教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

聖徳学園中学・高等学校 授業レポート No.2(2022年5月27日)

 2022年5月27日に、聖徳学園中学・高等学校を訪問し、品田健 先生が担当している高校1年3組のSTEAMの授業を参観させていただきました。このクラスは、聖徳学園中学校からの内部進学のクラスで、生徒たちの一人1台のiPadの利用は4年目となるので、高校1年生への進級時にはiPadを原則買い替え(Apple Pencilは必須で、キーボードとカバーは自分で自由に選べる)となっているそうです。

 品田先生は、生徒たちが教室に入ってくる前に、教室のモニターに「STEAM」と書かれたタイトルを表示し、音楽をかけていました。こうした学びの場としての教室環境作りも、「いつもの授業と少し違う」と生徒たちのマインドを変えることに効果があるかもしれないと思いました。

 授業の最初に、Boston DynamicsのロボットSpotの動画「No Time to Dance | Boston Dynamics」を見ました。「Spotは1台800万円します。これは高いか?安いか?人を雇うのと比べてどうか?」「何のために、この動画は作られたのか?」と、品田先生は生徒たちに次々と問いを投げかけます。
 生徒たちが考えているときに、品田先生は、「情報には、必ず送り手側の意図があります」と言い、これを考えるように伝えていました。こうした動画などの素材を使いながら、情報に込められた送り手側の意図をみんなで考えていく活動はおもしろいなと感じました。
www.youtube.com

 今回の授業では、自分自身を表現するロゴマークを作ります。前回の授業では自分自身を表現するサウンドロゴ(ジングル)をGarageBandで作曲しています。最初に、品田先生が自分で作った自分のロゴマークをサンプルとして生徒たちに見せていました。

 その後で、Adobe Expressを起動して、自分の好きなテンプレートを選び、どうしたら自分自身のイメージを伝えることができるのか、文字を変えたり色を変えたりしながら、リミックスしていきます。

 この時点で、品田先生は「細かい使い方は、YouTubeの「Adobe Express」チャンネルでわかります」と言い、授業で説明しない応用的な操作方法をどこで見られるかを生徒たちに伝えていました。
 どんなロゴを作りたいのかによって、必要となるスキルも違ってきます。すべての機能について授業中に説明をしても使わない人もいるし、説明が煩雑になってしまいますので、こうして外部の素材を必要な生徒が参照できるように紹介するのはいいことだと思います。
www.youtube.com

 品田先生は、Adobe Expressの操作画面のスクリーンショットを撮っておいて、そこに注を書き足した説明用のスライドを用意してモニターに映していました。こうすることで、口頭だけでの操作方法ではなく、画面のどこにあるボタンを押すのか、ということを視覚的に生徒たちは確認することができます。口頭の説明だけだと、どうしても作業に没頭しているときに聞き逃したりすることもあると思いますので、こうした一工夫で、先生が何度も繰り返し説明をしなければいけない、ということがなくなると思います。

 生徒たちは、どんどんロゴマークを作っていきます。テンプレートをそのまま使うだけでなく、他のアプリを使ってイラストを描いて、それをAdobe Expressに読み込む生徒もいました。
 制作している様子も、完全に1人で個人制作する生徒もいれば、「どんな?見せて見せて」「すげーよくね?」「かっこいいけど、お前っぽくないわ」というふうに隣の人と話し合ったり見せ合ったりしながら作る生徒もいました。こうして、お互いに見せ合う楽しさがあることが、同じ教室で学ぶことの良さだと感じます。

 作成したロゴマークは、Googleフォームを使って提出してもらっていました。生徒から、「提出したあと、上乗せできますか?」という質問がありましたが、品田先生は「回答を1回に制限していないからできます」と答えていました。複数回提出した生徒の作品は、最新のものを評価することになるそうです。こうして「何度も提出して大丈夫」という制作の文化がすでにできていることを感じさせられるやりとりでした。

(為田)

書籍ご紹介:『すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術』

 倉下忠憲さんの『すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術』を読みました。小中学生が持つようになった一人1台の情報端末を、ノートのように使いこなせるようになる学びの様子を僕は一つのモデルとして頭に思い描いています。だからこそ、「ノート」がどんな役に立つのかに関心があるのです。

