教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』 ひとり読書会 No.1「序文」「第1章 学習者中心の教育パラダイム」

 C.M.ライゲルース、B.J.ビーティ、R.D.マイヤーズ『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#学習者中心のID理論とモデル 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

 まずは序文から、気になった部分をレビューしていきたいと思います。

 それぞれについて詳しくは以下のようにどう変わるべきなのかが書かれています。

  • 第1に、教授管理に関して言えば、真に学習者中心の教授は、学習者の進歩が学習時間より学習成果に基づいていることを要求する。
  • 第2に、評価に関して言えば、真に学習者中心の教授では、学習者の学びは同級生の学習成果との比較(集団準拠)ではなく、学習者がいつ次に移行する準備ができたかを知るために到達度基準との比較(基準準拠)である必要がある。
  • 第3に、カリキュラムに関して言えば、真に学習者中心の教授は、産業時代の私たちの先駆者よりもはるかに複雑な社会における学習者のニーズに応えるために、何を学ぶかを決定する必要がある。

 序文からズシンと来る文章が並んでいます。「何を教えるか」「どう教えるべきか」「どのように評価するか」、すべて劇的に変わっていなければならない、ということについては大賛成です。が、これを学校での研修で伝えることはなかなかに大変です。結局、「何を教えるか、を変えましょう」と言えば、「どうやって評価するのか?」という話になるし、「どうやって教えるのか?」ということも合わせて提示しなければならないし、すべては繋がっています。すべてを同時に納得してもらえないと、なかなか効果が上がらない。

 続いて、「第1章 学習者中心の教育パラダイム」へ進みます。この章は、全体的な概観を抑えるところになっています。

 こうして見てみると、学習については焦点を当てているように思うけれど、個々の学習者がみんな違うのだ、という面ではいまの学校ではなかなか対応できていないように思いました。こうして「個々の学習者」と「学習」を分けて考え「個々の学習者の違いにもっと着目しましょう」と伝えることをもっとしていかなければいけないのかもしれない、と思いました。

 この2つをごちゃまぜにしている説明も多くあるかな、と思いました。社会レベルの方については、ここでは「なぜ学習者中心の教育のみがニーズを満たせるのか」についてまでは明確な説明が入っていなかったので、これも今後のテーマとして見ていこうと思います。


  1. 達成度基盤型のインストラクション(attainment-based instruction):
    • 学習者の進捗は、時間よりも学習進度に基づくべきである(p.16)
    • 学習者評価を成績分布に基づく集団準拠評価でなく、到達基準による基準準拠評価にする必要がある。第2章で詳述。(p.16)
  2. 課題中心型のインストラクション(task-centered instruction):
    • インストラクションは、真正な課題のパフォーマンスを中心に構成すべきである(p.16)
    • 内発的動機づけを育てるため。学習者が興味を持ち個々の発達レベルにとって適切なもの。第3章で詳述(p.18)
  3. 個人に合わせたインストラクション(personalized instruction):
    • 課題遂行時のインストラクションは、個人に合わせるべきである(p.16)
    • 学習ゴール、課題、足場かけ、学習評価、省察の性質を個人に合わせる。第4章で詳述(p.19-20)
  4. 役割の変化(changed roles):
    • 教育者・学習者・テクノロジーの役割を転換すべきである(p.16)
    • 指導者は「壇上の賢人から側にいてくれるガイドへ(From a sage on the stage to a guide on the side)」、学習者も能動的で自己主導へ。テクノロジーも指導者のためのツールから学習者のためのツールへ。(p.21)
  5. カリキュラムの変化(changed curriculum):
    • カリキュラムを拡張・再構成すべきである(p.16)
    • 認知的、身体的発達だけでなく、感情的、社会的、人格的な発達も含め、個々の学習者の発達における重要な側面すべてを扱っていく必要がある。第5章で詳述(p.24)

 どれも「そうそう」と納得いくものでありつつ、「では?どうやって?」という部分がとても気になります。この後、詳細に各章で書かれていくのが楽しみです。

 いずれも学校で実装できればとても意義があるものだと思っています。「なぜ」と「どうやって」をなるべく読み取っていけるようにしたいと思います。

 No.2へ続きます。
blog.ict-in-education.jp


f:id:ict_in_education:20200727053754j:plain


(為田)

