教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

書籍ご紹介:『はじめてのニュース・リテラシー』

 白戸圭一さんの『はじめてのニュース・リテラシー』を読みました。フェイクニュースやデマなどに踊らされないように、「情報を得る力」は重要になると思っています。そのなかの「ニュースを読む力」として、タイトルになっている「ニュース・リテラシー」について学ぼうと思って読みました。気になったところのメモを公開したいと思います。

 デマによる被害などについて、この本のなかではインフォデミックについて紹介がされていました。

読者は既に気付いていると思うが、現代社会には情報が溢れているにもかかわらず、「メディア」「ジャーナリズム」「情報」といったことに関する基礎的な知識と認識は、あまり共有されておらず、学校での体系的な教育もされていないのである。マスメディアやSNSの特質、欠点、利点は何なのか。そこでの情報の生産、流通活動はどのように展開しているのか。目の前の情報をどのように評価すべきなのか。(p.48)

 SNSなどでの匿名発信についても内田樹さんの『街場のメディア論』からの引用も含めて、以下のように書かれていました。学校でSNSやインターネット上でのコミュニケーションやコラボレーションを体感するのは、実名で比較的やりやすいと思っているのですが、学校という場を出て、広いインターネットの世界に出たときにどんなことがあるのかというのを伝えるのも大事だな、と思いました。

何らかの主張や意見や感想を発する場合、やはり実名で発言することは極めて重要であると思う。評論家の内田樹氏は、インターネット空間に匿名の発言が溢れ返っている状況について、次のように述べている。

僕はそれをたいへん危険なことだと思います。攻撃的な言葉が標的にされた人を傷つけるからだけでなく、そのような言葉は、発信している人自身を損なうからです。だって、その人は「私が存在しなくなっても誰も困らない」ということを堂々と公言しているからです。「私は個体識別できない人間であり、いくらでも代替者がいる人間である」というのは「だから、私は存在する必要のない人間である」という結論をコロラリー(必然・筆者注)として導いてしまう。
内田樹『街場のメディア論』光文社新書・2010年)

匿名の発言は「発言に最終的に責任を取る人間がいない言葉」であり、内田氏の言葉を借りれば「誰でも言いそうな言葉」「個体識別できない」発言である。そうした無責任な匿名発言が氾濫した結果、「言葉」はどこまでも軽くなり、思考の論理は破綻し、自らの事実誤認を自覚できない者が無実の人を誹謗中傷し、インフォデミックが発生しているのである。(p.82-84)

 また、ネットニュースについても、他の新聞やテレビなどとあわせて、メディアの特質の違いが書かれていました。こういうのを体験できるようなカリキュラムも作れるかもしれないな、と思います。

各メディアの特質を理解すると、読者・視聴者としてのメディアの賢明な利用の仕方が見えてくる。賢明な情報ユーザーは、まずはテレビや新聞のインターネット版で短いストレートニュースを視聴し、ある出来事の発生を知る。次に新聞で出来事の詳細を深く知り、その後、週刊誌で出来事の背景や内幕を読む。それでも飽き足らない人は月刊誌、さらには単行本へと進み、問題への理解を深めていく。(p.131)

一般に人間は、メディアが報道するニュースの中身に注目するのであって、自分が見ているメディアの特性についてはほとんど意識していない。テレビでニュース番組を視聴する時には、放映されている内容こそが視聴者の関心の対象であり、テレビがどのように視聴者にニュースを見せるメディアなのかについて、いちいち注意を払いながら画面を視ている人はほとんどいないだろう。(略)
視覚を通して入ってくる強い刺激や印象は、しばしば論理的な思考に優越する。テレビというメディアは、人間のそうした習性に働きかけてくるものなので、結果的にテレビの視聴者は冷静な議論や論理的思考よりも、知らず知らずのうちに印象や気分で物事を判断してしまうことになりがちである。そして、印象や気分で物事を直感的に判断する視聴者が増えると、冷静な議論や熟慮とは無縁な形で世論が形成され、その世論が国政を左右する事態が起きる。(p.136-p.137)

