教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』 ひとり読書会 No.3「第3章 課題中心型インストラクションの原理」

 C.M.ライゲルース、B.J.ビーティ、R.D.マイヤーズ『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#学習者中心のID理論とモデル 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

 今回は「第3章 課題中心型インストラクションの原理」を読んでいきます。僕はICTを活用した授業を担当することが多いので、自分でカリキュラムを書くときには、この「課題中心型」になるように考えていることが多いと思いました。だからこそ、こうしてモデルを知ることと問題点を知ることは重要だと思っています。

 情報時代の学校になり、一人1台の情報端末が活用できるようになれば、課題に一人ひとりが取り組むことができるようになります。課題中心型インストラクションの存在感は大きくなるように思います。

 課題中心型のインストラクションの普遍的原理についても書かれていました。なんとなくの実践にならないように、どういう点を考慮して設計しなければならないのか、まとめられていました。

課題中心型インストラクション(TCI)の普遍的原理(p.69-75):

  1. 学習課題
    • 指導者またはデザイナーは、学習者が主要概念に対応した知識とスキルを現実的な方法で適用することを要求する課題は何かを複数、特定する必要がある。(学習の過程でどのトピックを網羅して学習者に提示するかを決定するのではない)
    • これらの課題は、学習者が学習後直面する現実世界の課題を元に作られるべきであり、学習状況の制約内で可能な限り多く、現実の課題と同じ側面を含むべきである。
    • TCIでは科目の学習に必要なトピックに関連する一連の学習課題が示される。学習者はこれらのトピックを学習・適用して課題を完了することが求められる。これら一連の課題では、次の学習課題を完了するためにはますます多くの知識が必要とされるようなものを開発・配置するべき。
    • これら一連の課題に取り組む経験から、学習者は関連情報や認知方略を習得し、それらを将来の経験のために転移することができるようになる。
  2. 既有知識の活性化
    • 既有知識の活性化(activation)とは、学習され、完遂されるトピック・課題に関連する認知構造を活性化することを意味する。
    • 学習者に関連する以前の経験を互いに共有させたり、あるいは新しい知識を体系化するための構造を想起させるための構造を想起させることによって可能になる。
  3. 例示/モデリング
    • 学習課題の実行方法を学習者に示すこと、学習課題に関連する手続き的および支援的な情報を提供することが含まれる。
    • 学習者に提示される例示/モデリングの量は、学習者が知識を身につけるにつれて徐々に減少させていく。
    • 学習課題に関連する情報は、学習課題の実行方法を示す実際の例示の前または最中に提示される。手続き情報と支援的情報の2つに分類できる。
      • 手続き的情報:学習課題を実行するために取るべき一般的な手順に関する情報
      • 支援的情報:学習課題に関連するトピックや概念が含まれるが、学習課題を完了するための手順そのものではない。学習課題に適用されている教科関連の概念は、支援的情報とみなされる。
    • 講義型のプレゼンテーションよりも例示/モデリングが有効であると近年の研究でも確認されている。対面式、ビデオ、およびピア例示を含むさまざまな例示の有効性に焦点を当てた研究もある。
  4. 応用(application)
    • TCIでは、学習者は学習課題を実行するために自分の知識を適用する。TCIでの応用は、実際の科目内の学習経験の一部として行われる(学習成果の応用が学習終了後に行われるという仮定の上で設計されている学習経験とは異なる点)
    • 学習者が自身のパフォーマンスを改善する方法を模索するために、学習者によるパフォーマンスの能動的な自己モニタリングを含むべき。学習者に自身の思考過程を言語化させるなど。
  5. 統合 / 探究
    • 学習者が日常生活の中で新しい知識やスキルを使う、あるいは新しい知識やスキルを使うための新しい方法やアイデアを探求するという学習の段階。
    • 新しい課題に以前学んだことを適用することによって、もしくは新しいオプションやアイデアをさらに探究することによって、学んだことを次のレベルに引き上げることを意味する。

 一方で、課題中心型のインストラクションの実装上の問題も書かれていました。ここで書かれている、「学習課題の特定」については、学校の先生のカリキュラム・マネジメントには及ばないな、といつも思っています。教科で学んだことを、どう課題に織り込むかというところがやはり僕としてはできていない部分だなと感じています。

