教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

使えるかも

授業で使えるかも:農林水産省「マフ塾」

農林水産省が公開した、夏休みの自由研究や勉強に役立つサイト「マフ塾」がおもしろいです。マフは、農林水産省の英語名「Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries」の頭文字「MAFF(マフ)」ですね。 www.maff.go.jp デザインがちょっと昔懐かしい…

授業で使えるかも:学研図書ライブラリー

一人1台の情報端末を持つようになって、自由にいつでも使えるようになると、電子書籍を読めるようになるといいな、と思っています。学校の図書室では、同じ本を同時に何人もで読むことはできないので、「読みたい!」と思った時にいつでも読めるといいな、と…

授業で使えるかも:『「勉強しなさい」より「一緒にゲームしない?」』

a.school代表の岩田拓真さんが書かれた、『「勉強しなさい」より「一緒にゲームしない?」』を読みました。「遊び」と「学び」に境界線はない、と最初に書かれていて、実際に遊びながら学べる活動、学びながら遊べる活動がたくさん紹介されています。学校で…

教材に使えるかも:YOASOBI「Into The Night」の英語詞の凄さ

YOASOBIがすごく好きで、これまでにもこのブログで2度ほど取り上げています(これとかこれとか)。最近、ヒット曲である「夜に駆ける」の英語曲である「Into The Night」がリリースされて、昨日Spotifyで聴いてみて、めちゃくちゃびっくりしました。Into The…

授業で使えるかも?:「How to Make a Levitating Hot Dog Cooker / ソーセージを宙に浮かせながら焼く謎マシン」

ねとらぼで紹介されていた「ソーセージを宙に浮かせながら焼く謎マシン」に惹きつけられて動画を見ました。 nlab.itmedia.co.jp 動画の原題は、「How to Make a Levitating Hot Dog Cooker」で、浮かんだ状態のソーセージに全方位から過熱して調理するマシン…

教材で使えるかも:「Perspective - Juggling From Above」

ジャグラーの Taylor GlennさんがYouTubeで公開している「Perspective - Juggling From Above」(ジャグリングを上から見たら)が、すごくおもしろいです。ジャグリングを上から見る機会はほとんどないので、こうしたアングルで見ることができるのはすごく新…

授業で使えるかも:子どもに伝える「パソコンのあつかいかた」(Lenovoの動画と自分の授業と)

YouTubeで、Lenovoが「1 パソコンのあつかいかた【レノボ・ジャパン】」という動画をアップしたとのことで、見てみました。「パソコンをたたかない」「パソコンをふまない」など、非常に基本的なところから説明をしていました。そんなに初歩的な注意が必要で…

授業で使えるかも:美術作品や資料を検索できるサイト「Museo」

TwitterのTLでMuseoというサイトがあることを知りました。図工や美術の時間などに、作品のインスピレーションを得たり、参考にしたりできるかもしれません。パブリックドメインになった美術作品や資料を検索できるシカゴ美術館やアムステルダム国立美術館な…

授業設計で使えるかも:情報活用能力 #東京モデル

「とうきょうの情報教育」情報教育ポータルのサイトで、「情報活用能力 #東京モデル」が公開されています。 「情報活用能力を計画的に育成する」と書かれていて、「基本的操作分野」「情報活用分野」「プログラミング分野」「情報モラル・セキュリティ分野」…

授業で使えるかも:朝日新聞ポッドキャスト

最近、朝日新聞ポッドキャスト「ニュースの現場から」を聴いています。ほぼ毎日コンテンツがアップされていて、毎日聴くことはできないのですが、時事ニュースだけでなく、取材の裏側だったり、各国の特派員のコメントだったり、いろいろなテーマが並ぶので…

授業で使えるかも:色の名前とカラーコードを調べられるサイト

「Sorted CSS Colors」というサイトがあって、いろいろな色の英語の名前を知ることができることを知りました。また、その色のカラーコードも見ることができるので、デジタルでデザインをするときに活用もできそうだと思いました。 アクセスをしてみると表示…

授業で使えるかも:Google Earthを見ながら歴史小説『シナン』を読む

夢枕獏さんの小説『シナン(上)』と『シナン(下)』を、友人に薦められて読みました。シナンは、ミマール・スィナン(Mimar Sinan, 1489年-1588年)とも表記される、オスマン帝国の建築家、土木技術者です。シナンのことは、まったく知らなかったのですが…

教材で使えるかも:NHK for School 「昔話法廷」の新作「桃太郎」

NHK for Schoolで、先日放送された昔話法廷の新作「桃太郎」裁判が見られるようになりました。テレビで見逃してしまっていたので、見てみました。(豪華なキャスティングに唸りますが、そこは本筋ではないので割愛します) www2.nhk.or.jp 今回の「桃太郎」…

本をたくさん読む子育て家庭でKindleキッズモデルは使えるかも?

