教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

戸田市立戸田東小学校 プログラミング授業 インタビュー(2022年1月26日)

 2022年1月26日に、戸田市立戸田東小学校の村上健也 先生に、プログラミングの授業についてのオンラインインタビューをさせていただきました。村上先生は担当されている3年5組で、アイロボットのプログラミングロボットRootを教材として使った授業を行ったそうです。

 戸田東小学校は、2021年4月に完成した新校舎にSTEAM教育の拠点としてSTEAMラボが設置されています。3年生は、STEAMラボでロボットを動かすプログラミングを経験しているそうです。
special.nikkeibp.co.jp
 STEAMラボでのロボットを使った授業を土台として、今回は一人1台もっているChromebookにRootを接続する授業が行われました。
 村上先生は、授業の最初に「STEAMラボでロボットを動かすことはできたので、今回は日常使いができるロボットをプログラミングしてみよう」と教室での活用を意識してもらうように伝えたそうです。

 全部で2コマ行った授業の1コマ目では、7つの課題が書かれたミッションシートを配布し、動かす、音を出す、LEDを光らせる、などの基本的なRootの動かし方を紹介して、子どもたちに自由に取り組んでもらったそうです。「最初の2つのミッションができればOK」くらいな感じで伝えたものの、先に進む子はどんどん新しいことにチャレンジしていったそうです。

 2コマ目になると、子どもたちはミッションシートを見ながらRootでいろいろなプログラムをしていきます。Rootはペンを挿して動かすことで線が描けるので、直線、円、星などを描くことにチャレンジする子たちもいたそうです。「ミッションシートに書かれている範囲くらいまではできるかな?」と思っていたが、それを超えていく子たちも多かったそうです。
 ただミッションをこなすだけでなく、「こういうのやってみたい!」「できるかな!?」と、どんどん自分たちでチャレンジしていく感じにするのが、先生の授業の導入や雰囲気作りに大きく影響されるところではないかと思います。
f:id:ict_in_education:20220129072705j:plain

 村上先生は、「授業中にびっくりしたのは、星を描きたいと言っていた子が、どうしても頂点がずれてしまって苦戦していたときに、まだ算数の授業では習っていない角度の話をし始めたことです。先にプログラミングで角度という知識に触れて、その後で算数で習って、“あ、プログラミングでやったやつだ”となるケースもこれからは出てくるかもしれない」と言います。星を描きたいから、そのためにどんな知識があればいいのかを探究していく、というふうになるのは、プログラミング教育を教科と結びつけるきっかけになると思います。
f:id:ict_in_education:20220129072735j:plain

 ミッションシートをすべて終えた後、村上先生は「係などで他の人をびっくりさせることをRootでやってみよう」と課題を設定したそうです。すると、音楽係がRootで音楽を流したり、教室のホワイトボードをRootを使って消したり、というふうにRootが日常のなかでロボットが活動する場を作っていたそうです。教室のなかでChromebookと繋げて使うからこそ、教室での日常にプログラミングが活躍する場面ができるのはとてもいいと思いました。

f:id:ict_in_education:20220129072758j:plain

f:id:ict_in_education:20220129072818j:plain

(為田)

【イベント情報】『まんがで知る デジタルの学び』刊行記念 読書会(2022年2月10日)

 2022年2月10日にオンラインで開催される、熊本市教育センター主任指導主事の前田康裕 先生の『まんがで知る デジタルの学び』刊行記念 読書会に、ゲストとして参加させていただくことになりました。
 前田先生のFacebookでイベントの告知がされたのですが、そこでは吉良先生が僕の名前を言ってくれています。うれしくて、「ブログでこのイラスト、掲載させてください」とお願いしたところ、ご快諾をいただきました。うれしい。本当にうれしいです。
f:id:ict_in_education:20220127141005j:plain

 『まんがで知る デジタルの学び』については、読ませていただいてブログで紹介もさせていただいています。前田先生の先生方への目線は本当にいつも優しくて、学びが多いとともに、励まされもしています(僕は先生ではないですけど…笑)

 どんなお話ができるかな、と僕自身もすごく楽しみにしています。参加申し込みは、こくちーずにてお願いいたします。
www.kokuchpro.com


(為田)