課題中心型のインストラクションの実装上の問題(p.81-84):

  • 学習課題の特定
    • 実世界の経験を提供しながら、必要なすべての知識とスキルを網羅し、そして学習者のスキルレベルに一致させるような適切な学習課題を特定・設計することの困難さ。
    • 学習者が身につけるべき知識とスキルを使って十分な練習を受けられるようにしながらも、真正で関連性が強く感じられるような学習課題を選択しなければならない。
  • 利用可能な資源対学習者数
    • TCIを実施するための資源には、指導時間や機器、およびテクノロジーが含まれるが、学習者が多数いる場合には大幅に不足する可能性がある。
    • 学習者が課題を遂行している間、指導者が学習者全員を観察し、助けることができないため、指導者によるコーチングやフィードバックも制限される。TCIは、学習者中心の教育パラダイムの中でも、少人数で活動する状況に適している。
    • 技術的な解決策として、情報時代に特有なオンライン資源を利用することが考えられる。
  • 学習の深さと広さ
    • TCIは学習の幅よりも深さを重視する傾向がある。
    • TCIには、学習者に概念やアイデアの膨大なリストを暗記させ、暗唱させるための効率性はない。時間の成約で、重要な知識とスキルをすべてカバーすることも難しい。
    • TCIで扱われた狭い範囲のスキルや概念を学習課題で学んで応用することで、深く内面化しているので、転移できる可能性が高い。
    • 足りない広い範囲の概念とスキルの網羅は、テクノロジーとメディア資源を利用することで解決策となる可能性もある。
  • 完全習得の徹底
    • 理想的には、各学習者が学ぶべきすべての概念とスキルを完全習得する必要がるが、それを保証することは困難なので、協働作業を取り入れる。
    • 指導者は各グループが行う協働作業に構造を追加する必要がある。グループメンバーが同じ知識を応用する機会を持てるようにしたり、各自の知識を判定するために学習者を個別評価したり。

 実装するときの課題に触れているなかでも、テクノロジーとメディア環境がこれを解決していくかもしれない、という表現が多く書かれています。「学習の深さと広さ」や「完全習得の徹底」は、オンライン教材やアダプティブラーニングができるEdTechなどの活用により、実装を助けられる部分も多いと思いました。

 No.4に続きます。

(為田)

やってみた:ラクスルで名刺デザイン→発注→発送

 先日、自分たちで運営しているSlackコミュニティについて知ってもらうためのカードを作ろうということになりました。僕は会社に所属しているので、名刺は“最初からあるもの”で、印刷発注を印刷会社にして、それが送られてくる…ということをしています。でも、デザインを外注したりするのでもなく、簡単に最小限の情報だけを掲載したカードを作ろうと思ったら、自分でやってみようと思い、以前から名前は知っていましたが、使ったことがなかった、ラクスルのサービスを使ってみることにしました。名刺印刷を見てみました。デザインテンプレートを利用すれば、いろいろとアレンジできそうです。そして、安い。安いことも大切なサービスのポイントです。
f:id:ict_in_education:20200805163306p:plain

 ユーザー登録をして、オンラインデザインのオンラインデザインを使ってみました。業種で絞り込んで、教育関連なので「その他教育・保育」を選ぶと、テンプレートが並びます。テンプレートを選んで、いろいろと変更をしていくといいと思います。
 このデザインを選ぶところ、情報を入れるところ、デザインを確認するところ、印刷発注と送付先を入力するところまで、使い心地がとてもいいと感じました。UXデザインがすごいです。ユーザー登録→名刺作成(テンプレートを使ってオンラインデザイン)→発注まで1時間かからないし、ストレスもありませんでした。作成した名刺は、マイデザインに残りますので、増刷も簡単にできます。
f:id:ict_in_education:20200805162354p:plain

 GIGAスクール構想によって一人1台の環境が整備されるようになると、先生のIDだけでなく児童生徒が使うID・PWカードや、URLにアクセスしてもらうためのカードなど、いろいろな印刷物を作成する機会が増えるかもしれません。
 また、自身で名刺を作成して学校外の人と繋がるという機会も増えるかもしれません。自分で印刷する手間は、こうしたオンラインサービスを活用することで省力化できるかもしれません。一度、使ってみるのもいいかと思いました。
 もしかすると、生徒たちが文化祭などのショップカード作成などで、さっさと使うようになるかもしれませんね…これもまた、デジタル化の一つの形かと思います。先生方の助けになるサービスだと思います。

raksul.com


(為田)

