読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも?:「理系のための豚汁レシピ」を参考に、学校でフローチャートを書く

教育ICT利用の目的 目的-7. 表現、思考手段拡充 目的-1. 興味喚起 プログラミング 使えるかも?

 先日アップした、宮城第一高等学校の八巻一智先生による、実践発表「プログラミング、データベース学習をやってみて【情報の科学】」のメモのなかで、アルゴリズムを理解してもらうために、「ペットボトルのキャップをあける」というのを言葉だけで指示をしてみる、というアクティビティを紹介しました。blog.ict-in-education.jp

 先週、Facebookで紹介したのですが、「「理系のための豚汁レシピ」を参考に「理系夫のための家事シェアツール」を作ってみた | Conobie[コノビー]」という記事が非常におもしろかったです。レシピや家事などについてフローチャートを作ってみる、というのも、八巻先生がされていた1つの行動(=ペットボトルのキャップをあける)ということの次のステップとして使えるかな、と思いました。conobie.jp


 この記事で紹介されている、「理系のための豚汁レシピ」は以下のようなものです。

 この「理系のための豚汁レシピ」を見せてみて、これにならって学校の教室での出来事でフローチャートを書いてみるとかしてみたら興味喚起できるかな、と思いました。大掃除のフローチャートとか、給食配膳のフローチャートとか、体育祭準備のフローチャートとか。係ごとに活動のフローチャートを作るとか。「みんなに誤解なく伝わって、確実に行動ができるようにするには」などで考えてみたらいいかな、と。
 そうしたこともアルゴリズムロジカルシンキングを学ぶきっかけになるかもしれないな、と思いました。こういうプログラミング学習なら、手軽にできて、しかもPCもタブレットもいらないですね。これでみっちりフローチャートを書けるようになってから、「さあ、プログラミング学習をしよう!」となってもいいかな、とも思います。

▼参考になりそうな本など

コンピュータを使わない情報教育アンプラグドコンピュータサイエンス

コンピュータを使わない情報教育アンプラグドコンピュータサイエンス

  • 作者: Tim Bell/Ian H.Witten/Mike Fellows,Matt Powell,兼宗進
  • 出版社/メーカー: イーテキスト研究所
  • 発売日: 2007/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 10人 クリック: 83回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る
Cooking for Geeks: Real Science, Great Cooks, and Good Food

Cooking for Geeks: Real Science, Great Cooks, and Good Food


(為田)