 僕は、ミーティングの記録も、読書の記録も、デジタルで管理をしていますが、それも「ノート」だと思っています。紙のノートは、使っている手帳にちょいちょいメモをしたりするくらいです。あとは、アイデアを出すときには裏紙にメモとして書いて、用が済んだら捨ててしまいます。そんなノートの使い方をしている自分にとって、「もっと良い使い方はないかな」と思って、この本を読みました。
 最初に、ノートのメリットが書かれていました。

ノートという道具のメリットは何でしょうか。
具体的な効能についてはこれからの章で明らかにしていくとして、最初に大切なことを述べておくと、記録が私たちの記憶と補完的な関係にある点が重要です。別の言い方をすれば、記憶とは違った機能を持っているからこそ、両者は調和を持って機能します。
もし、二つが同じ機能を持っているなら、長所がますます伸びる反面、短所はまったく改善されないばかりかより強化されてしまうでしょう。しかし、記憶と記録の関係はそうなってはいません。足りない機能を補い合う関係にあるのです。この点は、きわめて重要です。
ノートは、脳と同じように使わなくても構いません。むしろ、異なることを意識して使った方がお互いの良さが発揮されます。脳は、直感的判断やパターン認識に優れています。それを否定する必要もありませんし、ノートにそれを求めても仕方がありません。ノートは、脳とは違った情報保持の仕方があり、提示の仕方があることが両者の関係を理解する上で重要なのです。つまり、脳は脳として使い、ノートはノートとして使っていく。それが大切な理解の第一歩です。(p.36-37)

 この部分では、脳とノートを比較しながらノートのメリットを書いているのですが、ノートは「脳と同じように使わなくても構いません」というところや、「脳は脳として使い、ノートはノートとして使っていく」というところでは、学びの方法で「デジタルはデジタルとして、アナログはアナログとして使っていく」というのと同じだな、と思いながら読みました。

 最初に書いたとおり、僕は現状ほとんどの「ノートをとる」という行為をデジタルでしていますが、デジタルかアナログかに関わらず第2章のまとめに書かれていた「ノートの良さ」は、とても納得がいきました。この使い方ならば、デジタルでノートを書くことでも同じように子どもたちの良き道具になるな、と道筋が見えるような気がしました(それも、中学生、高校生と年齢が上がるごとに強力なような気がします)。

まず大切なのは頭の中だけで考えないことです。書くことを通して、つまり記録を残すことを通して考えることで、自分の思考領域をより広く使えるようになります。また書き留めた記録は、その後にも利用可能になります。計画の修正も、再検討も、リスタートも、記録というデータがあってこそです。
こうした使い方が、ノートの基本的な使い方となります。頭を整理すること、書き出すこと、思い出させること、思い出すこと、見返すこと、そのためにノートという道具を使うこと。これがノーティングのコアであり、ノーティストの基本姿勢です。
これを別の言い方にすれば、「少しだけ冷静になること」です。冷静になるとは、脳の二つのシステムの新しい方の回路をより強く発揮させることであり、意志力や理性と呼べる力を強めることを意味します。瞬間的な判断は直感的であり、脳の古い方の回路が強く発揮されてしまっているので、それを抑えるわけです。日常的な行動は習慣的であり、古い方の回路だけでも問題はないでしょうが、何か新しいことをはじめる場合は、それだけではバランスが欠けています。だからこそ、新しい回路の力を強く発揮させるのです。
そのために、ノートを書く時間を作り、ノートという考える場所、思考力を発揮させる場所を持ちましょう。たったこれだけのことであっても、人間の思考力は強化されます。あるいは、思考する回路がより強く働くようになると言えばよいでしょうか。考えるための場所を作り、その場所で「考える」を行うこと。その記録を残していくこと。それがリマインダーや「ぼうけんのしょ」となって、頭とやる気をうまく使う方法を提供してくれます。そして、失敗や挫折があっても、それを乗り越え、経験として活かすための術を手にすることができます。それがノート(記録)の力であり、人類がこれまでの歴史を通して行ってきたことでもあります。ノートを使うことで、同じことを個人レベルにおいても発揮させられるのです。(p.98-99)

