教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

私塾界リーダーズフォーラム「英語×ICT」 イベントレポート No.2(2018年6月4日)

 2018年6月4日に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された、私塾界リーダーズフォーラム2018に参加してきました。参加者は450人を超え、会場は満席となりました。小学校で教科化した英語とICTというテーマへの関心の高さがうかがえます。
 第2部のトークセッションは、「新時代の英語教育へいま求められる対応力とは」でした。登壇されたのは、株式会社ECC ジュニア事業部 谷口礼子 氏、T&K エンタテインメント株式会社 代表・ECC 個別指導塾ベストワンオーナー 菰口賢一 氏、月刊私塾界編集長 山田未知之 氏の3人でした。
 現地にてTwitterで発信していた内容を中心に、補足をしたレポートを公開いたします。聞き間違いや勘違いなどにつきましては、為田の責任です。イベントレポートは、月刊私塾界にて、プロの手で報告レポートが出ると思いますので、後日、そちらもご参照いただければと思います。
f:id:ict_in_education:20180605144938j:plain

 最初に、ECCジュニアについて、谷口さんから紹介がありました。

 そして、ECC個別指導塾ベストワンの教室を運営されている、菰口さんのキャリアについてのお話へと続きます。


 ECCジュニアのカリキュラムの特長として、CLIL(クリル)学習が紹介されました。CLILは、「Content and Language Integrated Learning」の略で、ECCジュニアのサイトでは「内容言語統合型学習」と紹介されています

 「ひとつのテーマを学ぶ過程で、英語の「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく学びながら、4つのCを統合した学習を行います。また、理科や社会などさまざまな分野を英語で学ぶこの学習法は、生徒の話す意欲をかきたて、学習への動機づけとなります」とサイトに書かれています。4つのCは、Content(内容)、Communication(言語)、Cognition(思考)、Culture(博学、国際意識)です。

 CLIL学習の様子を動画で見ることもできますので、ぜひ、ECCジュニアのサイトでチェックしてください。
f:id:ict_in_education:20180605145915p:plain

 教室の様子や授業の様子をもう少し見たかったな、と思いました。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【来場者限定!】私塾界リーダーズフォーラムトークセッション「未来の教室実現に向けたEdTechの活用法」勝手にアンケート

 2018年6月4日に開催された、私塾界リーダーズフォーラム2018 第1部のトークセッション「未来の教室実現に向けたEdTechの活用法」について、昨日エントリーを書きました。おかげさまで多くの方にお読みいただいております。

 このトークセッションでは、経済産業省教育産業室 室長の浅野大介 氏、株式会社COMPASS CEOの神野元基 氏、株式会社メイツ 代表の遠藤尚範 氏の3人が登壇されたのですが、多角的な視点が非常におもしろかったので、会場にいた皆さんに「どう思いました?」と訊いてみたく、バーチャルに【勝手に】アンケートを立ち上げます。

 以下のリンクより、アンケートにアクセスすることができます。【実際に会場へいらしていて、トークセッションを聴いた方】に、ご回答をお願いいたします。
goo.gl

  • 私塾界本体とは関係ありません。私塾界非公認アンケートです。
  • お答えいただいたアンケートの一部は、後日、本ブログにて公開させていただきたいと思います。

f:id:ict_in_education:20180606100952p:plain


(為田)

私塾界リーダーズフォーラム「英語×ICT」 イベントレポート No.1(2018年6月4日)

 2018年6月4日に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された、私塾界リーダーズフォーラム2018に参加してきました。参加者は450人を超え、会場は満席となりました。小学校で教科化した英語とICTというテーマへの関心の高さがうかがえます。
 第1部のトークセッションのテーマは「未来の教室実現に向けたEdTechの活用法」でした。登壇されたのは、経済産業省教育産業室 室長の浅野大介 氏、株式会社COMPASS CEOの神野元基 氏、株式会社メイツ 代表の遠藤尚範 氏の3人でした。
 現地にてTwitterで発信していた内容を中心に、補足をしたレポートを公開いたします。聞き間違いや勘違いなどにつきましては、為田の責任です。イベントレポートは、月刊私塾界にて、プロの手で報告レポートが出ると思いますので、後日、そちらもご参照いただければと思います。
f:id:ict_in_education:20180605135336j:plain

 最初に、経済産業省の浅野さんから、「未来の教室」についてのプレゼンテーションがありました。

 浅野さんの問題意識として印象深かったのは、「何のために勉強するのかわからない状態をやめよう」ということ。問題を解決するプロジェクトに取り組むことで、必要な知識などがわかり、それを学校で学べばいい。学ぶべきことは明確になっているので、それを生産性高く≒効率的に学ぶようにしよう、ということでした。