書籍ご紹介:『個別最適な学びと協働的な学び』

 奈須正裕 先生の『個別最適な学びと協働的な学び』を読みました。「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して(答申)」で提起された、個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実について、山形県天童市立天童中部小学校での実践をベースに考えることができる本でした。

 本のなかで、天童中部小学校で実践されている、3つの学習スタイルが紹介されていました。この3つのスタイルが、「協働的な学び」「個別最適な学び」「探究的な学び」に繋がっている様子がわかります。

  1. 自学・自習
    • 子どもたちが進める授業。協働的に学ぶ。
    • 先生がする授業を真似っ子し、子どもたちが授業をする。
    • 授業が進行するなかで、先生は「単元のこの部分を、自学・自習でやってほしい、と子どもたちにリクエストする。
    • 子どもたちから、「指導案見せてください」「指導書見せてください」と言われることもある→言われれば見せる。
  2. マイプラン学習
    • 個別最適な学び。一般に「単元内自由進度学習」と呼ばれる学習方法。
    • 学ぶ内容が決まっているが、いつ何をどんなふうに使って学ぶかは、各自の計画やそのときどきの考え次第。
    • 複数教科同時進行。与えられた時間を自由に使って創意工夫に富んだ学びを計画、実施する。
    • 子どもたちは、「学習のてびき」と呼ばれるカードをよりどころにして、学習計画を立案していく。
  3. フリースタイルプロジェクト
    • どのように学ぶかという学習方法のみならず、何を学ぶか=学習内容までも子どもに委ねる。
    • 探究的な学び。

 実際の授業の様子も紹介されています。そして、子どもたちの学びのさまざまな場面で、タブレット端末の活用が進んでいる様子も描かれていました。

 「第7章 ICTという新たな道具立てを得て」では、ICTの活用のいちばんベースの部分として、「文章を書く」というところで使いましょう、と書かれていました。

多くの学校ではいまだに作文を手書きで行い清書までさせていますが、ナンセンスです。以前、一文字の脱字に気付いた子どもが丁寧に書いた何行もの文字を消しゴムで消していたところ、原稿用紙が大きな音を立てて破れてしまい、すっかりやる気を喪失する場面に出合いましたが、こんなことをいつまで続ける気でしょうか。
作文の本質は文字を書くことではありません。伝えたいこと、表したいことにふさわしい論理や表現となるよう文章にさまざまな工夫を施すことであり、施した工夫の妥当性を慎重かつ多角的に吟味することです。(p.214-215 )

 「作文の本質は文字を書くことではない」という部分は、「そうだそうだ」と同意したい先生も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一人一台端末を日常的に活用するのに、文章作成はもってこいの活動です。毎日のように生じる文章作成の要求を柱に据えることで、子どもたちはパソコンの操作はもとより、情報活用に関わるさまざまな資質・能力を短期間のうちに向上させるでしょう。(p.218

 はじめに文章作成をしっかり一人1台端末でできるように学校でみんなで学んでおけば、いつでも自分の端末で文章作成=自己表現の研鑽に取り組むことができて、すごくいいのではないかと思っています。ただ授業支援ツールを使って問題を配布・回収しているだけでは、なかなかこの部分にまでたどり着かないと思っていて、ここにはしっかり「文章を書かせる」ことの大事さを評価する意思がないと難しいな、と思いました。
 この延長線上に端末の持ち帰りが出てくるのですが、「持ち帰ったら壊れない?」という心配への奈須先生のアンサーが非常に正論だな、と感じました。

持ち帰らせて壊れないかと心配する人がいますが、今のパソコンはそう簡単には壊れません。そもそもスペック的に何十年も先までは使えませんから、届いたらすぐに、毎日使い倒す勢いで子どもに委ねるのが賢明です。そうして子どもが学習の道具として使いこなせるようになれば、次の予算取りの際にも地域の賛同が得られるでしょう。(p.218

 天童中部小学校の先生方の座談会なども収録されていました。子どもたちが楽しく学んで、できることを増やしていけるような環境づくりの参考にしたいと思います。自分の手の届く範囲で、どういう実現ができるか考えようと思います。

(為田)

戸田市小・中学校児童生徒プレゼンテーション大会 レポート(2022年1月22日)

 2022年1月22日に、戸田市小・中学校児童生徒プレゼンテーション大会が開催されました。新型コロナウイルス感染症対策として、今年度もオンライン開催となり、自宅から参加させていただきました。
f:id:ict_in_education:20220125104329p:plain