教材として使えるかも?:「1945ひろしまタイムライン」

 NHKを見ていてたまたま知った、「1945ひろしまタイムライン」。もしも75年前にSNSがあったら?というコンセプトで、Twitter「#ひろしまタイムライン」ハッシュタグで1945年の日記をもとに毎日更新されています。
f:id:ict_in_education:20200726093853p:plain

www.nhk.or.jp


 ひろしまタイムラインを作っているのは、11人の広島出身・在住のメンバーだそうです。日記などを読んで投稿を作っているだけでなく、テレビでは米の配給を受け取りに行く疑似体験をしている様子なども放送されていました。
www.nhk.or.jp

 タイムラインを読むと、本当にいろいろなことが書かれています。「75年前にSNSがあったら…」という思考実験としてもおもしろいですし、生活の記録としてもおもしろいです。ハッシュタグをフォローすることでさまざまなテーマが集まってくるのも便利です。

 どうやって作ったのかをブログにしてまとめてもあります。こうしたアプローチで戦争について考える教材として使うこともできるかと思いました。
www.nhk.or.jp


(為田)

書籍ご紹介:『CONTEXT DESIGN』

 東京とロンドンを拠点に、人工衛星から和菓子まで幅広くものづくりに取り組むデザインファームTakramの渡邉康太郎さんが書いた、『CONTEXT DESIGN』を読みました。
 デザインには、伝えたい意図があって、それを伝えるための設計のこと、というように自分では思っていました。文章、音楽、映像、さまざまなメディアでデザインは行われています。「コンテクストデザイン」では、作り手の意図が伝わるだけではなく、そこから受け取った人がどういうことをしていくのかという部分を重視しています。
 こういった部分は、教育やカリキュラム作りに通じるものがあると思っています*1。教育に関連すると思う部分を中心にしたメモを公開します。
f:id:ict_in_education:20200725064608j:plain

コンテクストデザインとは、それに触れた一人ひとりからそれぞれの「ものがたり」が生まれるような「ものづくり」の取り組みや現象を指す。換言するならば、読み手の主体的な関わりと多義的な解釈が表出することを、書き手が意図した創作活動だ。
(略)
コンテクストデザインは、完成されたものの使用による意図通りの価値提供を目的としない。むしろ未完成のものの使用によって、意図した価値提供を超え、デザイナーの創造の先へとものがたりを波及させることを目的とする。(p.12)

「強い文脈」と「弱い文脈」

 「コンテクストデザイン」の中にある「コンテクスト」という言葉は、「文脈」という意味で使うことが多いですが、文脈をさらに「強い文脈」と「弱い文脈」に分けて考えていきます。

作品と解釈の関係性を議論するために、ここで文脈の「強弱」を考えてみよう。コンテクストデザインという体系のなかで、「強い文脈」と「弱い文脈」というものを定めることにする。
強い文脈とは、作品における作者の意図、歴史的な位置づけ、広く認められている読解を指す。強い文脈は通貨のような普遍的な流通性を備えている。それはある正統性を保証するので、多くの人へ語り掛けることができ、否定されにくい最大公約数としての性質を持つ。ただそれ故に、個人にとっての特別な意味にはなりにくい。これは「強い文脈の弱さ」だ。
弱い文脈とは、ある個人の解釈や、その作品に結びつけているエピソードを指す。これには流通性や正統性がない。よって単体ではとても弱く、誤読である可能性も高い。しかし弱い文脈にはそれ故の逆説的な強さが備わっている。「弱い文脈の強さ」だ。
弱い文脈の強さは、「読み手」がいつのまにか「語り手」になってしまう点にある。弱い文脈を、つまり個人的な解釈の糸口を持つことは、読者があるエピソードの作者となることを意味する。その糸口は、秘密として持ちつづけることもできるし、誰かに語るときに自らの人生を預けて、本心を明かすために使うこともできる。この作品への主体的、積極的関わり、作品世界への参与、秘密の所有や語りによって、読者はある解釈の持ち主となり、ひいてはその解釈を通じて作品そのものの持ち主になる。解釈をすることで、読者は作者になる。単なる読み手を越えて、その作品の一端を担う語り手になる。
大事なことは、強い文脈にも弱い文脈にも心を開くことだ。両者を兼ね備えているところに最大の可能性がある。それらはお互いを高めあうのだから。(p.19-20)