 SNSを使えば自分にあうユーザーしかフォローしなくなり、意見のあわない人はミュートすれば見えなくなるし、お互いの交流を断つこともできます。
 ネットニュースは見れば見るほど「あなたはこの記事も好きでしょう?」と次に読むべきものが自動でレコメンド(推奨)されてきて、そればかり読んでいると、自分とは違う意見を目にしなくなってきます。
 これは、テレビを見ていれば自分の趣味でないコンテンツも否応なく目にする機会がある、というのとはまた違って、危ないことだと思っています。便利だけど、だからこそ知らないうちに陥ってしまうかもしれない危険だと思います。

人は誰でも、自分と同じ価値観の持ち主と交流すれば快適であり、反対に激しく反論されれば気分が悪いので、ネット空間では自分と似た価値観を持つSNSユーザーを選んでフォローする。原発反対派は原発反対派ばかり、韓国が嫌いな中高年は嫌韓派ばかりとつながる。それは自然なことだが、こういう似た者同士が集う空間では、自分がSNSで意見を発信しても、自分と似た意見ばかりが返ってくる。このように同じ意見ばかりが返ってくる現象を、閉鎖された小部屋で音が反響する物理現象に例えて「エコーチェンバー」という。(p.174)

 「おわりに」のなかで、白戸さんが「情報との望ましい付き合い方に向けた手がかり」ということを書かれているのですが、これもまさに子どもたちに伝えていかなければならない、情報活用能力の一部だと思いました。

(為田)

Teacher持ち込みレコメン #06 サイト「はじめての Google Workspace」(私立高校 ロカルノ先生より)

 私立高校に勤務されていて、ブログ「ならずものになろう」を書かれているロカルノ先生からの持ち込みレコメンを紹介します。オススメいただいたのは、サイト「はじめての Google Workspace」です。

teachercenter.withgoogle.com

f:id:ict_in_education:20210603213154p:plain

 ロカルノ先生からは、「GIGAスクールが始まったけど、使い方が分からないで上手く出来なそうで怖いと思っている人」にオススメです、と言うロカルノ先生からは、以下のようなオススメメッセージをいただきました。

8週間にわたって毎週火曜日にGoogleのアプリについての15分程度のレクチャーが届き、スモールステップで使い方を勉強できます。動画付きのレクチャーなので、コツコツと今から続ければ二学期には授業で使えるようになるはずです!

◆ ◆ ◆

 「Teacher持ち込みレコメン」の第6回は、Googleのアプリについて少しずつ勉強できるサイト「はじめての Google Workspace」でした。

 次回のレコメンも、お楽しみに!

「Teacher 持ち込みレコメン」は、先生の生の言葉で、「他の先生方へオススメ(レコメンド)したい」と思う、本、サイト、アプリなどを登録していただき、ブログのエントリーとして発信して共有化していくコンテンツです。ご協力いただける方は、注意事項をお読みいただき、登録フォームよりご投稿をお願いします。

(為田)

授業設計で使えるかも:情報活用能力 #東京モデル

 「とうきょうの情報教育」情報教育ポータルのサイトで、「情報活用能力 #東京モデル」が公開されています。
f:id:ict_in_education:20210513170924p:plain

 「情報活用能力を計画的に育成する」と書かれていて、「基本的操作分野」「情報活用分野」「プログラミング分野」「情報モラル・セキュリティ分野」のそれぞれにおいて、5段階のステップ図が書かれているのと、その下にはより詳細な項目を整理したものも公開されています。
 こうしたステップごとの図やマトリクスは、「これが絶対に正解」というものではありませんが、実際に自分の学校やクラスで、子どもたちはどれくらいのところまでできているだろうか、どのあたりまで説明をしているだろうか、ということをマークしていくと、ひとつの指標にはなるのではないかと思います。その後で、オリジナルでステップごとの図やマトリクスを作ってみるといいかな、と思いました。

 僕も自分で教えている授業もあるので、ちょっと学年ごとにどれくらいまでやれているかをマークしてみて、研究しようと思います。それが授業設計にも良いフィードバックになると思います。楽しみ。
infoedu.metro.tokyo.lg.jp