 今年度は、「PBL(Project Based Learning=課題解決型学習)」の授業で実践してきた取り組みを踏まえて、「大会の観覧者に具体的に行動して欲しいこと」のプレゼンテーションが行われました。今年度も審査員として、事前に戸田市内の小中学校の児童生徒の代表者たちが収録したプレゼンテーション動画を見せてもらって、戸田市教育委員会が作成したルーブリックにそって、Googleスプレッドシートで評価をしていきました。

 小学生、中学生のプレゼンテーションを見ていて、一人1台のChromebookを道具として使いこなしていると感じました。プレゼンテーションをするときに提示するスライドショーは、これまでも作られていましたが、それ以外にもGoogleフォームを使ってアンケートをとって結果をまとめたり、アイデアを考えるだけでなく3Dプリンターで実際に制作して配布してみる、ということを子どもたちができるようになってきています。企業の方へのインタビューをオンライン会議で行っているグループもありました。それ以外にも、行動を変える気づきを得てもらうために、プログラミングのスキルを活かしてゲームを作って遊んでもらっているグループもありました。また、プロジェクトのクラウドファンディングをするグループもありました。
 こうしてICTを活用して、考えたことを実際にやってみることこそが大事だと思います。学校に配備されたICTを、学校の外と繋がる道具として使えるようになってきていると感じました。

 一方で、僕のルーブリックでの評価では、「論理性」に関わるところと、「共感性」に関わるところは、少し評価が低くなっていました。
 自分たちで見つけた課題とその解決方法の間に明確な関係があるか、「これで解決する?」と何度も考え直したか。アンケートの結果や検索の結果を見て、「これ、本当かな?」と何度も考えたか。スライドに書いた文章を、何度も何度も読み直して推敲してみたか。実は、こういう部分も、ICTを活用することで大きく効果がある部分だと思います。ICTの本当に基礎の基礎の部分ではありますが、この部分こそが学校で先生が指導するからこそ向上していく部分ではないかと思っています。

 年々、戸田市のこのプレゼンテーション大会を見せていただいての、子どもたちと先生方への期待は大きくなってきてしまっていますが、確実に成果は出ていると思っています。一人1台の情報端末を武器として活用していける子どもたちがどんどん増えていくといいと思っていますし、そのお手伝いをしていきたいと思います。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

メディア掲載:『成城教育』第193号 特集 第46回 幼・初・中高合同研究会「成城学園におけるICT教育の充実を目指して 3年目 これからの社会で活躍する園児、児童、生徒のイメージを共有する」

 成城学園教育研究所が発行している『成城教育』第193号にて、第46回 幼・初・中高合同研究会「成城学園におけるICT教育の充実を目指して 3年目 これからの社会で活躍する園児、児童、生徒のイメージを共有する」の内容が紹介されました。
f:id:ict_in_education:20220123152548j:plain

 成城学園の合同研究会は、幼稚園、初等学校(小学校)、中学・高等学校の先生方が参加される研究会です。
 第46回の合同研究会は、2021年9月15日にオンラインで開催されました。基調講演をしてくださったのは、鳥取県情報モラルエデュケーター、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター 客員研究員の今度珠美 先生によるもので、テーマは「デジタル・シティズンシップ ~コンピュータ一人一台時代の善き使い手を目指す学び~」でした。
 僕は、今度先生の基調講演の後に、総括のパートを担当させていただきました。
f:id:ict_in_education:20220123150842j:plain

 『成城教育』で講演録が残って、後日内容を振り返ることができるのが、とてもいいことだと思っています。
 また、合同研究会に参加された先生方が寄稿しているページもあり、アンケートの感想以上の内容を読むことができるのも、とても勉強になります。

 成城学園は、幼稚園、初等学校(小学校)、中学・高等学校が一ヶ所にあるからこそ、発達段階にあわせてデジタル・シティズンシップを学園文化のなかに育めればいいと思います。初等学校に高校生が教えに来たりとか、そうした取り組みも成城学園だからこそできることとして、やっていけたらいいのではないかと思っています。

(為田)

愛媛大学附属高等学校 授業レポート No.2(2021年12月17日)