 この本では、第3章から第7章までで、5つのノートの使い方が紹介されています。

  • 第3章 進めるために書く 管理のノート
  • 第4章 考えるために書く 思考のノート
  • 第5章 読むために書く 読書のノート
  • 第6章 伝えるために書く 共有のノート
  • 第7章 未来のために書く ビジョンのノート

 僕自身は、この本も含めて、読書の記録をデジタルで残しているのですが、読書の記録をノートに書いていく方法を磨くために、「第5章 読むために書く 読書のノート」が大変参考になりました。

私たちは「考え」なければ、習慣的な自分から抜け出ることができません。逆に言えば、「考える」とは習慣的な自分からの逸脱を、つまり他人になることを意味します。本を読むことで他人の「考え」を体験し、ノートを使いながらその「考え」に自分の思考をぶつけていけば、私たちは「自分」でない自分へと変身していけるようになります。
本を読み、「考え」を仕入れ、それを使って自分から抜け出す=他人になれることは、たとえ真の超能力ではなくても、不思議な力だと言えます。情報を「インプット」して賢くなる、といったものとはまったく別様の力が働いているのです。
そして、より大きく習慣的な自分から逸脱するためには、「考える」のバリエーションを増やすことが必要です。(p.182-183)

 読書の記録をデジタルで残しているからこそ、「考える」ときの素材にできているようにも思います。「考える」ことへ繋げるためにノートを使っていきたいな、と改めて思いました。

 上にある5つのノートの使い方から、自分にあったものを身につけられれば、ノートは子どもたちにとっての大きな武器になると思います。どう一人1台の情報端末と「ノート」を組み合わせていくのか、考える良い機会になった本でした。

(為田)

聖徳学園中学・高等学校 授業レポート No.1(2022年5月27日)

 2022年5月27日に聖徳学園中学・高等学校を訪問し、ドゥラゴ英理花 先生が担当している高校1年8組のデータサイエンスの基礎講習の授業を参観させていただきました。高校から聖徳学園に入学した生徒たちのクラスで、一人1台のiPadを使っています。
 身近なデータとして「自分の1日の生活」をJamboardに書き出して分析をしていて、分析結果から課題を導き出し、それをプレゼンテーションするという授業です。

 ドゥラゴ先生は授業の最初に「データを分析するのに大事なのは、一人よがりにならないこと、偏見、先入観を持たずに分析すること」と言い、サバンナと大都会が写った2枚の写真を見せて、生徒たちに「この写真は、どこの国でしょう?」と問いかけました。
 正解は、サバンナの写真も大都会の写真もどちらもケニアの写真でした。驚く生徒たちに「偏見、先入観を私たちは植え付けられています。こういう写真も、データのひとつです。写真を見るときにも、先入観を持ってしまうのです」とドゥラゴ先生は伝えていました。
 データを分析する作業をするときに、「先入観や偏見を持たずに事実だけを見なければいけない」というのは、とても大切なことです。ケニアの2枚の写真を使って、知らずに持ってしまっている先入観を実感してもらえるのはとてもいいと思いました。

 次に、「自分の1日の生活」を分析してプレゼンテーションするための準備として、NHK「プロのプロセス プレゼンテーションのしかた」という10分ほどの動画をみんなで見ました。
www2.nhk.or.jp

 動画を見始める前にQRコードを使ってGoogleフォームにアクセスして、動画のなかで紹介されているプレゼンテーションのまとめ方(「PREP」と「TAPS」)を一人ずつ入力してもらいます。
 iPad上のキーボードを利用している生徒も、外付けのキーボードを利用している生徒も、Apple Pencilを使ってScribbleで文字入力をしている生徒もいました。Googleフォームに情報をまとめるために、iPadのカメラでモニターを撮影する生徒もいました。こうして、さまざまな方法で情報を得て、まとめていくための道具としてiPadを活用していました。

 Googleフォームへ入力するのは、ポイントだけではありません。ドゥラゴ先生は「わからないこと、疑問に思ったことも、そのままGoogleフォームに書いてください。このフォームは、ふりかえり用であり、それで評価が下がることはありません。ふりかえりに自分で使うことが大切です」と言っていました。
 わからないことや疑問に思ったことも合わせてGoogleフォームに書いてもらうことで、先生も生徒たちの理解度がわかりますし、書いてもらった疑問点については後日フォローすることもできます。こうして授業をインタラクティブにできるのも、ICTを活用する良さです。

