教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

日本教育工学協会(JAET)「教育の情報化」実践セミナー レポート No.2(2020年3月21日)

 2020年3月21日に日本教育工学協会(JAET)「教育の情報化」実践セミナーがオンラインで開催されました。オンラインで参加しながらTwitterでメモをとっていたものを公開します。四国での開催だったので、オンラインだったからこそ参加できました。オンライン開催、ありがとうございました。

豊田充崇 先生(和歌山大学)+中川斉史 先生(徳島県三好郡東みよし町立足代小学校)「オンラインワークショップ「情報化の推進方策」をJAET学校情報化先進校から学ぶ」

 続いて、オンラインワークショップ「情報化の推進方策」をJAET学校情報化先進校から学ぶ、が行われました。コーディネーター が豊田充崇 先生(和歌山大学)、コメンテーターが中川斉史 先生(徳島県三好郡東みよし町立足代小学校)でした。

 最初に豊田先生から、JAETの学校情報化認定システムについての紹介がありました。


 続いて、東みよし町立足代小学校 副校長の中川先生による「JAET学校情報化推進校としての取り組み」がスタートします。教室環境としてどんな機材があるのか、授業でどんなシステムを使っているのか、どのような活動をしているのか、などについて具体的に紹介がありました。

 小学校ではあるけれど、「キーボードは必要」と言い切られているところ、賛成です。それと、「ローマ字を学ぶこととローマ字を使うことを同時に」というのも賛成です。使えば使うほど、どんどん使えるようになっていく、と思います。

 また、Zoomでの交流を実施するなかで、どんなトラブルがあったか、などについても紹介がありました。こうした「ここが大変だった」という情報共有は本当に貴重だと思います。

 家庭でのネットワーク環境、ICT環境についても、知っておく方がいいというのはそのとおりですね。保護者を通してしか児童生徒に情報を届けられないというのだと、やれることはすごく減ってしまうので。

 足代小学校での先生方への研修について、中川先生からのコメントがありましたが、知らないうちに使っている状態にしていく、というために研修以外のしくみやデザインをしっかりされているのだと感じました。

動画も2020年3月まで公開

 動画もJAETのサイトで2020年3月末まで公開されているそうですので、こちらのページを見て、興味を持たれた方は、ぜひそちらもチェックしてください!

jaet.jp


(為田)

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート まとめ(2020年1月15日)

 2020年1月15日に京都教育大学附属桃山小学校を訪問しました。4年生の国語の授業を見学させていただいたほか、情報活用能力を育むメディア・コミュニケーション科についての説明についてレポートしました。
 また、午後には文部科学省の学校ICT活用フォーラムが行われましたので、そちらにも参加させていただき、説明会や授業視察の様子をレポートすることができました。
f:id:ict_in_education:20200220120603j:plain

 この機会にまとめてお読みいいただければと思います。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

日本教育工学協会(JAET)「教育の情報化」実践セミナー レポート No.1(2020年3月21日)

 2020年3月21日に日本教育工学協会(JAET)「教育の情報化」実践セミナーがオンラインで開催されました。オンラインで参加しながらTwitterでメモをとっていたものを公開します。四国での開催だったので、オンラインだったからこそ参加できました。オンライン開催、ありがとうございました。
f:id:ict_in_education:20200321182847p:plain

稲垣忠 先生(東北学院大学)+林向達 先生(徳島文理大学)対談「令和スタンダードとしてのひとり一台体制を考える」

 最初は、稲垣忠 先生(東北学院大学)と林向達 先生(徳島文理大学)による対談「令和スタンダードとしてのひとり一台体制を考える」でした。

 最初に、新型コロナウイルスへの対応でオンラインでの学びの機会を提供している学校が多く紹介されていることについて、稲垣先生からのコメントがありました。

 続いて、今回の対談のテーマとなっている「ひとり一台体制」を推進するGIGAスクール構想に話題が移りました。

www.mext.go.jp

 1人1台端末の環境ができて、どのように学びが変わっていくのかについて、稲垣先生と林先生はコメントをしていきました。

 結局、「これをやりなさい」「あれをやりなさい」と先生が指示をしないとできない、という状況はいいのか。自分で学ぶ力がついていると言えるのか、ということについて、林先生はコメントしていました。これは、休校になったうちの息子を見ていても思います…(笑)

