読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

iTeachers TV 『ICTは算数の授業をどう変えるか? 〜やる気を引き出すアダプティブラーニング実践事例〜』(前編)

 9月7日(水)配信のiTeachers TVの中の、教育ICT実践プレゼンテーションに登場させていただきました。タイトルは、『ICTは算数の授業をどう変えるか? 〜やる気を引き出すアダプティブラーニング実践事例〜』です。いまプロジェクトとして関わっている、凸版印刷アダプティブ学習システム「やるKey」の話を中心に、ICTが授業をどう変えていくのか、ということについて話をしています。

 アダプティブラーニングの可能性については、非常に強く信じているのですが、その前段階として、きちんと説明をしたかったことを最初に言ってあります。言いたいことは、アダプティブにかかわらず、教室にICTが入ってくるときに必ず考えたいこと。「先生がいらなくなる」わけでなく、「授業が変わる」ということです。
f:id:ict_in_education:20160907230805p:plain

 やるKeyのレコメンド機能についての説明もしています。
f:id:ict_in_education:20160907231310p:plain

 東京書籍の教科書編集部の人たちと、ああでもないこうでもない、と考えたつまずきポイントについても説明しています。
f:id:ict_in_education:20160907231320p:plain

 今回は前半。学習者にとってアダプティブラーニングがどんなものかという説明をしました。来週が後半。今度は、授業者から見たアダプティブラーニングの説明をしたいと思っています。
www.youtube.com

◆ ◆ ◆

 見ていただいて、学校にあるiPadで使ってみたい、という学校/教育委員会がありましたら、お声かけいただければと思います。凸版印刷のセールスチームにご紹介もできますし、為田が自分で説明に伺うこともできます。

◆ ◆ ◆

 ちなみにこの前半パート、まとめのところがテイク2です。熱をこめてしゃべりすぎ、長くなったという…。編集チームのみなさん、本当にありがとうございます。また、MCの小池さん、小酒井先生のコメントもありがとうございます。

f:id:ict_in_education:20160907231825j:plain

 ぜひ、多くの方に見ていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

(為田)