持つことは頻度を上げて使うことができるようになるということであり、そうした活用を考えてほしいということをお伝えしました。一人1台の情報端末を持ち、今回の実践で報告された事例や授業のように、Zoomやスクールタクトなどのツールを使いこなすようになれば、どんどんオンラインとオフラインはシームレスに繋がるようになっていきます。そのときには、「距離」に関係なく学べる、というだけでなく、何を一緒に学ぶ必要があるのかと「同期/非同期」の軸で授業を設計することと、誰と何をどうやって学ぶか、「個/協働」の軸で授業を設計することが必要になってくるのではないかと思っています。
f:id:ict_in_education:20200930045722p:plain

 この総評の後で、授業が公開されていて、2年生の国語、6年生の数学(算数)、2年生の舞踊(成城学園らしい授業でした!)、4年生の英語をZoomで見ることができました。このうち、数学(算数)と舞踊は教室に児童が来て授業を受けていました。英語と国語はブレイクアウトルームを使って交流活動をしていました。子どもたちのつぶやきがすごく近く聞こえるし、先生とのやりとりとしてはときに教室での活動よりも密になる部分もあったと思います。
 こうした授業も、「同期/非同期」の軸と「個/協働」の軸を入れてみて、そこに先生方が積み重ねてきた知見が加われば、新しい授業の形ができていくのではないかと思いました。
 GIGAスクール構想の実現による学校へのICTの実装への準備もそうですし、新型コロナウイルス対策でのさらなる休校や分散登校などの事態への対応もとっていくために、授業の設計にICTやオンラインのできることを加えていく流れを加速させていくお手伝いをしていきたいと思っています。

 最後の質問会では、成城学園初等学校の秋山貴俊 先生とご一緒させていただきました。秋山先生も、コロナ禍での休校期間中にはさまざまな取り組みをされていました。(そんな秋山先生の書籍も発売されます!)
f:id:ict_in_education:20200930045820j:plain

ゼロから学べるオンライン学習

ゼロから学べるオンライン学習


 参加していただいた皆様とのディスカッションもできて、僕自身も非常に学びの多い研究会となりました。

(為田)

松戸市立常盤平中学校 校内研修レポート(2020年9月17日)

 2020年9月17日に、松戸市立常盤平中学校にて校内研修の講師をさせていただきました。GIGAスクール構想と新型コロナウイルス対応で、それぞれの学校でのICT整備は進みつつありますが、端末が整理されることはゴールではなく、その端末をどんなふうに使えるのか、ということについて説明をするということが今回の研修の目的でした。そうした背景で、テーマは「ICTを活用した授業とタブレットの扱いについて」でした。
f:id:ict_in_education:20200927084748p:plain

 2年1組の教室で距離をとりつつ、ほぼすべての席がうまるような感じで研修をさせていただきました。1時間半の研修時間だったのですが、ずっと聴いているだけも退屈だと自分が思う方なので、体験をしてもらおうと学校に配備されているWindowsタブレットの端末を2人に1台で使ってもらい、弊社でもっているschoolTakt(スクールタクト)のデモIDで体験をしてもらいました。
 「あなたにとってデジタルとは何ですか?」という質問をそれぞれの端末に送って、鉛筆ツールでの入力とキーボード入力だけを簡単に説明して、答えてもらいました。この「あなたにとってデジタルとは何ですか?」という質問は、学校に導入されてくるICTをどういうふうに見ているのか、普段ICTにどんなふうに接しているのか、というのがなんとなく出てくることがあって、研修のときに好きで質問をしています。
f:id:ict_in_education:20200927084711p:plain

 「便利」「楽なもの」「いろいろな作業を楽にしてくれる」などの答えが見えます。また、「使い方がわかれば便利。逆もしかり…。」というコメントもありました。そのとおりだと思います。
 自分で考えた答えを簡単に書ける、ということを体験してもらいたい、というのが第一の目的ではありますが、他の人の意見を見て書き加えたり、ということも体験してもらいます。これがご自分で担当されている教科の授業だったら、どんな発問がいいだろうか、どんな回答を生徒たちは書いてくるだろうか、ということを考えてもらいたいなと思ってこの活動を行いました。先生方が積極的に参加していただけてよかったと思います。

 その後、さまざまな学校での実践事例を紹介していきましたが、それらの実践事例がそのまま常盤平中学校にとっても「良い実践」になるとは限りません。常盤平中学校にはどのような実践がいいのか、というのは先生方がいちばんご存知なことだと思いますので、それを校内で意識合わせをして、そのためにどうICTを使っていくのか、というのが定められていけばいいな、と思います。
 これから徐々に導入される端末、インストールされるアプリなど、具体的なところが決まっていくかと思います。先生方の授業イメージが具体化されていく過程で、お手伝いができることがあればいいな、と思います。