 GIGAスクール構想によって、これまでは一部の学校だけが進めていた「教育の情報化」が、どこの学校でも進んでいくようにしなければなりません。仕事として、がんばらなければいけないところはたくさんあります。子どもたちの学びのために、できることをしていかなくては、と思いを強くしました。

f:id:ict_in_education:20200321180210p:plain

 稲垣先生から、2冊の本の紹介がありました。1冊目は、学校+学校外の学びを支えるテクノロジについて学べる、A.コリンズ ・R.ハルバーソン『デジタル社会の学びのかたち』です。今度、改訂版が出るそうです。

 2冊めは、個別最適化×探究で学校をつくり直す、C.M.ライゲルース・J.R.カノップ『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』。個に応じた学びと探究型の学びの組み合わせのモデルケースが書かれています。こちらは、読書メモをこのブログで公開もしていますので、よろしければこちらをどうぞ

 林先生が、1人1台端末の時代に、先生の仕事がどう変わっていくのかということについて、旅行業界の喩えをしてくれました。これは先生という仕事でもそうだと思いますし、そもそも産業全体がこのように変わってきていると思います。この流れは不可逆だと僕は思っていますので、教育業界もやはり同じように変わっていかなくてはならないのかな、と感じています。

 ただし、これは「旅行代理的な仕事」=パッケージで、きちんと基礎基本を修得させて、というところが不必要だということではないと思います。先生方はどちらもできなければならない、ということだと思っています。

 タイトル通り、「令和スタンダードとしてのひとり一台体制を考える」ために、いろいろな課題提示がされた時間でした。これから教育の情報化に取り組む、GIGAスクール構想を根付かせる先生方と一緒に、じっくり考えていきたいと思います。

 No.2へ続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

福生市立福生第七小学校 EdTech研究発表会 及び コミュニティ・スクール報告会 レポート まとめ(2020年2月7日)

 2020年2月7日に、福生市福生第七小学校にて開催された、EdTech研究発表会 及び コミュニティ・スクール報告会に参加しました。福生市福生第七小学校の2019年度の研究主題は、「EdTech(教育×IT)を活用して、21世紀を生き抜く確かな学力を育む ~1人1台タブレット端末がもたらす新しい学びのかたち~」です。公開授業、基調講演、シンポジウムの様子をレポートしました。
f:id:ict_in_education:20200214173038j:plain

 福生第七小学校は、コミュニティ・スクールです。シンポジウムでは、地域との関わりなどについてもお話を伺うことができました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

やってみた:中学校にあがる息子に大人が教えてくれたオススメの本

 休校期間中に息子が何か本をまとめて読むかな…と思い、Facebookにてオススメの本を教えていただきました。たくさんの方に教えてもらい、SNSの良さを実感しました。タイムラインが流れてしまうので、ここにまとめておきたいと思います。
 本のラインアップと僕の感想を書いておきます。推薦してくださった皆さんのコメントは、ぜひFacebookの元ページをどうぞ。

 こうしてみなさんの知識が集積していくのは、SNSをやっていてよかったなあ、と思うことです。ご協力、本当にありがとうございます。僕自身、読みたい本がものすごく増えました!