 プレゼンテーションのポイントをまとめた後は、プレゼンテーションの準備へと進みます。「プレゼン、やったことある?」とドゥラゴ先生が訊くと、半分弱の生徒が手を挙げていました。この授業ではiPadにインストールされているKeynoteを使って、みんなで同じ方法でプレゼンテーションを作っていきました。

 非常に印象的だったのは、データの分析について、ドゥラゴ先生が、「データを分析するときには、自分の意見は入れないでね。分析は、事実をそのままに出す。私情、感情を入れない」と言っていたことです。分析をするときに、つい自分の意見を入れてしまう人も多いので、こうしたトレーニングをすることは重要だと思います。
 また、「データは1つだけを見ないで、見比べるように」「データを使ったら、必ず出典を書くようにしてください」というドゥラゴ先生の言葉も、何度も授業のなかで伝えられるうちに、生徒たちができるようになっていくと思います。

 プレゼンテーションを作る授業のなかで、「データをどのように分析するか」ということまで触れることは必要です。何をどう分析したいかによって、見るべきデータは違ってきますし、ただデータを分析して終わりではなく、そこから「どうすればいいのか」というところまで含めて考えなくてはいけません。そのための最初のステップとして、「自分の1日の時間の使い方」をデータとしてまとめて、それを分析し、課題を抽出してプレゼンテーションするという課題は、データサイエンスの基礎演習としておもしろいと思いました。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【メディア掲載】月刊私塾界 2022年6月号

 月刊私塾界6月号が発刊されました。今回の特集は、「教育ICT考2022S/S②」です。学研プラスの「学研プライムゼミ」、スプリックスの「フォレスタ学習道場」、EnglishCentral JAPANの「EnglishCentral」、FLENSの「FLENS School Manager」、リクルートの「スタディサプリ学習塾向けサービス」など、全部で11社のサービスが紹介されています。

 AIを搭載したデジタルドリルなども紹介されています。学習塾でどんなふうに使われているのか、実際に授業で見てみたいな、と思います。「うちの学校(塾)、見に来てもいいですよ」という先生がいらっしゃれば、ぜひ伺わせていただきたいです。ご連絡いただければと思います。

 いつものように、僕の連載記事も掲載されています。4月の春休みから、今年度はいろいろな学校へ伺わせていただいたな、とふりかえりました。

(為田)

戸田市立芦原小学校 セサミストリート・カリキュラム研修会レポート(2022年5月18日)

 2022年5月18日に戸田市立芦原小学校を訪問し、セサミストリート・カリキュラムの研修会に講師として参加させていただきました。芦原小学校は、戸田市でのセサミストリート・カリキュラム導入時からパイロット校としてお世話になってきた学校です。

示範授業「自分の役割について考えよう」

 セサミストリート・カリキュラム研修会の前に、松本明子 先生による示範授業「自分の役割について考えよう」を参観させていただきました。
 この授業では、セサミストリートのストーリーのなかで、キャラクターたちが自分の得意なことを考えて役割分担する様子を見ます。それからワークシートを配布して、子どもたちに「自分の得意なことや特徴」を書いてもらいます。そのあと、4人グループに分かれて、「この4人で探検隊になって無人島へ行くなら、どんな役割を一人ひとりがするか」を、それぞれの得意なことや特徴を書いたワークシートを見ながら考えていきます。

 最初の「自分の得意なことや特徴」を書いてもらうワークでは、できるだけいろいろな得意なこと、特徴を子どもたちがワークシートに書き込めるように、松本先生が自分の得意なことや特徴を例として挙げていきます。たとえば、「声が大きい」「人を楽しませられる」「計算がはやい」「背が高い」などの例を出していくことで、子どもたちがワークシートに自分のことを書きやすい雰囲気を作っていきます。
 ワークシートに取り組むうちに、子どもたちから、「先生、立って聞きに行ってもいいですか?」という声があがったので、松本先生は「友だちに訊いてもいいし、周りにいる先生に“僕ってどんなことが得意ですか?”と訊いてみてもいいよ」と言います。