Amazonから、Kindleキッズモデルをオススメしてくれるメールが来ました。Kindleにキッズモデルがあることを知りませんでしたが、Kindleキッズモデルのページを読んでみて、実はこれはいいかもしれない、と思いました。Kindle キッズモデル 1,000冊以上の子ど…

授業で使えるかも:プログラミング体験ゲーム「アルゴロジック」

小学校の授業で小学校1年生から3年生までを対象に、プログラミング体験ゲーム「アルゴロジック」をときどき教えています。アルゴロジック1とアルゴロジック2があるのですが、ブロックの移動のしかたを教えてあげるだけで、子どもたちはどんどん自分のペース…

授業で使えるかも:ChromeブラウザでQRコードを作って共有する

先日、小学校3年生のクラスで使っているスクールタクトに、自分のiPadからログインしてもらう機会がありました。アプリをインストールしていないので、QRコードを読み込んでもらおうと思って、QRコードの作成をしました。「そういえば、Chromeで簡単にQRコー…

授業で使えるかも:ミミズが土を作る様子を比較するタイムラプス動画

落ち葉の下で、ミミズは土を作っています。落ち葉のような自然のものだけでなく、ゴミが捨てられていたりすると、どれくらい土作りの様子が変わってくるのか、というのを100日間のタイムラプスで見比べることができる動画を見つけました。 www.youtube.com 3…

授業で使えるかも:Google Earthのタイムラプス機能

Google Earthでタイムラプス機能がリリースされました。詳しくは、Google Japan Blogの記事を見ていただければと思いますが、過去 37 年間に撮影された 2400 万枚の衛星写真によって、約 40 年分の地球の経年変化を見ることができるようになります。 japan.g…

授業で使えるかも:ポプラ社の「電子書籍読み放題サービス Yomokka!」

総合百科事典「ポプラディア」や「かいけつゾロリ」、歴史漫画などで、学校図書館での高いシェアを持つポプラ社が、2021年度、こどもの学び事業「こどもっとラボ」を立ち上げ、小・中学校向け教育ICT分野に本格参入します。こどもっとラボのブランドサイトが…

授業で使えるかも:知財図鑑

新規事業を創出するための知財をチェックできる「知財図鑑」というサイトを知りました。問題解決型の学習を取り入れる学校が増えてきているように思うのですが、「何が問題か」からスタートして考えることもあれば、逆に「こうした解決ができるアイデアや技…

教材で使えるかも:大阪市立図書館デジタルアーカイブ

大阪市立図書館には、デジタルアーカイブがあって、大阪の古写真や錦絵などがたくさん収録されているというのを、Twitterで知りました。【デジタルアーカイブ】大阪市立図書館デジタルアーカイブには、大阪の古写真や錦絵などがたくさん収録されています。こ…

授業で使えるかも:『ここは今から倫理です。』

NHKでやっていたドラマ「ここは今から倫理です。」を大変楽しく見ていました。どの回もとても興味深かったのですが、第7回・第8回で「クラス全員が参加しているグループチャットから抜ける」というテーマが取り上げられていて、こうしたこともこれからは考え…

授業で使えるかも:エヴァーギヴンを好きな場所に置いてみる「Ever Given Ever Ywhere」

2021年3月にスエズ運河で座礁し、横向きになって運河を塞いでしまったエヴァーギヴン(Ever Given)、全長は399.94メートルで、現役のコンテナ船の中では最も長い部類に入るそうです(2021年現在)。船体の幅は58.8メートルと、いったいどれくらい大きいのだ…

文部科学省「#教師のバトン」プロジェクトを応援します

文部科学省が開始した「#教師のバトン」プロジェクトに、「#教師のバトン」プロジェクト応援団として関わっています(プロジェクト応援団の皆さんのお名前は、リンク先で見ることができます)。 www.mext.go.jp 本プロジェクトは、学校での働き方改革による…

教材で使えるかも:スミソニアン博物館の「Smithsonian Open Access」のコンテンツをRemix

美術手帖のサイトで、「世界最大規模。「スミソニアン博物館」の約280万点のデジタルデータが自由利用可に|美術手帖」を読んで、スミソニアン博物館のプログラム「Smithsonian Open Access」について知りました。スミソニアン博物館が所蔵する約280万点のデ…

授業に使えるかも:日本遺産「鎮守府・佐世保」

ひょんなことから、日本遺産「鎮守府・佐世保」ダイジェスト編を見る機会がありました。佐世保のいろいろな風景が見られて、とても楽しめました。 タイトルに「鎮守府」とあるように、日本で最初に作られた4つの軍港(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)の1つである…

授業で使えるかも:模様を作るサイト「Repper」

Twitterで見かけた、Repperというサイトを使ってみました。簡単な操作で、いろんな模様を作ることができます。また、何よりも「ちょっと変えてみたらどうなるかな?」という試行錯誤をたくさんできるのが素晴らしいと思います。 repper.app サイトにアクセス…

授業で使えるかも:「タモリ倶楽部」でやっていた、Google Earthを使って鉄鉱石について学ぶ授業

2021年2月5日に放送されたタモリ倶楽部が、「祝『高校地理』必修化記念!しいたげられた地理教師たちの逆襲」でした。録画しておいたものを見たのですが、現役の地理の先生がGoogle Earthを使ってされた授業がとてもおもしろく、自分でもGoogle Earthを使っ…

授業で使えるかも:STEAM Library

2021年3月1日に、STEAMライブラリーが公開されました。このSTEAMライブラリーは、11月に書かせていただいた、「未来の教室」中間報告会のレポートのなかで紹介されていました。小学校から高校までを対象として、主教材(動画)と補助教材にアクセスすること…

『「知らない」のパフォーマンスが未来を創る』で読んだ、学校はABCからXYZになるべき、という話

週末に、ロイス・ホルツマン『「知らない」のパフォーマンスが未来を創る 知識偏重社会への警鐘』を読んでいました。「知らない」のパフォーマンスが未来を創る―知識偏重社会への警鐘作者:ロイス・ホルツマン発売日: 2020/11/30メディア: 単行本 学校は、「…