(為田)

スマートに学べる問題集「リブリー(Libry)」を提供する株式会社Libry CEO後藤匠さん インタビュー No.7(2021年3月22日)

 スマートに学べる問題集Libry(リブリー)を提供する株式会社Libryが、「2022年春、学習者用デジタル教科書機能をリリース!~「生きる力」を育むデジタル教材プラットフォームへ!~」というリリースを出しました。リブリーが、学習者用デジタル教科書の本格的な普及に向けた2022年春に学習者用デジタル教科書機能リリースについて、CEOの後藤匠さんにインタビューをしてきました。

学習者用デジタル教科書のプラットフォームとしてのリブリー

 「リブリーが学習者用デジタル教科書機能のプラットフォームとなる」とは、どういうことなのか、具体的にイメージがわきにくい部分もあると思うので、後藤さんから聴いた情報を以下のようにまとめてみました。

  • 各教科書会社がデジタル教科書を出す。検定は従来どおり、各教科書会社が通す。
  • デジタル教科書の中身については、教科書と同一の内容が求められているので、教科書会社が作る。
  • デジタル教科書のプラットフォームとしてリブリーが技術を提供するので、学習者に提供されるアプリはリブリーになる。
  • 子どもたちは、学習者用の端末でリブリーのアプリを起動すると、自分の学校で使っている教科書のなかでリブリーと提携している教科書が、リブリーのコンテンツとして並ぶ。
  • 学校で使っている副教材がリブリーに入っていれば、副教材もリブリーのアプリ上で、デジタル教科書と並んで本棚に表示される。
  • デジタル教科書とは、「教科書紙面と同一の内容をデジタル化したものであり、それにデジタルによっていろいろな便利な機能がついたもの」なので、リンクなどは教材部分として扱える。そのため、数学のデジタル教科書の問題をリブリーで解いて、そこからリブリーが提携している他の問題集の類題がレコメンドされる、などは実現される。

 リブリーに載せるにあたって、デジタル教科書にリブリー側でどれくらい手を加えるのか、質問してみました。

後藤さん リブリーは問題のレコメンドなどは全部タグを用いて行っているので、デジタル教科書対応になるからといって、そこはあまり変わらないです。

これまでのリブリーと違う点としては、いままでは問題にしかタグがついていませんでしたが、ページにタグをつけるようになります。そうすると、「このページを読んでいるあなたは、いま何の知識について勉強しています」というのがわかるようになります。そして、そこから外部のコンテンツやページなどへ飛べるようになります。
ただ、それは、教科書のページに無理やり「ここからあの資料集のあそこへ飛ぶ」とわざわざリンクを埋め込んでいるわけではなくて、あくまでも「このページではこういうことを勉強しています」という情報をタグで付加するだけになります。これは今までのリブリーの「この問題には、こういう学習要素がついています」とタグをつけていたのと同じです。

問題だけでなく、ページにもタグをつけることになるので、ページからもタグを媒介していろいろなものに繋がっていけるし、問題にもタグがついているので、問題から他の問題集の問題などにも繋がっていけるようになっていきます。

これらの機能を通じて、「問題演習からの学びの広がり」でなく、「書籍閲覧からの学びの広がり」がとても強くなります。

それにより「このページを読んでいるということは、あなたはこれを学んでいる」「この問題を解いているということは、あなたはこれをしている」という情報をリブリーはもつようになります。ここから、「あなたはいまこれを学んでいるから、この知識と繋げましょうよ」と提案してあげる、ということが教科書ビューアーとしての標準機能として搭載されることになります。

f:id:ict_in_education:20210525104101p:plain

 教科書のページから、資料集へ繋がったり、問題へ繋がったり、いろいろな方法がイメージできます。どのような内容が繋げられていくのかも訊いてみました。

後藤さん 図版であるとか、用語集とか、公式集とかを考えています。英語だったら、教科書で習う文法のページが、文法書に繋がったりすれば、理解のしやすさは違ってくると思います。グラマーの教材で勉強している内容と、文法書で書かれている内容が繋がることで、並列というよりは、補完する情報に飛んでいけるという感じですね。