 誰でもが同じように受け取る普遍的な「強い文脈」と、ひとつの解釈でなくさまざまな解釈を許す「弱い文脈」。弱い文脈である方が、「作品そのものの持ち主」になることができる、というのがおもしろいと思いました。

語りきられたものと、語られないもの。両者のちょうど中間を目指せないか――コンテクストデザインの意図はここにある。語り継がれるもの。書き手が意図した一定の概念と同時に読み手一人ひとりが自ら主体的に解釈し独自のコンテクストを「所有する」もの。誰もがつい自らの言葉で語りはじめてしまうもの。それをつくるのがコンテクストデザインだ。
言葉が日照りも洪水も起こしていない状態。これは強い文脈と弱い文脈(ないしその発生可能性)がちょうど釣りあっている状態だ。充分に判読でき、また誤読の余白があるもの。わかるけれど、少しわからないもの。もしくは全員が「わかった」といいながら、その実、少しずつ解釈が異なっているもの。このような状態をもって「文脈が豊かである」と考える。(p.25-26)

 学校の授業で「文脈」を扱うのは何の授業だろう?と考えると、国語の授業かなと思います。みんなが同じように文章を読んで解釈できる、ということはもちろん大切なことですが、それだけでなく、さまざまな解釈が生まれる「弱い文脈」を読み、自分が作者側に回るような、そんな国語の授業があってもおもしろいかもしれないと思いました。歴史などの授業でも、文脈は大事だといえるかもしれません。
 文脈が豊かな授業とはどんなことが考えられるだろう、と考えさせられます。そもそも、この文章を読んで教育のことを考えていること自体が、「誤読の余白」があるからこそだと思います。「コンテクストデザイン」で考える「弱い文脈」、とてもおもしろい考え方だと思います。

「社会彫刻」という考え方

 はじめて「社会彫刻」という言葉を知りました。学校教育で「君たちは社会彫刻家である」というメッセージは発してあげたいな、と思いました。

ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921-1986)はすべての人間は芸術家であるとした。ここでの芸術とは、いわゆる建築、舞踏、音楽、詩、絵画などに限定されるものではなく、拡張された芸術概念で、教育や社会運動等も含む。ボイスは意識的な活動であれば、それが日常茶飯事であっても家事であっても芸術なのであって、そういった行為の積み重ねによって誰もが社会を彫刻しているし、より良い社会を彫刻せねばならないとした。「社会彫刻」という概念だ。コンテクストデザインはこの概念と共振する。コンテクストデザインはあらゆる創作を期待する。なぜならばすべての創作は社会彫刻であるから。コンテクストデザインはまたあらゆる論理的に可能な読解を期待する。なぜならばすべての読解はのちの創作につながるから。(p.36)

個人が自分なりの形で社会に身を置き生きること自体が、すでに創作行為の、社会彫刻の第一歩なのだと考えたい。なぜならば社会は一部の限られた作家たちによってのみつくられているのではないのだから。誰もが臆せずに意思を表明したり行動を起こせるとよい。その発露が少しでも増えるとよい。自らの創作を、社会彫刻をすでに行なっているならば素晴らしい。(p.37)

 社会に参画していく子どもたちが学ぶ場である学校では、個々人が社会彫刻に取り組めるということを感じられるようになることは大事だと思います。「社会」といういちばん大きなレイヤーでなくても、「学校」「クラス」「グループ」…小さいところでもいいですが、自分が属するコミュニティに働きかけができる、ということを何度も実感できることが、学校の良さだと信じています。事実、そうしたことを目指して学校運営、学級運営をされている先生方はたくさんいらっしゃいます。
 そうした先生方と、「コンテクストデザイン」についてお話ししてみたいな、と感じました。

