読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

【メディア】【EDIX報告】凸版印刷 菊地 教育ICT事業開発本部 本部長 EDIXでのインタビュー(2015年5月21日)

取材 ニュース EDIX やるKey

 教育ITソリューションEXPO(EDIX)、第2日目までが終了しました。研究員の為田がプロジェクトに参加しています、凸版印刷のブースには、連日たくさんの方にお越しいただいています。
 取材もたくさんいただいております。凸版印刷の菊地 教育ICT事業開発本部 本部長のインタビューが、NHKの5月21日の夕方のニュースで流れたようです。
f:id:ict_in_education:20150522074037j:plain

 ニュースの切り口は、「教育ビッグデータ」。5月18日にリリースが出ました、「やるKey」について、取り上げられています。ict-in-education.hatenablog.com


 凸版印刷ブースでは、東京書籍の教科書づくりのノウハウ=「どうわからせるか」の工夫を取り入れて、さらにそれを記録をとることで、先生方の授業改善に使ってもらおう、という趣旨でミニセミナーを開催しています。
 東京書籍の教科書を編集している方をゲストスピーカーにお招きして、「いかに教科書の問題を考えぬいて、わからせる方法をデザインしているか」という話を伺い、それを凸版印刷の技術でシステム化する、という話をしています。
 残るは3日め(5月22日)、あと2回セミナーが予定されています(11:50~と15:10~)。ぜひ、凸版印刷ブースまでお越しいただければと思います。
f:id:ict_in_education:20150519171114j:plain


 ところで、このニュース、凸版印刷のニュースのあとは、「グッドプラクティス」の取材でお世話になった、桜丘中学・高等学校の倉田先生の授業でした。ict-in-education.hatenablog.com
ict-in-education.hatenablog.com
ict-in-education.hatenablog.com
ict-in-education.hatenablog.com
ict-in-education.hatenablog.com

 お世話になっている凸版印刷と桜丘と、両方が同じニュースで取り上げられたのは、とてもうれしいです。

(研究員・為田)