(為田)

やってみた:「単元縦断×教科横断」オンライン読書会(2020年9月20日)

 2020年9月20日に、木村明憲 先生の著書『単元縦断×教科横断』の出版記念オンライン読書会の第1回を開催しました。何年にも渡り、授業を参観させていただいてきた木村先生の著書が出るにあたって、何かオンラインでイベントしましょう、という企画に乗っからせていただいて、今回事務局を務めています。

 第1回は、東北大学の堀田龍也 先生が書かれた序章「その授業で何を身に付けさせようとしていますか?」について、堀田先生と木村先生が登壇されました。堀田先生も、木村先生も、書籍の中で書かれていることをときに詳細に語り、また本に書かれていることの行間や舞台裏についても語ってくださいました。こうしたお話を伺うことで、本を読むことをより立体的にできたように思います。
f:id:ict_in_education:20200911215121j:plain

オンライン読書会の設計+意図

 今回のオンライン読書会は、申し込みはGoogleフォーム、コミュニティの場としてSlack、オンライン読書会はZoomウェビナーで開催をしています。それぞれどんなふうに使っているのか、どういう意図があるのかについて、書いておきたいと思います。(「できてないぞ」というところも出てくるかも知れません…参加者の皆様、至らないところはすみません…)

  • 同期のプラットフォームとしてのZoomウェビナー
    • 著者の話をその場で共有することで、本を読むモチベーションが起きればいい
    • 著者の話を耳から聴くことで、本を読むのとは違う情報の受け取りと相互作用が起きればいい
    • Zoomで話を聴きたいから、それまでにはこの章までは読み終わるぞ、というようなペースメイカーになればいい
  • 質問のやりとりとしてのZoomのチャット
    • Zoomの場で著者と参加者とのやりとりをするためにリアルタイムでチャットを利用(全部を拾いきれず、すみません)
    • 直接声を挙げて質問をするのは恥ずかしいけれど、チャットに書き込むのであれば敷居が低い、という人もいるだろう
    • チャットに書かれた質問を事務局側で選んで、先生方に答えてもらう(全体的な流れのコントロールと、時間のコントロールをしたいと思っています)
  • 質問やコミュニケーションのアーカイブとしてのSlack
    • 時間中に答えられない質問については、Slackで作成している各回のチャンネルに事務局が質問を転記して、木村先生に答えてもらう
    • 言葉で回答するのもとても大切だと思っている一方、テキストで入力することで質問が明確になることもあると思っているので、テキストで。
    • Slackで質疑応答をスレッド形式で残すことで読みやすくなる
    • Slackに残ることで、その回に参加できなかった人も読むことができるようにする。途中から参加した人や、その章を読み終わってからもう一度質疑応答を読みたい人にも対応できる。

 2020年9月27日現在、Slackの参加者は180人です。Slack上でのコミュニケーションが深まって、そこからいろいろ発展していけばいいと思っています。

オンライン読書会にした理由

 こうした形でのオンライン読書会にしたいと思った、いくつか理由が僕の中にはありました。
 まず前提として、お忙しい先生方が学期中に「本を読む」というのはけっこう大変だと思っておりまして、「本を読むペースメイカーになればいいな」ということと、「本を読もうと思うモチベーションになればいいな」ということです。そして、できるだけ自分のペースで読めるように、1回のイベントで終わるのではなく、ある程度の期間を通じて開催して、自分のペースで入ってきて、ある程度さかのぼれるようにしたい、と思いました。
 もうひとつは、オンライン読書会をこうして実施してみることで、オンラインでの同期と非同期を組み合わせた学びの場を体験できるようにしたいということもありました。Slackは初めて使うという参加者の方も多いですが、使ってみて慣れていただく機会ができれば、今後GIGAスクール構想で端末が学校に配備されてからの学校の姿を描く何か助けになればいいな、と思っています。

まとめとさらなる参加者募集

 今回のオンライン読書会、最終回の特別対談は11月15日です。それまでにまだ時間もありますので、いまからでも参加してみたい、という方は、ぜひお申し込みいただければと思います。『単元縦断×教科横断』を読んで授業づくりの役に立つのはもちろんですが、ZoomとSlackを使ったオンラインでの学びの体験をしてみて良いところ/悪いところなども見えるのではないかと思っています。

docs.google.com

新渡戸文化中学校 授業レポート まとめ(2020年8月4日~7日)

