教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

デジタルテストシステム「AnswerBoxCreator」が楽しみ

 DNPが日本マイクロソフトと連携して展開していく、デジタルテストシステム「AnswerBoxCreator(アンサー・ボックス・クリエーター)」(2015年3月販売開始)、楽しみです。

日本マイクロソフトと連携して、学校の授業で使用するテストをタブレット端末で解答・採点できるデジタルテストシステムを開発 | DNP 大日本印刷株式会社

  • 解答内容は、解答までの記述プロセスを含めてWord形式で保存され、校内のファイル転送環境を用いて、教師に提出されます。
  • 自由記述問題の採点機能を強化しており、選択問題では測れない詳細な理解度の把握ができます。

 リンク先の写真を見る限り、手書きで解答を書いていくことが可能みたいだし、この過程もすべて録画して分析ができるのなら、非常におもしろそうだなあ、と感じます。学びの過程を全部記録しておくのって、ずーっと学習者のそばにいられればできることですが、そうでないなら非常に難しいことです。つまり、現状の学校ではほぼできない、ということです。でも、勉強がわからなくなる児童生徒はいるわけで、その層の学力停滞を解決するために、こうしてICTが活用されるのは、非常に意味があると思います。

 どれくらいまで学習の過程を記録できるのだろう…と興味津々です。いやー、デモが見たいです。EDIXで見られるかな?

(研究員・為田)