教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

三重県教育工学研究会 2017年度 冬季セミナー「次代を生きる子どもにつけたい力と教師の役割」 レポート まとめ(2018年1月13日)

 2018年1月13日に、三重県教育工学研究会の2017年度 冬季セミナー「次代を生きる子どもにつけたい力と教師の役割」に参加してきました。サブタイトルには「これからの情報教育のあり方を探る」とあり、情報教育について考えるきっかけをいくつもいただいたように思います。
f:id:ict_in_education:20180114103533j:plain

 No.1では、南伊勢町立南勢小学校校長、三重県教育工学研究会会長である、中村武弘 先生による講演、「主体的・対話的で深い学びをめざした授業づくり 〜子どもの情報活用能力を育てる〜」のメモをまとめました。
blog.ict-in-education.jp

 No.2では、協賛していた企業・団体のプレゼンテーションのなかから、為田が参加したものをまとめました。
blog.ict-in-education.jp

 No.3とNo.4では、聖心女子大学名誉教授の永野和男先生による講演、「今後の教育に生かす情報教育的な考え方」の前半部分の様子をレポートしました。永野先生は、この日のプログラムの最初に講演をした、南伊勢町立南勢小学校校長、三重県教育工学研究会会長である、中村武弘 先生の師匠にあたるそうです。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 No.5では、セミナーの最後に行われた、大喜利<パネルディスカッション>「子どもに情報活用能力を培うためには」の様子をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 とても学び多いセミナーとなりました。まとめてお読みいただければと思います。

(為田)