教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

教材に使えるかも?:Ludix Lab代表の藤本徹 先生が松丸亮吾さんと対談

 為田がフェローとして参加しています(と言っても、最近はメンバー各自がソロ活動で忙しくて集まれていませんが…)Ludix Labのリーダー、ゲーミフィケーション/シリアスゲームの研究者 藤本徹 先生が、小学館サイト「はぐくむ 【松丸くんの教育ナゾトキ対談】」で、松丸亮吾さんと対談しています。

 藤本先生が研究されているシリアスゲームは本当におもしろくて、授業設計や教室でのファシリテーションの参考にさせていただいているのですが、この対談のなかにも、たくさんのヒントがあります。
 ゲームで楽しく学んでいるうちに、うっかり学習目標を習得してしまっている、という授業が好きです。楽しく学ぶということを体得している人は、ゲームなどのエンターテイメントを入口にしている人が多いような気がします。記事中にも、「東大に行っている人のなかには、ゲーム好きが多い」というようなコメントもありました。僕自身は、藤本先生と同じ、「信長の野望」と「三国志」で人生が変わったクチでした。

hugkum.sho.jp

hugkum.sho.jp

hugkum.sho.jp

 藤本先生と話をすると、ゲームと学びの間に橋を架けていくことの楽しさを感じるのです。ということで、おすすめの対談なので、ぜひお読みいただければと思います。

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る

ゲームと教育・学習 (教育工学選書II)

ゲームと教育・学習 (教育工学選書II)

  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: 単行本

(為田)