コンテクストデザインは、個々人が自らの創作=社会彫刻に取り組める社会の実現を目指す。コンテクストデザインは、そのために個人を後押しする。コンテクストデザインは、あらゆる人が他者の社会彫刻の鑑賞と解釈を通じて、いつのまにか自身の社会彫刻へと移行することを促す。
(略)
コンテクストデザインはあらゆる人が世界の建設に加担していると実感できる世界を目指す。コンテクストデザインは、人間を、生を肯定する。コンテクストデザインは、そのためのささやかな補助線を引く。(p.38-39)

コンテクストデザインの実例

 コンテクストデザインの例として、「わかるとわからないのちょうど中間に位置するようなものが心地よい思考を促す」として、これまでにデザインされた表現が挙げられていました。新しいことを社会に実装していく(≒社会彫刻)ときのアイデアとして、とても重要だと思いました。

わかりそうでわからないものは知的好奇心を刺激する。わかりたいという欲求や、いまにもわかるであろう予感がドーパミンを分泌させる。ただし、あまりに理解から遠ざかってしまうと、畏怖や軽蔑の対象となる。(略)「わからない」の度あいの設定は非常な繊細さを要する。
世にこれまでになかったあたらしいものを投じるとき、理解を促すために認知モデルが活用されることがある。発売当初の家庭用テレビには、キャビネットの形を模した「家具調」の意匠が施された。電気の通った大きな機物を居間に置く文化はそれまでになかったが、家具としての認知を得ることで新しい発明も「わかる」ようになる。同様にフォードによる世界初の自動車も、当初は「馬なし馬車」の名前で親しまれた。2007年のiPhoneの発表は、今から振り返れば実質的にスマートフォンの発表であり歴史の転換点だったわけだが、あくまであらたな「電話」という名目でお披露目された。任天堂のゲーム機Wiiは、家族全員で遊んでもらいたいと、コントローラーを「リモコン」と呼んだ。それまでゲーム人口として考えられてこなかった両親や祖父母にも遊びの輪に加わってほしいという考えだ。リモコンであればテレビのおかげで誰もが親しんでいる。これらの事例は、すでに受け入れられている価値の名前を踏襲することで、「わかる」ことを助ける。
わかるとわからないのちょうど中間に位置するようなものが心地よい思考を促す。(p.54)

 教育の情報化も、もしかするとコンテクストデザインによって変えられるかもしれないな、と思いました。どう伝えるかをもう一度自分のプレゼンを見直そうと思います。コンテクストデザインし直せるところはあるように思います。これも誤読でも全然かまわないと思うのです。僕はそう読み取り、自分の行動を変えていこうかな、と思いました。

まとめ

 この本、青山ブックセンターなどイベントを実施した書店など限られたところでしか買えませんでした。僕は青山ブックセンターで青い表紙の限定版を購入しました。シリアルナンバー入りの限定版です。
f:id:ict_in_education:20200725064444j:plain

 いまは青山ブックセンターオンラインストアで購入できます。このエントリーを読んで興味をもった方は、ぜひチェックしてみていただければと思います。
aoyamabc.stores.jp


(為田)

*1:このあたりは、J-WAVEで木曜深夜に著者の渡邉康太郎さんがナビゲーターをしている番組「Takram Radio」を聴いているなかでずっと感じていたし、Twitterでメッセージを書いたら番組内で読んでもらいもしました。「ストーリーウィーヴィング」というコンセプトから、「コンテクストデザイン」へと発展してきているベースに教育もある、というコメントをいただきました。

やってみた:Google検索結果から英単語を学ぶWORD COACH

 中学校1年生の息子から、「shapeってどういう意味?」と訊かれたので、確認のためにGoogleで「shage 意味」と検索してみたら、検索結果のなかに、「WORD COACH」なるものが混ざっていることに気づきました。最初は調べた「shape」の類義語を訊かれ、それから「tear」の類義語を訊かれました。
f:id:ict_in_education:20200724160800p:plain:w400

 答えていくと、検索一覧の画面のなかで、どんどん問題が進んでいきます。正解するごとにスコアも上がります。「この画像を表している単語はどちらでしょう?」という問題などは、Google画像検索などとも連動してやっているのかな?と思いました。こういう英語の練習も面白いと思いました。
f:id:ict_in_education:20200724160812p:plain:w400