【イベント情報】埼玉の教育・学びの未来を創造する教育長・校長 プラットフォーム In 戸田(2020年8月29日)

 2020年8月29日に開催されます、埼玉の教育・学びの未来を創造する 教育長・校長 プラットフォームin戸田にゲストスピーカーとして参加させていただきます。テーマとしていただいているのは、「ICTのマストアイテム化(GIGAスクール構想)」です。基調講義をした後は、ワールドカフェ形式になりますので、さまざまな先生方とお話ができればと思っています。
 ゲストスピーカーの皆さん、それぞれにスペシャルな方々で、「他のセッションも聴きたいっ!」と思ってしまいます。「新たな教育創造の火種を戸田から全国各地に拡散させよう!」を合い言葉に、戸田市の先生方が準備を進めてくださっています。残念ながらオンラインでの開催となってしまいましたが、それもまた「これからの教育のひとつの形」を自ら実践して作っていく過程になるのではないかと思っています。ご参加いただく皆様、準備していただいている先生方・皆様に恩返しができるよう、精一杯務めさせていただこうと思っております。また、僕自身もたくさんのことを学べるようにしたいと思っています。
f:id:ict_in_education:20200805155638p:plain:w400

 参加のお申込みは、Peatixからどうぞ。
platform-toda2020.peatix.com

(為田)

セサミストリート オンラインサマーキャンプ レポート(2020年8月1日)

 2020年8月1日に、セサミストリート オンラインサマーキャンプを開催しました。いつもの夏休みならば、全国あちこちまわって、セサミストリートティーチャーとしてワークショップをたくさんの子どもたちとやっているのですが、今年の夏はあちこち出かけることはできませんので、オンラインでセサミストリート・カリキュラムを実施することにしました。

 午前に小学校3年生・4年生向けのクラス、午後に小学校5年生・6年生向けのクラスがありました。僕と子どもたちが会ったことがないというのはいつもと同じですが、子どもたち同士も会ったことがないという状況で、Zoomで繋ぎながらschoolTaktを使ってふだんやっているペアワークとグループワークを代替することを目指しました。
 先生をする僕はオフィスの会議室で、WindowsPCでZoomと画面共有して説明するためのschoolTakt(生徒アカウントでログイン)を起動していました。マイクはスマートスピーカーを接続していました。あと、参加してくれた子どもたちのワークシートを確認したり、授業の進度を確認するために、iPadでschoolTaktを開き、先生アカウントでログインしていました。
f:id:ict_in_education:20200804103553j:plain

 Zoomのミュート機能の使い方を最初に練習しましたが、みんなほとんど問題なくできていました。Zoomでの発話と、チャット機能を使って、わからないことの質問もしてきてくれていました。PCでの参加、タブレットでの参加、スマホでの参加と、環境がさまざまだったのが大変ではありましたが、保護者の方の助けもいただいて授業を行うことができました。

小学校3年生・4年生「おもいやりのあるお金の使い方」

 午前の小学校3年生・4年生向けのクラスのテーマは、「おもいやりのあるお金の使い方」でした。セサミストリートの動画を見てから、みんなで思いつく限りの「お金の使い方」を最初にschoolTaktで用意したワークシートに書いてもらいました。
 「えんぴつ」ボタンで書いてもいいし、「テキストボックス」ボタンでキーボード入力してもいいですよと伝えて、どんどん書いてもらいました。
f:id:ict_in_education:20200804103636p:plain

 教室で行うセサミストリート・カリキュラムでは、隣の人の書いているワークシートを見て、「おお、こういうのも書いていいんだ!」「こういうの書いたらおもしろいな!」とどんどん自分の考えを広げて、みんなの考えを拡散していきます。これはZoomだけではなかなか同じ状況を作れないので、ある程度の時間をとってみんなのワークシートが埋まり始めたら、それぞれのワークシートを見られるように先生アカウントで設定を変更して、「他の人のも見てみてね」と伝えました。
 schoolTaktでは、子どもたちがそれぞれ誰のワークシートを見に行ったかというのもわかるようになっています。こうして見てみると、遠く離れている場所でオンラインサマーキャンプに参加してくれているのに、こうしてお互いのワークシートを見て考えを広げていけるのは素晴らしいと思いました。
f:id:ict_in_education:20200804103655p:plain

