教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

192Cafe 公開イベント #1 私立小が創る未来の学び ~競争時代から共創時代へ~ レポート No.2(2019年1月19日)

 2019年1月19日に、聖徳学園中学・高等学校にて、192Cafe 公開イベント #1 私立小が創る未来の学び ~競争時代から共創時代へ~を開催しました。為田は、192Cafeに事務局として参加をしています。多くの方に参加していただいたこのイベントでは、SNSでの積極的な発信を推奨しており、僕も会場からできるかぎり、Twitterにて実況をしましたので、その様子をまとめてレポートしていきたいと思います。

 今回は、さとえ学園小学校 山中昭岳 先生によるプレゼンテーション「iPadが拓く未来の学び 〜「遊び道具」から「空気のような存在」へのドラマ〜」の様子をレポートします。
f:id:ict_in_education:20190122005811j:plain

 山中先生のプレゼンテーションでは、たくさんのワークが組み込まれていました。4人1組で座るように席が並べられていたので、周囲の人とグループを組んで、さまざまなワークをしていきます。

 ジグソーパズルは、一見自由にいろいろと試行錯誤をするような活動にはなるが、「あるべき姿がある=正解がある」。一方で、レゴは何でも創ることができる。この2つは、見た目が試行錯誤をしている活動で似ている感じがするが、全然違った学力が身につく。このたとえは本当にいいと思いました。

 さとえ学園小学校では、一人1台のiPadを全学年に導入しています。それによってどんなことを目指しているのか、1年生から持たせることの意義などについて説明がありました。

 この、「目前の学力」と「生涯に渡る学力」の両方を得られるようにする、という言葉をはっきり言う、特に「目前の学力も」ということもしっかり言うところが私立小学校ならではか、と思いました。

 さとえ学園小学校では、iPad=「学習に役立つ道具」「人のために役立つ道具」であり、だからレンタルにしている、という話でした。逆に、「自分の持ち物だからこそ、普段遣いをするようになる」という考え方もあると思います。ただ、「どうしてそうしたのか」ということを、しっかり理由として説明できるのが素晴らしいことだと僕は考えます。

 これも非常におもしろいと思った考え方です。「先にどういうことを教えたいか」ということから考えるのではなく、「どんなデジタルツールを使いたいか=無料で今後も使い続けられるだろうGoogleEvernoteを使う」ということから考えて、どういう教育をするかという方向で導入を進めているということです。

 僕は個人的には、ICTを知的活動のツールとしてもっともっと使ってほしいと思っています。だからこそ、例えば「Office 365を使う」「G Suite for Educationを使う」ということを先に決めて、そのために教科にどのように落とし込んでいけばいいのか、ということを考えていくというのもいいのかもしれないと思いました。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)