 1問わざと間違えましたが、最後に5問すべてのレビューができるような画面も表示されました。
f:id:ict_in_education:20200724160826p:plain:w400

 間違えた問題「confidenceの対義語は?」の選択肢それぞれについての解説を読むこともできるようになっています。
f:id:ict_in_education:20200724160837p:plain:w400

 PCブラウザで同じ「shape 意味」で検索してもWORD COACHは表示されませんでした。現状ではスマホアプリで検索したときだけに表示されるのかもしれません。スキマ時間に類義語や対義語や画像との紐付けができるのは、ちょっと僕にとってはいい英語勉強法だと思いました。積極的に電車の中で英単語をGoogle検索しようと思います。

 …と、ここまで書いたら、中1息子が自分のスマホで英単語を検索して、「お、WORD COACH、なにこれ!」と言ってやっていました。iPhone使ってどんどん勉強できているんだなあ、いい方向に使ってほしいなあと思っています。
f:id:ict_in_education:20200724163732j:plain

 10分ほどやってみて、レベルアップも果たしました。レベルアップするのはうれしいらしい(まあ、手伝った僕の手柄ですが…)
f:id:ict_in_education:20200724163943j:plain

(為田)

マネーフォワードのUIデザインリニューアルで考えた「アップデート」

 家計簿アプリとして、マネーフォワードを使っているのですが、先日ウェブ版がリニューアルされました。が、ユーザーから「これは改悪だ」という声を受けて、デザインを元に戻すというアナウンスがされました。
www.itmedia.co.jp

 著者として関わった『学校アップデート』のなかで、堀田龍也 先生が、「アップデートの裏に、「アジャイル」の考え方」があるということを書かれていて、僕も研修のなかでときどきこの説明をしますが、マネーフォワードの今回の対応にも、この「アジャイル」の考え方が見えるな、と思いました。
f:id:ict_in_education:20200723054851p:plain

 コンセプトやビジョンなどをアジャイルにどんどん変えていく、ということは避けるべきですが、最終的なデザインなどに関しては、良かれと思ってやってみたもののユーザーの声に答えて勇気をもって元に戻す、ということも選択肢として持つことは大事だと思います。
 今回のこのマネーフォワードのデザインについて、学校現場でのICT活用であれば、これはどういうことに相当するのか、というのを考えてみると、「授業にICTを取り入れてみたが、思ったよりも操作に時間がかかってしまって、想定した成果が得られなかった」というようなことであれば、一度立ちどまって、見直しをしてみればいいと思います。一度うまくいかなかった、というだけですべてを止めてしまうのではなく、「想定した成果を得るために、どこを変えればいいか」ということに対応していけるようになることが必要だと思います。

 そのために、「ICTをなぜ活用するのか」というコンセプトをしっかりと伝えていくことを、自分たちの仕事としてしっかりしていきたいと思います。

(為田)

やってみた:Spotify「Soundtrack Your Workout」で自分だけのワークアウト用プレイリスト

 Spotifyで、自分だけのワークアウト用プレイリストを作れる「Soundtrack Your Workout」という機能があることをCNETの記事で読みました。音楽はSpotifyでしかほぼ聴いていないので、再生履歴もたまっているし、その履歴を使ってどんなプレイリストができるのかな、と実際にやってみることにしました。
japan.cnet.com

 まず、ブラウザでSpotify「Soundtrack Your Workout」のページへアクセスします。自分のIDでログインして、プレイリストを作ります。
spotify.com

 最初にワークアウトの長さを決めます。だいたいどれくらいの時間のワークアウトをするのかを選べます。
f:id:ict_in_education:20200718143733p:plain

 続いて、ワークアウトの種類です。これは、選んだワークアウトによって、曲のBPMが違ったりするのでしょうね…。僕はランニング以外はおそらくしないだろうと思うので、ランニングを選んでおきました。
 その後、「誰と一緒に?」も訊かれたので、「自分ひとりで」を選びます。これもまた、何を選ぶかによって違うのかなあ…。
f:id:ict_in_education:20200718143842p:plain

 どんな気分でワークアウトをするのかも選べます。「気合いを入れる」か迷いましたが、「元気にワークアウトする」を選びました。
f:id:ict_in_education:20200718143927p:plain