 2020年8月3日から7日の5日間に渡ってオンラインで行われた、新渡戸文化中学校の中学1年生から3年生までが参加する「Happiness English夏期特別授業〜英語の正体に迫る5日間」(担当:山本崇雄 先生)を参観させていただきました。
f:id:ict_in_education:20200826144922j:plain

 Day1に参加できなかったのですが、その後のDay2からDay5まで通して見させていただいて、山本先生が目指している「自律型学習者」を育てる授業を見せていただきました。授業の様子を1日ずつレポートしたものをまとめました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』 ひとり読書会 No.14「第14章 モバイル学習のためのデザイン上の考慮事項」

 C.M.ライゲルース、B.J.ビーティ、R.D.マイヤーズ『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#学習者中心のID理論とモデル 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

 今回は「第14章 モバイル学習のためのデザイン上の考慮事項」のまとめです。スマホを含めてモバイルを使った学習の可能性を知ることができる章でした。

 モバイル機器が持つ独自性によって実現する、場所を選ばない接続(ubiquitous connectivity)と協働、そして偶発的コンテンツ共有のアフォーダンスを包括したモバイル学習の定義が書かれていました。

 では、そもそもモバイル機器のアフォーダンスとは何か、そして、それはどんなアプリや機能に現れるのか、について書かれていました。本に書かれていたものよりも、自分的にピンときたものも書いておきました。

モバイル機器のアフォーダンス

  • 協力的なコミュニケーションの可能性
    • 例:TwitterSkype
    • コミュニケーションを消費するだけでなくて、協力的にできることなら何でもいいかな、と思った。LINEでも、Googleクラスルームでもできそう。
  • 相互作用と非線形性(nonlinearity)
  • 分散的知識構築
    • 例:グーグルプラス、グーグルドキュメント
    • 日本であれば、ロイロノート・スクールなどでもできそう。
  • マルチモーダルな知識表現
    • 例:YouTube、Jumpcam、Vyclone
    • 「マルチモーダル」とは、視覚・聴覚を含め、複数(multi)のコミュニケーションモード(mode→modal)を利用している、ということらしいです。映像制作なども入ってくるのかな。iMovieとか、ARmakrとか?
  • 真正な・文脈化された・位置づけられた資料、相互作用、タスクおよび場面設定
    • 例:拡張現実(AR)
    • あ、ここに拡張現実が入ってくるのですか…。「その場所にいるからこそできる」という感じの使い方なのかな。QRコードとかもここに入れられるのかもしれません。
  • 多機能性と収束性
  • 携帯性、普遍性、および個人の所有権
  • ユーザー創生コンテンツとコンテクスト

 学校内外の学習経験を橋渡しできる、モバイル機器によって、「インフォーマル学習」と「公的学習」の2つを行えるようになります。

  • インフォーマル学習
    • 「インフォーマル学習は、教室の外で起こる学習経験によって特徴づけられる。」(p.381)
    • 学習者のスマホで撮影し、共有できる偶然のイベント。
    • 内蔵のGPS、コンパス、近接センサによるコンテクストメタデータの記録などが含まれる。
    • その場ですぐに共有される。
  • 公的学習
    • 「公的学習は、一般に、指導者によって設計され、形成的評価または総括的評価が直接関連づけられた、教室環境で行われる学習活動によって特徴づけられる」(p.381)
    • Twitterでのライブ会話、学習者が創生したモバイルマルチメディアのキュレーションと共有、eポートフォリオYouTubeビデオ、ブログ投稿、Soundcloudレコーディング、Flickrフォトストリームなどのプロジェクトなど。

 この後に続けて書かれている、OECDが2015年に出している言葉がとてもいいと思いました。(原文がどこにあるのか、わからなかったのです。後で探してみたいと思います)

新技術が自動的に存在するだけで教育法を変えるというわけではない。「学習者がスマートフォンよりもスマートになることを望むなら、私たちが彼らを教えるために使っている教育法についてもっと考える必要がある。テクノロジーは優れた指導を増幅することができるが、優れたテクノロジーは悪い教育に取って代わることはできない」(OECD)。(p.381-382)

 最後に、モバイル学習原理が書かれていて、これを「教授設計にモバイル機器のアフォーダンスを活用するためのガイドライン」および「モバイル機器で教授方法を実現するためのガイドライン」の支えになるものとして紹介されていました(p.382-390)。

モバイル学習原理について考えるときの普遍的原理:

