教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

JAPET&CEC会員交流会 ICT CONNECT 21会員交流会 レポート No.6(2018年9月13日)

 2018年9月13日に、筑波大学東京キャンパス文京校舎にて開催された、一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)、一般社団法人 ICT CONNECT 21共催の「平成30年度 第2回 JAPET&CEC会員交流会 ICT CONNECT 21会員交流会」に参加しました。

f:id:ict_in_education:20181001104117j:plain

 経済産業省 サービス政策課長(兼)教育産業室長 浅野大介 氏による「学びと社会の連携促進事業 ―平成31年度概算要求―」のプレゼンテーションから、興味深かったところをメモしました。
 浅野さんの「学びと社会の連携促進事業」についてのプレゼンは、Adobe Education Forumのレポートで紹介していますので、補足的にこちらのページを読んでいただけるといいと思います。

 平成31年度の「学びと社会の連携促進事業」の概算要求額の紹介からスタートします。

  • 「学びと社会の連携促進事業」31年度概算要求額は18.4億円(新規)
    • 昨年度は5億円→補正予算25億円になった実績。昨年度の25億円にはリカレント教育なども入っていた。それらを外して考えれば、増額。
    • 今年度は18.4億円で概算要求。当初予算でつけていく。
    • 使われる先は、「未来の教室」プラットフォーム
    • 実証事業も始まっている。先日、二次公募を終えて、選考中。
    • 昨年度とやろうとすることはあまり変わっていない。
  • 事業イメージ
    • 革新的な能力開発技法(EdTech)の創出、導入ガイドライン策定
      • 就学前・初中等・高等・リカレントの各段階で活用できるEdTechの開発・実証、教育現場で活用する際の課題抽出・効果検証等
      • 教育EBPMやEdTech導入に必要なインフラ(ICT環境、学習履歴データ、指導スキル等)の充実に向けた自治体セキュリティルールの整理、ロードマップ策定・調達構造の課題抽出とガイドライン策定
      • 学びと社会の連携を支える「官民コンソーシアム」の形成・運営
    • 社会課題の発見・解決に向けた実践の場の創出
      • 社会課題を題材とした実践的能力開発プログラムの構築

 「未来の教室」プラットフォームでは、民間教育産業、学習塾、通信教育、教育現場にICTを入れている企業が連携して、イノベーションを起こしていくことを目指しています。民間=私教育だけではなく、当然そのなかに公教育も入ってきますし、浅野さんは「民間教育/公教育の垣根はとっていきたい。学びのあり方全体を変えていきたい。」と言います。
f:id:ict_in_education:20181001104126j:plain

 経済産業省との関係が深い、産業界については、就職するため、というだけではなく、既存の産業を壊して新しく作り直すような人材を作っていきたい、という言葉もありました。その中には、産業界=子どもたちの出口になるところ(就職するため、ではない)を壊して、新しく作り直すような人材を作っていきたいと思っている、と浅野さんは言います。

 2020年代、学校はどういう存在に変化するか、3つの機能を果たす場として学校像が描かれています。

2020年代、学校はどういう存在に変化するか

  • 「勉強」の場としての学校
    • 教科主義、系統主義の教育をしっかりやりましょう、という学校の役割はある。だが、そのやり方は変わっていくだろう。
    • 決められた時間、決められたメンバーと、一緒に授業を聴くというスタイルだけではないだろう。
    • EdTechは世界中で生まれている。テクノロジーが学びを変えていくのであれば、それが学校をどう変えていけるのか。
    • あれだけの時間をかけなければ、今の成果は生まれなかったのか?
    • ほとんどの子どもたちは、何のための勉強しているのかがわからない。
    • 勉強は筋トレ。筋トレの成果として、何の競技で活躍するのかがわからないのに筋トレを続けるのは違うだろう、ということ。
  • 「社会課題解決」の場としての学校
    • 未知の可能性(例えば「校則」)
    • 特別活動×EdTech
  • 「マイ・プロジェクト」の場としての学校
    • 世界に開かれた産学連携
    • EdTech(ファブ・ラーニング、オンライン会話など)
    • 社会的な課題でなくても、自分にとって大事な課題であるマイ・プロジェクトを解決する。質を高めるために学習の環境を作っていこうということ。

 マイ・プロジェクトと教科学習が行ったり来たりすることも紹介されています。

  • 「マイ・プロジェクト」は、人それぞれ。
    • スポーツも、音楽も、アートも
    • 地域や世界の社会課題も
  • 「教科学習」のやり方も、人それぞれ。
    • 理解のスピードの違い、つまづくポイントの違い
    • 「教材」や「先生」との相性
    • EdTechで個別最適化された学習環境をつくる。
  • マイ・プロジェクトにこそ時間を使うために、いわゆる「勉強」をどう効率的にするか。
    • 学びの生産性をあげよう、ということだと思っている。
    • 経産省は効率性ばかりか、と言われる。
  • プロジェクトと教科学習は行ったり来たりすること。教科学習が効率化されることで、マイ・プロジェクトの方に時間をかけられるようになる。

 最後に、「未来の教室」実証事業 第1次公募 採択事業が紹介されました。

「未来の教室」実証事業 第1次公募 採択事業紹介

  • 出会いのプログラム
    • 学研プラス
      • 日米連合。学研×MIT Music Blocks。
      • まだUIには改善の余地が大きい。
    • 一般社団法人国際STEM学習協会
      • ものづくり(FAB)×課題解決
      • 湘南学園中学校高等学校
    • 株式会社FIELD OF DREAMS
      • スポーツ×学び
      • タグラグビーをやってみて、「どうやったら勝てるんだろう?」と考えて、プログラミングに移動する。
      • 「どう動けばいいのか?」を碁盤を使って考えてから、またタグラグビーをやると、動きが変わる。
      • 「足が速くなるにはどうすればいいの?」というのを、理科や数学の観点を踏まえて考えるというのも入っている。
    • ライフイズテック株式会社
      • IT・プログラミング×社会課題
      • 福岡県飯塚市
      • プログラミングをプログラミングとして独立させない。なぜプログラミングをするのかというのを具体的にわからせるプログラムに。
  • 知のナビゲーター
    • 株式会社Z会
      • 日大三島高等学校・中学校の中学2年制を対象に実施。
      • 食から、食のバリューチェーンなど、いろいろな家庭科ができる。探究型の家庭科?
    • 特定非営利活動法人 TOKUSHIMA 雪花菜工房
      • 専門高校のPBLのSTEAMs化。
      • カンボジアの首都プノンペンの交通渋滞を解決しに行くプロジェクト。工学的、数学的な知識だけでなく、社会システムのさまざまな要素、

 浅野さんは「いろいろな×(かけざん)で成り立っている。付加価値を生み出そうとしている。今までやったことがない組み合わせ、学校と事業者、研究者と学校、そうしたいろいろな掛け算を、やっている大人がワクワクしている提案」とおっしゃっていましたが、まさにそのとおりだと思います。学校を外と繋げる第一歩ともなると思います。先生方が教室でどのようにEdTechを使い、教室をアップデートしていくのかを見ていきたいと思います。

 「未来の教室」のFacebookページでも、随時情報が発信されています。

 No.7に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)