 2021年12月17日に、愛媛大学附属高等学校を訪問し、田内智也 先生が担当する1年2組の数学の授業を参観させていただきました。
 愛媛大学附属高校では、1年生はノートPCが必携となっていて、数学の時間にLibryを活用しています。「ノートPCを使って数学を勉強することに戸惑う生徒はいますか?」と質問すると、田内先生は「中学校での勉強の仕方と違うけど、すぐに慣れます」とおっしゃっていました。
f:id:ict_in_education:20220121153213j:plain

 生徒たちは、机の上のノートPCでLibryを開き、出題された問題に取り組んでいました。田内先生は、「問題を解くときに、教科書を見直してもOKですよ」と言っていたので、教科書を開きながらLibryに表示されている問題に取り組む生徒たちもいました。
f:id:ict_in_education:20220121153252j:plain

 また、Libryで「解説を見る」のタブをタップすれば、その問題の解説が表示されるので、解説を読んでから閉じて、問題に取り組んでいる生徒もいました。
 このように、生徒一人ひとりが自分に必要な情報(教科書や問題の解説)を、自分にあった形で参照できるようになっているので、一人ずつが自分で学べるようになっていくのではないかと思いました。
f:id:ict_in_education:20220121153336j:plain

 問題を解き終わったら、自己採点をします。Libryでは、問題を自己採点して、「正解」「不正解」だけでなく、「部分正解」も登録できるようになっています。問題を解いたノートを撮影して、提出します。
 ノートPCのカメラで撮影している生徒もいましたが、スマートフォンで撮影をしている生徒もいました。
f:id:ict_in_education:20220121153402j:plain

 田内先生は、Libryの先生用ツールの画面をプロジェクタで投影して、それぞれの問題のクラス正答率をみんなで見ていきます。正解率が低い問題や、部分正解が多い問題の解説をしていきます。
f:id:ict_in_education:20220121153425j:plain

 クラス全体で取り組んだ問題の正答率がすぐにわかるだけでなく、生徒たちが問題を解いたノートを先生が一括して見ることができるので、「どういう間違いをしているのか」ということも見ながら、先生は解説を行っていくことができます。
 Libryで解説を読むこともできますが、板書も組み合わせて問題解説をしていきます。Libryの解説に加えて、実際の教室で生徒たちの理解状況を先生が把握することができるので、クラスごとに最適化した形での授業づくりをすることができると思います。
f:id:ict_in_education:20220121153508j:plain

 Libryをはじめとする、さまざまなデジタル教材は、これまでの学校での授業を代替するものではありません。これまでの授業をパワーアップさせるツールとして、デジタル教材を活用することができるようになっていくと思います。

(為田)

【イベント情報】教育・学びの未来を創造する プラットフォームin戸田 第5回(2022年2月5日)

 2022年2月5日に開催されます、教育・学びの未来を創造する プラットフォームin戸田にゲストスピーカーとして登壇させていただきます。
f:id:ict_in_education:20220122151636p:plain:w400

 今回いただいたテーマは、「非認知能力を育むためのICTの活用とは」です。非認知能力を育むために、ICTをどう活用できるのかについての話題提供となる基調講演をしたいなと思っております。
 また、基調講演後には、トークセッションが予定されています。戸田市立新曽小学校の6年生の卒業プロジェクトで、ICTを活用して非認知能力が伸びている様子を加藤貴嗣 校長先生に紹介していただき、現場でのICT×非認知能力を伸ばす授業を現場目線からお話を伺っていく予定です。

 全部で4つのテーマが設定されていますが、いずれのテーマも、ゲストスピーカーの皆さんがスペシャルです。

  1. 多様性を尊重したインクルーシブ教育の実現
    野口 晃菜 様(株式会社LITALICO LITALICO研究所 所長)
  2. あたりまえの教育の問い直し〈第2弾〉
    新保 元康 様(NPO法人ほっかいどう学推進フォーラム 理事長)
  3. 非認知能力を育むためのICTの活用とは
    為田 裕行(フューチャーインスティテュート株式会社 代表取締役 教育ICTリサーチ主宰)
  4. データがもたらす新たな教育のカタチ
    中里 忍 様(Institution for a Global Society株式会社 取締役)

 ご参加いただく皆様、準備していただいている先生方・皆様に恩返しができるよう、精一杯務めさせていただこうと思っております。また、僕自身もたくさんのことを学べるようにしたいと思っています。

 参加のお申込みは、Peatixからどうぞ

(為田)