小学校5年生・6年生「自分のキャリア」

 午後の小学校5年生・6年生のクラスでは、「自分のキャリア」について考えてもらいました。セサミストリートの動画を見てから、みんなで自分の「なりたいこと」「やりたいこと」について考えてもらいました。
 画面共有をして、「えんぴつ」ボタンと「テキストボックス」ボタンを使ってお手本を見せて、どんどん書いてもらいました。最初に「夢」を書いて、そこから計画をたて、行動として何をするかを考えていきます。
f:id:ict_in_education:20200804103752p:plain

 ある程度みんな書いた状態で、午前のクラスと同じように、お互いのワークシートを見られるようにしました。午後のクラスでは、お互いに「いいね」をつけてもいいことにしました。全然知らない人が書いた夢と、その夢に向かう行動を知ることは、同じ夢を持っていなくても、何らかの刺激になってくれればいいと思いました。
f:id:ict_in_education:20200804103820p:plain

 schoolTaktの先生画面で見てみると、「いいね」をお互いにつけあっていることがよくわかります。
f:id:ict_in_education:20200804103847p:plain

 お互いに初対面だし、ワークシート上でしかどんな人かがわかりにくいオンラインサマーキャンプでは、「自分のワークシートを発表してみる!」という人は、教室でやるときよりも少なかったですが、それでも自分以外の人の書いたワークシートを見ることができるのは非常にいい学びのきっかけになるのではないかと思っています。
f:id:ict_in_education:20200804103913p:plain

f:id:ict_in_education:20200804103934p:plain

オンライン授業をやってみて感じたこと

 今回、オンラインサマーキャンプをやることにした理由のひとつは、セサミストリート・カリキュラムを導入している埼玉県戸田市の先生方から、コロナの影響で「グループワークができないのはどうしたらいいでしょうか?」という質問を多くいただいたことでした。セサミストリート・カリキュラムの大きな要素として、正解のないことを自由に考え、発表し、人と伝え合い、考えを広げていくということがあります。その過程でグループワークが重要な役割を担っています。その部分を学校でできないいま、オンラインで何らかの代替ができるのかを、自分たちでやってみたかったのです。
 Zoomで音声をやりとりするだけでなく、お互いに書いたワークシートを見られるようにすることで、さまざまな効果が得られると思いました。今後も、こうしたオンラインでの学びについても可能性を探っていきたいと思います。いつか、エルモやクッキーモンスターやジュリアにも、授業に参加してもらいたいな、と思いました。

(為田)

プログラミング教育の準備で使えるかも?:TechAcademy magazine「厚切りジェイソンが語る「プログラミングを学習する意義」とは」

 TechAcademy magazine「厚切りジェイソンが語る「プログラミングを学習する意義」とは」を読みました。NHKの「Why!?プログラミング」にも登場している厚切りジェイソンさんと、TechAcademyを運営するキラメックス株式会社の樋口隆広 さんとの対談を読むことができます。
f:id:ict_in_education:20200803061241p:plain

www.nhk.or.jp

 厚切りジェイソンさんが、樋口さんの「なぜプログラミングというものがこんなに注目されてきているのか」という問いに対して、以下のように答えています。

個人的な話をしますと、僕も子どもの時からずっとITをやろうと思っていたんですね。うちのお父さんもプログラミング関連の仕事をしていて、それを見て。家にパソコンが置いてあったので、なんかちょっとかっこいいなというところから触ってみたんですけど、触り出すとなんか神様状態で、パソコンの中だとなんだって実現できるじゃないですか。