 その後で、それぞれのグループで探検隊の役割決めをします。「設計図を書く」「食べ物を探す」など、グループのメンバーそれぞれの得意なことや特徴にあった、さまざまな役割が登場しました。

 この活動を通じて、子どもたち一人ひとりが、「これしかできない」でなく、「これならできる」「これができる」というふうに思えるようになればいいな、と思いました。そうした支援をするには、ふだんから子どもたちを見ている芦原小学校の先生方だからこそできる見取りや声掛けが有効です。

セサミストリート・カリキュラム研修会

 放課後の研修会では、最初にセサミストリート・カリキュラムとはどのようなものなのか、学校でセサミストリート・カリキュラムの授業をするためにある指導略案、スライドやワークシートなどの紹介をしました。

www.youtube.com

 研修会に参加された先生方は学年ごとに座っていたので、参観した示範授業を見た感想、僕が紹介したセサミストリート・カリキュラムの概要を合わせて、自分たちの学年でセサミストリート・カリキュラムを行うときにどんなふうにしたいのかについて話し合ってもらいました。
 研修会の会場になっていた芦原小学校の多目的室のテーブルは塗料が塗られていて、テーブルにマーカーで書き込みができるようになっていたので、話し合いをしながら、そのままテーブルにいろいろな意見を書いてもらいました。

 今回の示範授業のワークシートで4年生の子どもたちが書いた「自分の得意なことや特徴」は、高学年だったらどうなるだろうか、低学年だったらどうなるだろうか、と自分たちの学年に引きつけて考えてもらいました。ふだんから子どもたちのことを見ている先生方だからこそ感じる点はたくさんあると思います。例えば、高学年の先生方が書いていた、「高学年だと自分のことは恥ずかしいかもしれない」というような懸念も、もっともだと思います。こうした懸念を乗り越えるために、セサミストリート・カリキュラムでは、指導略案やワークシートをカスタマイズして活用してもらうこともできるようになっています。例えば、人に見えないようにICTを活用して書いてもらったりもできると思います。
 セサミストリート・カリキュラムでは、「ワークシートに自分の考えたことを、とにかくたくさん書く」という体験をしてもらいたいと思って設計していますが、芦原小学校の子どもたちのことは、芦原小学校の先生方がいちばんよく知っているので、それぞれの学年で子どもたちのためになるようにカスタマイズして授業を実施してもらえればいいと思います。

 セサミストリート・カリキュラムが芦原小学校の子どもたちの学びのために活用されていく、そのための第一歩にこの研修会がなればいいな、と思います。

おまけ

 研修会のなかで先生方がマーカーで書き込んでいたテーブルですが、「書考楽(ショコラ・テーブル)」と言うそうです。「書いて、考え、楽しく学習するためのテーブル」というのが名前の由来だそうです。名前は2年前の6年生が考えてくれて、それを図工が専門の教頭先生がデザインしたパネルが多目的室に貼ってありました。こうして話し合いが進む場を作る工夫もとてもいいな、と思いました。

(為田)

授業で使えるかも:身のまわりの文字デザイン探偵団

 雪朱里さんの『もじモジ探偵団 まちで見かける文字デザインの秘密』を読みました。街の中で見つけられるさまざまな文字デザインについて、デザイナー視点でいろいろと知ることができました。車のナンバープレートのフォント、看板のフォント、道路に書かれている「止まれ」の文字のフォントなど、細かく見てみるとおもしろい。

 文字のフォントと言えば、3月に発売した『学校のデジタル化は何のため?』の表紙案が出たときに、編集の方に「いいじゃないですかー!この字体、大好きな鶴見俊輔さんの著作の表紙でよく使われていた字体に似ていて、すごく好きです。」と返事したら、「そうなんです、平野甲賀という有名なデザイナーが多用した書体風。ついでに、為田さんも鶴見俊輔先生好きでよかった♪」と返事が返ってきたのを思い出しました。すぐにこの返事ができるあたり、プロはやっぱりすごい!と思いました。

