教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

MMDLab「中高生の9割が勉強時にスマートフォンを活用する」(2017年12月18日)

 中高生の9割、スマホ使って勉強 「YouTubeで問題の解き方見る」 - ITmedia NEWSを読んだ。MMDLaboが12月18日に発表したのは、「中高生の9割が勉強時にスマートフォンを活用する」という、中高生の勉強時におけるスマートフォン利用実態
mmdlabo.jp

 オンライン学習塾「アオイゼミ」を利用する12~18歳の男女2721人を対象にインターネット調査を実施したものだそうです。

  • スマホを所有する中高生2275人のうち、学校がスマホの持ち込みを「許可している」と答えた中学生は14.5%、高校生は86.5%だった。
    • スマホ持ち込みを許可されている学生のうち、スマホで学校を使っている中学生は21.6%、高校生は64.1%だった。
    • 使用内容は「授業や勉強の分からないことを検索する」が中高生共に最多。
      • 中学生は「友達のノートを撮る」(19.8%)、「宿題など連絡事項をメモする」(17.3%)が続く。
      • 高校生は「休み時間にSNSをチェックする」(39.1%)、「黒板の写真を撮る」(37.4%)などが多い。
  • 学校外も含めると、9割以上の中高生が「勉強でスマホを使用している」と回答。
    • 使用内容で多かったのは「分からない問題や単語の検索」(中学生55.1%、高校生55.2%)で、「YouTubeなどで問題の解き方や授業を視聴」(同38.0%、37.2%)が続く。

中高生の9割、スマホ使って勉強 「YouTubeで問題の解き方見る」 - ITmedia NEWS

 スマホが中高生の生活の中にある程度、浸透している様子がわかります。これ、データを私立と公立に分けて出したらどんなふうになるのか、見てみたいなと思いました。
 とは言え、わからない問題や単語を検索したり、問題の解き方や授業の動画を視聴したりすることが、スマホタブレットで簡単にできるようになってきていて、それが広がっていっているように思える数字だと思いました。

www.itmedia.co.jp

(為田)