 もちろん、同じ学習目標だけど違う数字や違う文脈で出された練習問題を解くこともできるようになります。リブリーで読めるデジタル教科書であれば、副教材や問題集もリブリーで使えば、シームレスに繋がっていくということが実現できるようになります。

後藤さん これで、資料集などの読み物系のコンテンツもデジタルの力を使って、より効果的に使えるようになります。デジタル教科書の各ページのページ閲覧ログは取得しているので、どういう知識をどれくらいのページの滞在時間で勉強しているのかということをリブリーはわかるようになり、さらに各問題の正誤結果ログもわかり、宿題の結果もわかるようになります。
そうした学習履歴を使って、この子はどの単元、どの知識にどれくらいの時間向き合っていて、実際にできている/できていない、というログがたまってきます。

それらの学習履歴に基づいて、教科書にとどまらないもっと広い世界、ウェブや本や資料集や教科書や動画コンテンツ、YouTube…といったいろんな情報にすぐアクセスできるようにしたいんです。
そんな感じでどんどん教科書を起点にして、世界中のいろんな情報に繋げていきたいですね。

 教科書を起点として、そこから「これも見てみたら?」「この問題を解いてみたら?」とリブリーがどんどん次の情報を繋いでくれて、その情報を学習者が自分で選んで先に進んでいく、という学びの形が後藤さんの話を聴くなかで明確にイメージができるようになったと思います。
 教科書は、誰もが、何かを学ぶときに最初に読む本です。その意味合いは本当に大きいと思います。教科書で知って、そこからこれを読んだとか、これを見てみた、というのが発生します。
 さまざまな情報にアクセスできるが、たくさんある情報群に最初に入っていくきっかけががない人が多いと思うので、その起点の役割を教科書が担って、リブリーがテクノロジーによって、学びを外に拡げていく、というのはとてもいいと思います。

 後藤さん、長時間のインタビュー、どうもありがとうございました。

(為田)

先生方へ:「Teacher 持ち込みレコメン」にご協力のお願い

 いつも教育ICTリサーチブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 4年前に、先生方から「これ、いいよ!」といろいろなものを教えていただく「Teacher 持ち込みレコメン」というコーナーを立ち上げました。5人の先生にレコメンをいただいたのですが、あれから4年が経ち、「こういうのもある」と新しくまたレコメンドをいただければなと思っています。
f:id:ict_in_education:20170717080122p:plain


 先生が「他の先生方へオススメ(レコメンド)したい」と思う、本、サイト、アプリなどを登録していただき、ブログのエントリーとして発信して共有化していきたいと思います。

  • 先生にオススメしたい本、サイト、アプリなどを以下のフォームからご登録ください。ICTに関連ないものでもけっこうです。
  • オススメしていただくものは、「私はこれが好きだ」「使ってみたら、授業がこんなふうだった」など、先生個人の体験に根ざしたものの方がありがたいです。
  • ペンネームでの登録もOKです。
  • 登録していただいた内容をもとに、為田が原稿化し、原稿は公開前にご確認いただけます。
  • 原稿料などは出せないのですが、ご容赦ください。

 GIGAスクール構想の推進を進めているなか、先生方の知見を共有していくことができればと思っています。ご協力いただければ幸いです。
goo.gl


(為田)

スマートに学べる問題集「リブリー(Libry)」を提供する株式会社Libry CEO後藤匠さん インタビュー No.6(2021年3月22日)

 スマートに学べる問題集Libry(リブリー)を提供する株式会社Libryが、「2022年春、学習者用デジタル教科書機能をリリース!~「生きる力」を育むデジタル教材プラットフォームへ!~」というリリースを出しました。リブリーが、学習者用デジタル教科書の本格的な普及に向けた2022年春に学習者用デジタル教科書機能リリースについて、CEOの後藤匠さんにインタビューをしてきました。