◆ ◆ ◆

 最初にご紹介いただいた本から続いていく流れ。こういうの、自分ではほぼ読んでいないので、大変助かります。息子よりも先に、僕が読みます。

男子のための人生のルール (よりみちパン!セ)

男子のための人生のルール (よりみちパン!セ)

  • 作者:玉袋筋太郎
  • 発売日: 2011/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
藝人春秋 (文春文庫)

藝人春秋 (文春文庫)

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ

藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ

猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)

猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)

ナウなヤング (岩波ジュニア新書)

ナウなヤング (岩波ジュニア新書)

 「必ず2冊いっぺんに!」とオススメをいただきました。

ワンダー Wonder

ワンダー Wonder

もうひとつのワンダー

もうひとつのワンダー

 これも超いいなあ。息子がこれを読んでいるときに、「なにそれ?」と話を聞かせてもらいたくなるな、きっと。

13歳からの世界征服

13歳からの世界征服

  • 作者:中田考
  • 発売日: 2019/10/17
  • メディア: 単行本

 きちんと順を追って考える子になってほしいな、と思っているので、『科学的とはどういうことか』もいいなあ、と思います。また、一緒に検索結果に出てきた、森博嗣先生の本も足しておきます。

新版 科学的とはどういうことか

新版 科学的とはどういうことか

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

  • 作者:森博嗣
  • 発売日: 2011/06/29
  • メディア: 新書

 「地域の図書館のホームページをチェックすると、司書さんが学年別オススメとか載せてくれてますよ〜〜」と教えてもらったので、地元横浜市の図書館で見てみたら、たしかにありました!
www.city.yokohama.lg.jp

 これは読ませたい!と思っているこちらも。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

 あさのあつこさんの『バッテリー』も中学生が出てくるからいいですよ、と。読んでないんです、僕…。息子と一緒に読もうかな。

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 「スペース・アドベンチャー」シリーズもオススメいただきました。

 『ロードス島戦記』もいいですねー。これ、シリーズで追いかけていくと長いこと楽しめそう…。「これで活字に強くなりました(そしてヲタクになりました)」という推薦文は最強です。ありがとうございます。

 「モモとアルケミストが好きです」と2冊いっぺんにオススメいただきました。こういうのもいいなあ。モモは読みかえしたいなあ。

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 「子どもには毒」というのもいただきました。読んだことない…これも読んでみようか…(僕が)。

水源―The Fountainhead

水源―The Fountainhead

 先生から「中学生に上がる前の6年生に勧めている本です。学校で虐められている父親不在の男の子が、どうして勉強しなきゃいけないかを知る本です。」とコメントをいただいたこの本も、まったく知らなかったので興味あります。

ソバニイルヨ

ソバニイルヨ

 「友蔵じいさんの印象が最悪になりますが(笑)」と心配されつつ、さくらももこさんのエッセイも。

もものかんづめ (集英社文庫)

もものかんづめ (集英社文庫)

 「中1でこれを読んで、ムツゴロウさんにどっぷりとハマりました。名著です。」と先生の実体験を伺いました。「ハマった時間の合計が人生だ」とムツゴロウさんは言っているらしく、これも本当に名言だな、と思いました。いいことを教わりました。

ムツゴロウの青春記 (文春文庫)

ムツゴロウの青春記 (文春文庫)

  • 作者:畑 正憲
  • 発売日: 1974/06/25
  • メディア: 文庫

 そして、横山光輝三国志』!僕も読みました!30巻セットと60巻セットがありました(僕は60巻の方、読んでました。赤壁の戦いあたりから)

三国志 全60巻箱入 (希望コミックス)

三国志 全60巻箱入 (希望コミックス)

  • 作者:横山 光輝
  • 発売日: 2000/04/01
  • メディア: コミック
三国志全30巻箱入 (潮漫画文庫)

三国志全30巻箱入 (潮漫画文庫)

 5年生の息子さんのオススメを先生から教えてもらったのは、「絶体絶命ゲーム」。おもしろい。

 こちらも中学生の息子さんからのオススメをお母さんが代筆してくれました。映画もいいですよねー。

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

◆ ◆ ◆

 やってみてよかったです。もしかするとこれから増えていくかもしれませんが、こうして記録にとどめておきます。

(為田)

休校×ICTでやれたこと No.11 「全学年一人1台iPadで自宅学習支援」(敬愛小学校)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が打ち出した小中高校や特別支援学校などの臨時休校が2020年3月2日から始まりました。休校の状況にあっても、ICTを活用することで教育活動などを継続している学校の実践を「休校×ICTでやれたこと」として紹介していきます。

