教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

Hack for Playで、ゲームを改造して遊びながら学ぶ

 先日読んだ『小学校の「プログラミング授業」実況中継 [教科別] 2020年から必修のプログラミング教育はこうなる』の本を読んでいて、Hack for Playが紹介されていました。「そういえば、これはやったことがないな」と思い、アクセスしてみました。
hackforplay.xyz

 アクセスしてみると、昔遊んだゲームのようなデザイン。「今すぐプレイ」を押してみます。
f:id:ict_in_education:20170729092607p:plain

 ゲームをプレイしている画面が出て、ゲームをクリアするために書かれているコードを書き直すようになっています。例えば、敵であるスライムが強すぎるから、数字を変えて弱くするとか、そうした形でコードを書くこと、プログラムをすることを学べるようになっています。
f:id:ict_in_education:20170729092610p:plain

 スライムの強さを「1」にして、ゲームを再開して、ステージクリア!みたいな感じになります。こうしてゲームを自分なりに改造(Hack)して遊びながら、プログラミングに親しむことができるのは、おもしろいと思いました。
f:id:ict_in_education:20170729092613p:plain

 また、ここからスタートして、「もっと最初から、自分でゲームを作りたい!」というふうに思う子どももいるかな、と思いました。

(為田)