アダプティブラーニングで気をつけるべきところ

 個別最適化した学びで知識・技能を習得していくというのは、EdTechとしては多くのサービスで実現されつつあるところです。また、学校の先生方にも「学びの個別最適化」というキーワードは浸透しつつあると思っています。ただ、すべてがシステムで提示されていく通りに学んでいくだけになってしまってはいけない、という危機感も、後藤さんは語っていました。EdTechが入って、学校の先生の仕事がなくなるというのではなく、むしろ先生の子どもたちとの関わり方がより重要になっていくと思います。

後藤さん 教育においてテクノロジーは主役ではないので、テクノロジーは教育にどこまで介入すべきかと考えることは、とても大事なことだと考えています。
先日、社内のメンバーでオンラインで集まって、「学習履歴データに基づいたレコメンドがマインドコントロールになってしまわないか」というテーマでディスカッションをしました。
学習ログなどから子どもたちの特性を把握できるようになり、「あなたにはこれが向いています」とレコメンドしたとします。子どもたちがその結果を見て「私にはこれが向いていて、これは向いていないんだ」という固定観念に囚われてしまったら、良かれと思って行ったレコメンドがキャリアを広げるどころか狭めてしまうかもしれない、という話をしたんです。

どこまでが支援で、どこまで行ったらやりすぎなのかを喧々諤々議論しました。その時の議論では「あなたはこれが向いている」と断定はせずに、あくまでも「選択肢を提示する」までにするんだろうな、という話になりました。その結論はとてもリブリーらしかったんです。いまのリブリーで、問題を解いたあとに、類似問題が出るのですが、リブリーは「次はこれを解きなさい」とするのではなくて、複数の類似問題を提示して、「どの問題をやる?」と問いかけるんです。その感覚と同じです。

f:id:ict_in_education:20210525103625p:plain

学習において、主人公は子どもたちなので、子どもたちに「与える」のではなくて、子どもたちに「自分で手に取らせる」というスタンスであるべきだと思っています。そのために、わかりやすく手が届くところに情報を置いてあげたいんです。自分で手を伸ばして獲得した情報は、子どもたちが得た情報で、それには価値があると思っています。
ベルトコンベア式にどんどん情報が運ばれてきて、目隠しして口を開けていれば情報が流れ込んでくるというのはリブリーらしくありません。

そういうやり方を否定するわけではありませんが、僕らが作りたい世界観は、そういう世界観ではありません。もっと自由で自律的な世界観を作りたい。
手が届かないと思っていたり、それがあることに気づかなかったりして、キラキラしたものを見過ごしていた子たちに、「手にとってみたら?」と問いかけてあげるような温度感を目指したいんです。

「まず第一段階としてオートパイロットにして、自己肯定感を高める、というところから始めてもいいのでは?」と言う先生もいます。それでも、何もないよりはいいと思うんですが、オートパイロットでやらせてしまってそこでよしとしてしまわないようにしないといけないと思っています。アダプティブラーニングでも、ゲーミフィケーションでも、最終的に子どもたちが未来や自分に自信や期待をもちながら、力強く幸福に生きられるか、が重要なポイントですよね。

 2019年12月に、日本教育工学会 SIG-04「教育の情報化」主催のワークショップ「ICT?EdTech?テクノロジーは子どもの学びをどこまで支援できるのか?」にリブリーが参加していたときに、研究者の先生から「アダプティブラーニングでどんどん問題が出されていくときに、学習者の意思はあるのか?」という質問があったのを思い出しました。
blog.ict-in-education.jp

後藤さん まさにそうですよね。リブリーは、これまで同様、知識習得はしっかりやっていきます。いま自分が何ができて何ができないのかを理解できるようにし、目標としている学力に対して、速くキャッチアップできる手助けをする、そこはどんどんやっていきます。
また、リブリーはQRコードへの連携をすることで、動画コンテンツへの対応もやっていくので、テキストだけではわからなかったものが、マルチメディアをもとに、より理解を助けられるようにします。知識習得を支援していくということを重要だと思っているし、そこに対しては労力・リソースを割いていくことにはなると思います。