 表紙のフォントは下の写真の感じです。大学時代に読み漁っていた、鶴見俊輔さんの本の表紙の文字によく似ているな、と思って。専門家が見たら、似てないのかもしれない(笑)でも、たくさんのデザインを知ってこそ、違いがわかるようになる=解像度が上がっていく、というのはおもしろいかな、と思いました。

 中学校や高校の美術の教科書で、こうしたデザインは取り上げられているのを見たことがあるような気がするので、授業のなかで使われている先生もいるかもしれないですね。
 一人1台のタブレット端末で、写真の撮影と写真データの共有はすごく楽になったので、生活の中でおもしろい形をしている文字を撮影してきてもらって、それをみんなで分類してみたり、「どんな意図でこんな文字にしているのかな?」と考えてみたりしたらおもしろそうだな、と思いました。
 図書室や家にある表紙の文字デザイン、お菓子やゲームなどのパッケージに書かれている文字デザインなど、いろいろなものを子どもたちが見つけてきてくれるんじゃないかな、と思います。

 まずは自分がもっている授業で、子どもたちと一緒に楽しみながらやってみようかな、と思います。授業のアイデアリストの中に入れておきます。

(為田)

富士見市立針ケ谷小学校 授業&研修レポート No.2(2022年5月23日)

 2022年5月23日に富士見市立針ケ谷小学校を訪問し、授業参観後に校内研修の講師をさせていただきました。今回のテーマは、「学校のデジタル化は何のため?」でした。

 富士見市では、2022年1月14日に富士見市教育研究会主催の教育講演会で講師をさせていただいていたので、そのときの話に最新の事例を加えながら、針ケ谷小学校の環境にあった形で話をさせてもらいました。

 教育ICT利活用の目的9類型を紹介した後で、先生方に、「今回紹介した9つの類型のなかであれば、針ケ谷小学校で自分はどの類型をICTを活用する目的としたいですか?」という質問に、Mentimeterを使って答えてもらいました。
 ほんの10分足らずの時間でしたが、先生方はたくさんの書き込みをしてくれました。書いてもらった回答を映して説明をしながら、「どうして今回Mentimeterを使ったかというと、こうして先生方が考えていることを読ませていただきたかったからです。挙手して発言してもらえば、こんなにたくさんの人の意見を聴くことはできません。ICTだからこそ、こうして全員の意見を読むことができます。また、この形式であれば、他の先生の意見を読むことができ、それは参加している先生方にとってもいいことだと思います」と趣旨を説明しました。

 こうして情報を共有することができ、この場で集め、見られる情報量を増やせることも、ICTの良さです。最後に、先生方に、「これを授業で使えば、手を挙げない子たちの意見も読むことができるようになります。これもICTの良さのひとつです」と説明をしました。

 最後の質疑応答の時間に、養護の先生から「今日は、子どもたちの学びがどのように変わるのか、という事例を挙げてもらいましたが、養護の場面でICTを活用している事例はありますか?」という質問をいただきました。
 いろいろな学校へ伺いますが、養護の先生とお話をする機会はあまりなく、事例としては僕が持っているものはなかったのですが、ICTを活用することで「保健室へ行くのが恥ずかしくて質問できない子にとって、ICTでコミュニケーションができることは、彼ら/彼女らの選択肢を増やすことになるのではないでしょうか。担任の先生に言えないことも、保健室の先生に相談できる、というのはとてもいいことだと思います」とお答えしました。
 2020年に訪問した湘南学園中学校高等学校で、進路相談などで職員室に来られない子たちが、自分の端末からコミュニケーションをとれるようになった、と進路指導の先生がおっしゃっていたのを思い出し、その事例もお伝えしました。
blog.ict-in-education.jp

 保健室へのオンライン相談を実際にスタートさせようと思えば、匿名で受け付けるか実名で受け付けるか、オンラインで来た質問をどの程度まで校内で共有するかなど、いろいろなことを考える必要があります。ですが、針ケ谷小学校にあった形で制度を作り、コミュニケーションの選択肢を増やすことで、子どもたちが学びやすく、過ごしやすくなる可能性も大きいと思います。今回の研修会での、この質問によって、針ケ谷小学校でできる可能性がひとつ増え、これによって助かる子どもたちがいるかもしれないと思い、学校全体でICTのできることを考える機会をもつことは本当に大切だと改めて感じました。

(為田)