 今回は、敬愛小学校の龍達也 先生からいただいた実践で、「全学年一人1台iPadで自宅学習支援」です。

Q1:どんなふうに使っているかを具体的に教えて下さい。

 敬愛小学校では、iPadは各家庭で一人一台、入学時に個人購入していただき、通常授業でも使用しています。今回の臨時休校では、iPad、Zoom、ロイロノート・スクール、Qubena、DMM英会話、G Suite(Googleフォーム、Googleスプレットシートなど)、CHIeru、Terra Talkを活用した自宅学習支援をしているそうです。

龍先生:休校の3月2日から特別時間割を組み、全学年にてiPadを使った自宅学習支援をスタート。Zoom・ロイロノートを使って朝の会を行い、朝の読書の後、午前中3時間の時間割(国語・算数・社会・理科・英語)を組んで実施している。

  • 朝の会
    • 健康観察を行い、子どもたちの健康状態をチェック。(2週間が経過したときに、心とからだのアンケートを別途Google フォームを使い実施)
      f:id:ict_in_education:20200318223919p:plain
    • Online GYMと題し、体育の先生が自宅でできる簡単な5分間トレーニングの動画と解説をロイロノートで作成。毎日自宅で運動を行う。クラスによっては、感想を提出させたり、Zoomで一緒に行ったり、トレーニング動画を提出させたりとクラスに応じて工夫。
      f:id:ict_in_education:20200318223941j:plain
  • 朝読書
    • Zoomで読み聞かせを行ったり、Zoom越しに読んでいる様子を共有したり、ロイロノートで読んだ本の画面や感想を提出させたり、と各クラスが工夫。
  • 授業
    • ロイロノートを通して通常の双方向の授業を実践
      • Zoomに接続して、解説の後、ロイロノートで課題を提出する。
        f:id:ict_in_education:20200318224019j:plain
        f:id:ict_in_education:20200318224038j:plain
      • QubenaやCHIeruなどの無償支援アプリで範囲を指示して、取り組んだ結果をスクリーンショットをロイロノートで提出する。
  • Online Library
    • この休校中にたくさんの本と出会ってほしいと考え、Online Libraryをオープン。電子書籍の無償提供もスタートしたが、やはり、紙の本を読んでほしいと思いつつも、市立図書館も学校の図書館もクローズ。新しい本に出会うチャンスを作るため、学校の図書館をOnlineでオープンする手法を考えた。
      f:id:ict_in_education:20200318224117p:plain
    • (1)Googleスプレットシートで、1年間の貸し出しが多かった学年別図書と新しく入荷した図書を学年別に紹介→(2)図書のバーコード番号をGoogleフォームで学校に送信→(3)それを図書担当の先生が、貸し出し場所(本校では守衛所)に準備し、無人貸し出し・返却を行う。
      f:id:ict_in_education:20200318224141p:plain
  • オンライン英会話
    • 192cafeやさまざまなイベントで出会った先生方5校で繋がり、異学年でのOnline Englishを開催。ZoomのミーティングIDを紹介し、80名を超える子どもたちや先生方が参加。
    • ブレークアウトセッションを使用して、3名1組の部屋に4回分かれてもらい、オールイングリッシュでの自己紹介と、クイズを行い、英語のアウトプットの機会とした。
      f:id:ict_in_education:20200318224219j:plain
      f:id:ict_in_education:20200318224234j:plain
    • Online English終了後、マンツーマンでオンライン英会話を海外の人と実践できる「DMM英会話」とAI学習アプリ「Terra Talk」を紹介し、設定した授業時間外の意欲的な学びに繋げた。

Q2:「もっとこうであればよかった」ということがもしあれば教えて下さい。

龍先生:ん〜。特にはないです。まだまだ他の方法はあるのかもしれませんが、このように「各学校の取り組みの共有」をしていただいたり、Facebook等で実践者の交流ができることが、これからの活動に繋がると思う。「思い悩むよりもやってみて微修正してみること。」「すべての機会は子どもたちの成長に繋がること。」 同じ教育機関に勤める先生たちが、自校内で悩むのではなく、「共創」していく文化がスタートしたのではないかと考える。