でもやはり、そこだけではないんです。もし、知識習得支援だけなってしまったら、日本の教育の目標は達成しえません。両輪が必要です。

 No.7に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

書籍ご紹介:『自在化身体論 超感覚・超身体・変身・分身・合体が織りなす人類の未来』

 稲見昌彦先生らが取り組んでいる稲見自在化身体プロジェクトに関わっている先生方によって研究成果が紹介されている、『自在化身体論 超感覚・超身体・変身・分身・合体が織りなす人類の未来』を読みました。

 全部で稲見先生を含めて8人の研究者の先生方が、「変身・分身・合体まで」「身体の束縛から人を解放したい」「拡張身体の内部表現を通して脳に潜む謎を暴きたい」「自在化身体は第4世代ロボット」「今役立つロボットで自在化を促す」「バーチャル環境を活用した身体自在化とその限界を探る」「柔軟な人間と機械との融合」「情報的身体変工としての自在化技術」という8章を執筆しています。
 章タイトルだけを見ると、難しそう…という感じもしますが、それぞれに想像もしていなかったテクノロジーの話、研究の話が出ていて、視界が広がるように思います。

 学校で使っているICTと直接関わる感じはしませんが、「デジタルが子どもたちの人生にどう関わってくるのか」ということを知ることは、日々の授業にも関係することだと僕は思っています。「はじめに」のなかで稲見先生は、テクノロジーと身体の関係について書いています。

これらの産業の興隆を総括すると、人々を「脱身体化」する動きだったといえます。もともと人間の肉体が担っていた労働を機械に置き換えていくことが、工業化のそもそもの目的でした。数々の機械の登場は、身体を酷使する苦役から人間を解放しました。さらには20世紀後半に台頭した情報通信技術が、人々の思考やコミュニケーションを肉体の制約から切り離します。新型コロナウイルスの蔓延に情報技術の進歩が間に合ったからこそ、場所や時間を問わない働き方が普通になったともいえます。
ただし今回のパンデミックは、行き過ぎた脱肉体化の弊害も浮き彫りにしました。一日中部屋にこもって仕事をする閉塞感は、ネットを介した触れ合いがあっても、時として人の心を蝕みます。友人との飲み会がZoom経由だけではやっぱり味気ありません。たまには顔を突き合わせ、直接会いたくなるのが人間です。人の心は肉体と不可分であり、身体を置き去りにした情報通信技術のままでは、個人や社会の存在の根幹に不協和音を響かせかねません。
それでも時計の針は逆には戻りませんし、戻す必要もないでしょう。脱肉体化の100年を経た我々は、情報通信技術が日常の隅々まで根を張った時代に、どのような身体がふさわしいのかを見いだすことで、困難を乗り越えられるはずです。(p.iv)

 書名にもある「自在化」はキーワードだと稲見先生は「はじめに」のなかで書いています。

プロジェクト名にある「自在化身体」が、我々が考えるこれからの身体像です。高度に情報化された日常の先に人々が見出す新しい身体は、生まれもつ自身の肉体だけに限りません。我が意のままに振る舞うロボットや、情報通信が織り成すバーチャル世界のアバター。あるときは複数の身体のチームを同時に操り、別の場面では大勢の仲間と1つの身体をシェアする。人々は物理空間とバーチャル空間を縦横無尽に行き来しながら、幾多の身体を自らのものとして自由自在に使い分けることが可能になるのです。(p.v)

 稲見先生が率いる「稲見自在化身体プロジェクト」のなかの、「PROJECT」のページを見ると、さまざまな研究を垣間見ることができます。
www.jst.go.jp

 本のなかにも出てくる「MetaLimbs」の動画を見ることができました。こうして動画でも見ることができるといいですね。英語でのナレーションですが、どんなプロジェクトなのか、教室で子どもたちに見せても伝わりそうです。

www.youtube.com

 こうした最先端の研究を見て興味をもち、その一部でもいいから自分でプログラミングで再現してみたいと思ったり、アイデアを自分で膨らませてみたり、というふうにプロジェクト学習につながっていくこともあるのではないかと思います。

 最近、テクノロジーによる能力の「拡張」ということについて考えているのですが、その先にあるかもしれないものとして、「自在化」というキーワードを教えてくれた本でした。

(為田)