教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

授業で使えるかも?:どう打ってもカップに入るゴルフボールは、日産の自動運転技術で実現

 テレビのワイドショーでやっていた、どんなパットを打っても必ず入るゴルフボール。4歳の少年がバンバン、パットを決めていく映像が映っていて、「どんな仕組みなのだろう?」と思っていたのですが、日産自動車が「プロパイロット2.0」の技術を、わかりやすく伝えるために作ったものだそうです。動画がありますので、ぜひ見てみるといいと思います。
www.youtube.com

 実際にボールがぐぐぐっと曲がるところとかがおもしろいです。
f:id:ict_in_education:20190905003842p:plain

 カーナビゲーションのシステムを使っていて、パットした場所をスタート地点として、カップをゴール地点とし、位置を測定しながら動かしているのでした。
f:id:ict_in_education:20190905003733p:plain

 調べてみると、CNET Japanでも記事が掲載されていました。この記事中にある言葉がとてもいいと思いました。

エンタメ性の高い動画の中に、自動運転を感じてもらうことで、正しい知識を広め、安全な自動運転で事故のないカーライフを楽しんでもらいたい(日産自動車 日本マーケティング本部ブランド&メディア戦略部の松村眞依子氏)


日産がゴルフボールに込めた安全への思い--自動運転技術をエンタメ動画でわかりやすく - CNET Japan

japan.cnet.com

 日産自動車のこのシリーズの動画には、座っていると勝手に行列が進んでいく「プロパイロットチェア」や、自動駐車技術を搭載したスリッパの動画などもあります。
youtu.be

youtu.be

 テクノロジーを身近に感じるためにもいいと思いますし、IoTやプログラミング教育などの入り口としても使える動画ではないかな、と思いました。

(為田)