 続いて、神野さんのプレゼンテーションです。浅野さんの提示した学びの生産性について、「モチベーションの効率化」と「コンテンツの効率化」があると思う、と話をされました。

 続いて、遠藤さんのプレゼンテーションです。遠藤さんは、進学塾メイツを運営をされていますので、会場に多くいらっしゃる学習塾の経営者・社員の方に近い目線でのプレゼンテーションであったように思います。そして、塾に通っている子どもたちにとって、「現実的な未来の教室」を見る必要がある、と話をされました。

◆ ◆ ◆

 遠藤さんが提示した、「現実的な未来の教室」という話から、公教育の問題、民間教育(私塾である学習塾)の話、経済産業省文部科学省の思考の違いなどについて話が展開していきました。非常に興味深く聴きました。

 積み上げ思考の文部科学省、逆算思考の経済産業省。みんなで考えて、みんなで実行しないと、本当にいろいろ間に合わないよな、と思わされるセッションでした。浅野さんは、このセッションの後に「未来の教室」とEdTech研究会がありました。こちらから出てくる成果も非常に楽しみですが、教育委員会や学校をサポートする立場で、サポートしていきたいと思いました。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

MMD研究所「学校へのスマホ持ち込み許可、中学生は21.6%、高校生は84.3%、学校にWi-Fi環境があるのは中学生が25.9%、高校生が22.0%」(2018年5月29日)

 MMD研究所が、2018年4月中高生の学校のIT利用状況調査を発表しました。12歳から18歳のスマートフォンを所有する中学生、高校生の男女1,106人を対象に2018年4月に調査を実施しています。
mmdlabo.jp

  • 12歳から18歳のスマートフォンを所有する中学生、高校生の男女1,106人を対象に、学校へのスマートフォン持ち込みが許可されているかを調査。
    • 中学生(n=533)の7.9%が「許可されている」、13.7%が「条件付きで許可されている」と合わせて21.6%が許可されていることがわかった。
    • 高校生(n=573)では52.4%が「許可されている」、31.9%が「条件付きで許可されている」と合わせて84.3%が許可されていることがわかった。

 持ち込みについては許可されているのですが、そのときに決められているルールについても、複数回答可能な形で調査をしています。

  • 中学生(n=115)で最も多かった回答は「学校や先生に携帯所持の許可申請をする」で49.6%、次いで「登下校時のみ使用可能」が40.0%、「授業中は電源を切ってカバンやロッカーにしまう」が37.4%となった。
  • 高校生(n=483)で最も多かった回答は「授業中は電源を切ってカバンやロッカーにしまう」が69.2%、次いで「登下校時のみ使用可能」が30.0%、「学校や先生に携帯所持の許可申請をする」が14.1%となった。

 授業中に使ってよい、という形でスマホを使っている学校はほとんどないのではないかな、と思われる回答です。では、授業中にはどんなものを使っているのだろうか、という調査項目もありました(複数回答可)。

  • 中学生(n=533)では「PC(デスクトップ)」が40.5%と最も多く、次いで「PC(ノート)」が21.8%、「タブレットiPad)」が16.3%
  • 高校生(n=573)では「PC(デスクトップ)」が最も多く41.0%、次いで「タブレットiPad)」が15.4%、「PC(ノート)」が14.5%

 中学生、高校生ともにPC(デスクトップ)が多いということは、あまり教室で使われているような感じはないのかなと思います。特別教室へ行って使うという形か。

 「学校にWi-Fi環境があるのは中学生が25.9%、高校生が22.0%」という結果が出ています。このWi-Fi環境は、持ち込むスマートフォンで接続できるのかなあ。
 結局「どんなふうに使おうと意図されていて、その意図にあった形で運用するのに充分な整備なのかどうか」というところが問題なので、この数字だけではなかなか評価しにくいですね。でも、ひとつの結果として参考にしたいと思いました。

(為田)

 

教材に使えるかも?:三田紀房『インベスターZ』が1巻~10巻まで無料!(6月11日まで)

 6月11日まで、三田紀房『インベスターZ』の電子版が1巻から10巻まで無料です。

 このニュースを見て、さっそくKindle版で10巻までを購入(といっても無料だけど)。おもしろいな、と思ったことは2つ。

(1)デジタルならではの売り方がおもしろい

 ページをスクリーンショットなどで撮って、SNSにアップもOK。メディアの使い方が上手だな、と思います。まずは読んでもらう。さらに、気に入ってくれた人が周りにシェアするサポートをする(スクリーンショットを撮ってシェアOK)。10巻より後ろを購入してくれる人もいるだろうし、ドラマも盛り上がる。そして、最終的に売上がアップする。最初にお金をとれなくても、あとでお金をとる、デジタルだからこそだな、と思うし、「シェアする」という行為を非常に評価している戦略だな、と感じます。