  1. 学習者創生コンテンツを可能にすること
    • 「モバイルソーシャルメディアは、個人に合わせることが可能な強力なツール群を提供することができるので、学習者を労働者や自己調整学習者、そして指導者に変身させる」(p.383)
    • 協働学習ツールや授業支援ツールは、まさに学習者をただ知識を与えられるものでなく、「自己調整学習者」や「指導者」にしているな、と思います。
    • カメラや動画編集ツールなども含めて、自分たちでマルチメディア製作ツールを利用できる
  2. 学習者創生コンテクストを可能にすること
    • 「モバイル学習は学習者が創生するコンテクストに焦点を当てた教育を可能にする。教育者主導のコンテンツ配信から、(略)学習者主導の学習への移行ができる」(p.384)
    • 「学習者中心の教育法の学習ゴールは、変革的な学び(transformative learning)の経験を可能にし、創造的な自己調整学習者を生み出すことである。モバイル学習経験のデザインは、教室内外のさまざまな状況で学習者の創造性を促進することに焦点を当てるべきである。」(p.384)
  3. 真正な学習経験を可能にすること
    • 「真正なモバイル学習の経験では、オンライン試験や指導者作成コンテンツへのモバイルからのアクセスではなく、学習者創生ポートフォリオや真正なプロジェクト開発に焦点を当てる」(p.386)
    • 「モバイルソーシャルメディアを利用すると、学習者はグローバルな専門家ネットワークやコミュニティの積極的なメンバーになり、卒業後の進路として選択した業界や職業の中で実際の役割を果たすことができる」(p.387)
    • モバイルソーシャルメディアの利用を、消費に限定するべきではない。「したがって、モバイルソーシャルメディアの教育利用における設計者、ファシリテーター、およびメンターとしての指導者の役割は非常に重要である。指導者の役割は、真正な学習経験をサポートするためのリソース環境のデザインと、学習者創生コンテンツや学習者創生コンテクストを以前の社会的利用を超えたものにするトリガーイベントを設計することになる」(p.387)

 そしていよいよ最終章である15章を読む、No.15に続きます。

(為田)

教材に使えるかも:NASAのキュリオシティが撮影した火星

 Twitterのタイムラインに、NASAの火星探査機ローバー キュリオシティが撮影した火星の風景が流れてきました。ぐるりと見渡せる火星の風景。こんな感じなのですね。もっと赤いイメージでした。

 キュリオシティのTwitterアカウントもあります。
twitter.com

 それから、この火星での実験に関わっているメンバーが更新しているブログもあります。「Sols 2864-2866」と書かれていますが、Sol(ソル)は、火星の1日を表す単位です。火星の1日は約24時間39分となります。この日のブログでは、竜巻のようなものが動いているのが見えます。
mars.nasa.gov

 こうしたリアルな写真や動画に簡単にアクセスできるのは本当に素晴らしいと思います。教科への興味喚起にも繋がるかも知れません。また、将来のキャリアを思い描く助けになるかもしれません。ローバーのプログラムに興味を持つ人も出るかも知れません。
 毎日、キュリオシティから送られてくる動画や写真がないか、毎日自分のタブレットでチェックしてしまうような、そんな児童生徒が出てくればいいな、と思います。それもまた、GIGAスクール構想が実現して、一人1台の情報端末を持つことによって可能になる一つの形だと思っています。

 Sol、火星、ローバーと来れば、『火星の人』ですね。ひさしぶりに読み返したいと思いました。映画『オデッセイ』も好きです。

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

  • 発売日: 2015/12/08
  • メディア: ペーパーバック

(為田)

【メディア掲載】ICT教育ニュース「梅小路小の木村明憲先生著『単元縦断×教科横断』出版記念オンライン読書会開催中」

 弊社フューチャーインスティテュートが事務局として参加しています、『単元縦断×教科横断』出版記念オンライン読書会についての記事がICT教育ニュースに掲載されました

f:id:ict_in_education:20200924155307p:plain

 先日9月20日に第1回目が行われましたが、100名を超える参加者の方と一緒に、京都市梅小路小学校の木村明憲先生の著書『単元縦断×教科横断』の序章についての話を聴きました。これから、第1章、第2章と順に進めていきます。
ict-enews.net

 参加申込みをされた方には、Slackの招待メールをお送りしています。1時間のオンライン読書会のなかでは、すべての質問に答えることができないので、そこを補いたいと思っています。また、参加できなかった方も、Slack上で質疑応答がテキストで残っているので、読んでいくこともできます。一人で本を読むだけでなく、いろいろな読み方ができるように、そして参加されている皆さんの学校をはじめとする現場に何らかのフィードバックがいくようになればいいな、と思っています。

 途中からの参加もOKですので、興味のある方は、ぜひご参加いただければと思います。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)