まとめ

 一人1台のiPadを通常授業から使っているからこそできる実践の数々は、他の学校にも参考になるものだと思いました。特に、Online Libraryの運用は素晴らしいと思います。学校の図書館も生徒や保護者の資産としてどのように活用できるか、ということを考えて、オンラインでできる部分を代替し、運営されているのが素晴らしいと思いました。

 龍先生が書かれているように、「自校内で悩むのではなく、「共創」していく文化がスタートした」のだと思います。ICTを活用することで、どういったことが実現できるのかということを、今後も共創していくことができればと思います。そのための情報源として、さまざまな学校の事例を提供していきたいと思っています。

 龍先生、どうもありがとうございました。

◆ ◆ ◆

 実践紹介と共に、「もっとこうであればよかった」も合わせてまとめておけば、GIGAスクール構想後の学校に役立つ知見になると思います。引き続き、フォームからの投稿を受け付けていますので、どうぞよろしくお願いします!

docs.google.com


(為田)

休校×ICTでやれたこと No.10 「Google Arts & Cultureを使って美術作品のオンライン鑑賞」(津田学園中学校・高等学校〈六年制〉)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が打ち出した小中高校や特別支援学校などの臨時休校が2020年3月2日から始まりました。休校の状況にあっても、ICTを活用することで教育活動などを継続している学校の実践を「休校×ICTでやれたこと」として紹介していきます。

 今回は、津田学園中学校・高等学校の伊藤廉 先生からいただいた実践で、「Google Arts & Cultureを使って美術作品のオンライン鑑賞」です。津田学園中学校・高等学校の生徒たちはChromebook+G Suite for Educationのアカウントを持っていて、幅広い学習に取り組めるように課題を配信しているそうです。

Q1:どんなふうに使っているかを具体的に教えて下さい。

伊藤先生:現在、本校では主要5教科の学習にとどまらず、幅広い学習に取り組めるように課題を配信しています。私が担当する美術科では、Google Arts & Cultureの“Googleのパートナー・ミュージアムが所有する美術品を高画質で鑑賞できるサービス”を活用し、美術作品のオンライン鑑賞を課題としています。
鑑賞後はgoogleフォームで感想や考えを述べさせています。こういう時だからこそ情操教育が必要であり、家庭での学習に変化を持たせていければと考えています。

f:id:ict_in_education:20200317160632p:plain

©2018 Google LLC, used with permission. Google and the Google logo are registered trademarks of Google LLC.


The National Museum of Modern Art, Tokyo, 東京都千代田区北の丸公園3-1, Japan — Google Arts & Culture

Q2:「もっとこうであればよかった」ということがもしあれば教えて下さい。

伊藤先生:今回は自由な鑑賞活動となるように、生徒一人一人に気に入った作品を選ばせましたが、こちらの指定した作品の鑑賞に取り組ませるなど、全員へ共通で問いかける内容も設け、スプレッドシート等を活用し、クラスメートの意見に触れられる工夫を取り入れられるとよかったです。
今後は生徒が個人として取り組むだけでなく、クラスの全員が共有できる課題とすることも考えています。

まとめ

 今回の休校期間には、美術館や博物館などのさまざまな展示が中止になってもいます。オンラインで見ることができるようなイベントも行われていますが、アプリ「Google Arts & Culture」を活用することで、オンラインで作品鑑賞を行い、さらに感想や考えをGoogleフォームで集め、生徒間で共有するということも可能になります。
 休校期間中だけでなく、普段の授業でも教科書や副教材に掲載されている作品だけでなく、より幅広い作品や資料にあたってもらうということに使えると思います。

 伊藤先生、どうもありがとうございました。


◆ ◆ ◆

 実践紹介と共に、「もっとこうであればよかった」も合わせてまとめておけば、GIGAスクール構想後の学校に役立つ知見になると思います。引き続き、フォームからの投稿を受け付けていますので、どうぞよろしくお願いします!

docs.google.com


(為田)