 結果、1位から10位までを独占。また、さらにおもしろがってシェアしてもらえるように、との遊び心も素敵。こうして僕がブログに書いているのも、完全に片棒を担いでいる感じ…。

 このあたり、西野亮廣『革命のファンファーレ』のなかの、「マネタイズのタイミングを後ろにずらして、可能性を増やせ」と同じですよね。いろいろなものが繋がっている。デジタル社会になったからこその、商品の売り方を感じられます。
blog.ict-in-education.jp

そもそも「お金」のことを考える教材としておもしろい

 『インベスターZ』は、中高一貫校の生徒6人が投資部として活動する話なのですが、主人公の財前くんのお父さんが、「お金の話を子どもの前でしたがらない」大人として登場します。
f:id:ict_in_education:20180602080338p:plain

 子どもの頃はお金のことは話を聞かないし、学校でもあまり習わない。でも、社会に出たら何より切実に関わってくる問題であり、こういうテーマを、こうして漫画というフォーマットで伝えるのは、非常におもしろいと思います。

まとめ

 ということで、6月11日まで、無料で10巻まで手に入ります。読んでみて、続きを買ったり、7月にスタートするドラマを見たり、どんどん広がっていくといいなと思います。
 お金のことを伝える教材としてもですが、「メディアがデジタルになることで、こんなふうに売り方とか買い方が変わってきた」といういい教材になるのではないか、と思います。

インベスターZ(1)

インベスターZ(1)

(為田)

やってみた:ナビスコラ 学問分野診断&相関図

 ナビスコラ:学問分野診断&相関図をやってみました。ナビスコラは京都大学 学際融合教育研究推進センターが研究者から収集したデータをもとに、自分と学問との相関を診断してくれるサイトです。20問の質問に答えることで、自分との相関が高い学問が表示されます。f:id:ict_in_education:20180601133826p:plain

 さっそくやってみました。結果は「工学」。おおお、とても意外です。それぞれの学問について、【なにを研究するの?】【どんな分野があるの?】【どんな人がやっているの?】と書かれています。僕が診断された「工学」のところでは、「この分野には、社会的課題を解決することが大事だと考える研究者が多いようです」と書かれています。なるほど、このかかれ方であれば、「工学」と出てもあまり意外でないかも。あ、そういえば、「教育工学」という学問分野もあるわけで、そこまで広げて考えれば、あたっているような気になってきました。
f:id:ict_in_education:20180601133830p:plain

 いろいろな学問について関心を持つきっかけになるかもしれないと思いました。
navischola.app

(為田)

動画教材と学校の授業

 あすこま先生の家に、スタディサプリがやってきた、という話を読む。

 そして、ロカルノ先生がそれに現場での声を加えてくれています。

 スタディサプリは、2年くらい前にうちの息子にやってみてもらったことがあります。そのときの彼の感想は、「これ、話が長い。でも、学校の授業で聴くともっと長い。」というものでした。その後は、彼はやらなくなってしまいました。
 こうして「これ、長い」という人もいるし、一方で「わからないところを何度も聴ける」というのを喜ぶ人もいるだろうな、と思います。それぞれのペースで学べる、学習の個別化という意味では非常にいいかな、と思っています。
 以前、東北学院中学校・高等学校の名越幸生 先生の授業を見学させていただいたときに、ご自身の授業動画を授業中に見せていた名越先生が、そうした授業を経て、「むしろ、生徒によってこんなに理解するのにかかる時間が違うのに、一斉授業をしてきたことには無理があったのではないか」という感想をおっしゃっていました。
f:id:ict_in_education:20171107181504j:plain

blog.ict-in-education.jp

 スタディサプリ(に並ぶ動画教材の数々)については、どのように使うのかということは、まだまだこれから検証がされていく部分もあると思うのですが、先生が動画教材をどのように授業設計の中に取り込んでいくのか、ということについて非常に興味があります。
 学びが個別化するというのはとてもいいところだと思います。それによって授業がどんなふうに変わっていくのがいいのか、に興味があります。一斉授業では届かなかった層に、教えたかったことが届くかもしれない。届いた後、どうするのか、ということを考えるといいのかな、と思っています。

 渋谷区の小中学校でもスタディサプリが導入されているので、こちらも授業公開などで見てみたいとともに、利用ログとかの知見も知りたいな、と思います。

(為田)