教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

教材として使えるかも?:マスコットキッドが代表選手たちと歌ったウルグアイ国歌(2019年9月25日)

 ラグビーワールドカップの話題が続きます。2019年9月25日、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで行われたフィジーウルグアイ戦でウルグアイ代表のキャプテン フアン・ガミナラ選手が、「マスコットキッドとして一緒に入場した少年が、僕たちのウルグアイ国歌を何も見ずに大きな声で一緒に歌ってくれた」というコメントを残しています。動画が、公式Twitterで見られます。これ、本当にうれしいだろうな、と思いました。

the-ans.jp

 今回、ワールドカップに参加している20カ国の国家を歌えるように、と元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんたちが「スクラムニゾン」というプロジェクトを立ち上げています。

www.youtube.com

www.youtube.com

 スクラムニゾンYouTubeチャンネルで、今回話題になったウルグアイ国歌も、聴くことができます。スクラムニゾン、字幕も出て、カタカナも出るのはとてもいいと思います。こういうのは、動画の力だし、YouTubeというプラットフォームでどんどん広がっていくのはとてもいいと思います。
f:id:ict_in_education:20190926211341p:plain


www.youtube.com


 こうした国際交流が、政府の外交を助ける日がきっと来ると思っています。

(為田)