 この「パソコンのなかだと神様状態」っていうのは、ちょっとわかるような気がします。プログラミングだけでなくて、Excelのワークシートで「このデータを参照して自動計算ができるの、めちゃ便利!」みたいな感覚を得られることもあるように思います。
 これは、もしかすると数学で感じる人もいるだろうし、プレゼンテーションやディベートなどの場で感じる人もいるだろうし、部活で感じる人もいるかもしれない。ただ、圧倒的にプログラミングは幅広くいろいろな場面でこれが役立つのかな、と思います。
techacademy.jp

 また、親としてどんなふうにプログラミングを学ぶ子どもの環境を作るのか、どう関わっていくのか、というところは、学校現場で先生がどう関わるのかということへのヒントがたくさんあるように思いました。

 動画でも対談の様子を見ることができますので、ぜひこちらも見ていただければと思います。
www.youtube.com

(為田)

【メディア掲載】学びを止めない未来の教室「誰でもアクセスできるGoogleサイトでオンラインスクールを開設 」(新渡戸文化小学校)

 経済産業省の「未来の教室」のサイトで公開されている、「#学びを止めない未来の教室」のページで、新渡戸文化小学校の遠藤崇之 先生にインタビューにご協力いただいた記事、「【新渡戸文化小学校】誰でもアクセスできるGoogleサイトでオンラインスクールを開設が公開されました。
f:id:ict_in_education:20200802063347p:plain

 新渡戸文化小学校では、4月の新学期当初から、いわゆる学校のホームページではなくこの期間のために作った特設ホームページからの発信と、Zoom朝の会を行っていました。誰でもが見られる「新渡戸オンラインスクール」と、Zoomで行う「新渡戸オンラインひろば」についての紹介をしていただきました。
 これは、学校側から情報を発信する「プッシュ型」と情報を取りに来てもらう「プル型」を組み合わせたものです。

 また、遠藤先生がこれから始める学校へのコメントをくださったのですが、ボク個人としてはここがとても好きなので、抜粋します。

 ICTを活用するときに限らず、「知っていること」は、心の中のハードルを下げることになります。今回の新渡戸オンラインスクールも、土曜日に職員室でたまたま同僚の先生にGoogleサイトを紹介されたのがきっかけでしたが、話を聞くだけでやらないという道もありました。「知っている」ということは大事だと思います。「知っている」ことで心の中のハードルが下がって、やってみようと前に進みやすくなります。この心の中のハードルを下げる準備というのは、これまで本校が学校としていろいろとしてきた準備が活きたということだと思います。

 まずは「どんなことができるのかを知ってもらうこと」、そのあとに「やってみよう」と思ってもらうこと。ここは僕らが仕事でやっていけることだろうと思っています。

www.learning-innovation.go.jp


(為田)

授業で使えるかも?:授業の最初15分で洋楽を歌う

 noteで「授業の最初15分で洋楽を歌っていたら、 生徒たちの勉強のモチベーションが爆上がりしたので、1年分の授業スライドを全て公開します。」を読んで、すごくおもしろいな、と思いました。
note.com

 どの曲を選ぶか、というのが、「生徒たちが知っている」「勉強のためでなく純粋に楽しく歌える」という前提があり、さらにそこから「授業で学ぶ文法や単語が出てくる」という条件で探していくのはなかなか大変そうです。そう考えると、noteでまとめられているスライドも選んだ曲もとても参考になります。

 僕もかつて小学生たちにPC上で英語を勉強するコースを教えていたことがありますが、みんなが個別に自分のカリキュラムに取り組む前に、アクティビティとしてYouTubeで歌を聞いて、一緒に歌って…というのをやっていたことがあったなあ、と思い出しました。
 このときは小学生が対象だったのもあって、あんまり洋楽を聴いていなかったし、文法事項が云々というよりは、みんなが一緒に自信をもって歌えるようなキャッチーなフレーズがある曲、というので出していました。

 8月になったら、「September」を1ヶ月間歌って、そのついでにSeptemberから順に月の英語を覚えていったりしました。


Earth, Wind & Fire - September (Official Video)

 「この曲はいいと思う」というのをどんどん共有していくといいかもしれません。「授業の最初15分で洋楽を歌っていたら、 生徒たちの勉強のモチベーションが爆上がりしたので、1年分の授業スライドを全て公開します。」、とても参考になると思います。これを校内で共有したり、校内でオリジナル版を先生方で作ったりするのもおもしろいと思いました。

(為田)