 最後に、入れる音楽のジャンルを選びました。これでようやく全部を選び終わったので、プレイリストの名前を決めます。
f:id:ict_in_education:20200718144036p:plain

 完成です。プレイリストの写真も、自分で指定しなかったら「一人でランニングしている」写真が選ばれました。
f:id:ict_in_education:20200718144117p:plain

 無事にプレイリストが作成できました。30分のプレイリストじゃそんなにたくさんの曲が入っていないのでわからないですが、自分では選ばないような曲も入っていて、これを聴きながらジョギングへ行くのが楽しみになります。
f:id:ict_in_education:20200718144216p:plain

 自分の履歴を使って、プログラムなりAIなりが自分向けの何かを作ってくれる、というサービスは、もっともっと増えてくると思います。教育関係ではアダプティブ・ラーニングの教材で可能になっているものです。
 読書でもAmazonで本をレコメンドされるサービスはありますが、よりはっきりと夏休み前とかに、「1日何分くらい読みますか?」「どんな気持ちになりたいですか?」「何日くらいで読み切りたいですか?」などの質問に答えて、さらに自分の読書履歴と組み合わせてレコメンドをしてくれたりするとおもしろいな、と思いました。電子図書館サービスや電子書籍サービスが、学校と組んでやったりしたら実現できそうな…。いや、こういうプログラムを生徒たちが書いたりするようになるのかもしれないですね。

(為田)

書籍ご紹介:『教師のいらない授業のつくり方』

 京都教育大学附属桃山小学校の若松俊介先生から、著書『教師のいらない授業のつくり方』をお送りいただきました。ありがとうございます。

教師のいらない授業のつくり方

教師のいらない授業のつくり方

 若松先生の授業は、これまでに何度も参観させていただいていて、このブログでもレポートを書かせていただいていますが、いちばんの特徴は、若松先生が子どもたちにいろいろなものを信頼して任せて、自分で学んでいくようになる授業を作っていることだと思っています。
 この本のなかで、僕が撮影した写真と書いた文章を掲載していただいています(p.18-19)。この写真、すごく印象的で、「若松先生らしい!」と思って撮影したのをすごく覚えています。
f:id:ict_in_education:20200718221828j:plain

blog.ict-in-education.jp

 「教師のいらない授業」とは、技術の問題だけではなく、先生のマインドセットの問題が大きいと思います。表面的なことだけでなく、どうして教師のいらない授業でなければならないのか、というところを理解していなければならないからです。だからこそ、若松先生の気持ちがたくさん書いてあるこの本は、たくさんの人に読んでいただきたいなと思いました。

 ICTについても、「ICTで考えの整理を助ける」というところで、ノートより簡単に自分の考えを書くツールとしてのタブレットPC、考えの整理や学習過程の共有に使っているロイロノート・スクールの紹介がされています。タブレットPCもロイロノート・スクールも、管理のツールとして使っているのではなく、子どもたち同士、子どもたちと先生を繋ぐツールとして使っていることがポイントだと思います。

最初は、ただ単に自分の考えた結果だけを共有していましたが、お互いの考えの整理の仕方や学習過程を共有するようになったことによって、さらに子どもたち同士がつながって学び合っていくことが可能になりました。
また、タブレットPC等を活用することで、先生が子どもたちの考えをこれまで以上に把握することができるようになります。これまでであれば、一人ひとりのノートを集めたり、教室内を歩き回ったりしないと子どもたちの考えを知ることはできませんでした。しかし、今は手元のタブレットPCで全員の考えを一気にしることができます。知ることができるからこそ、それぞれの考えをつないでいけるようになります。(p.115)

 ICTは、「教師のいらない授業」をつくるうえで、大きな武器にもなっているのだと思います。教師のいらない授業は、放任するというわけではなく、繋がりを持ち続けて、信じて任せる授業だと思います。そのために、繋がるツールとしてICTは価値があるし、子どもたちは自分の考えをどんどん発信するためのツールとしてICTを紙と同じくらい熟達しなければなりません。そのうえで、デジタルかアナログか、どちらを使うかを選べるように慣ればいいと思います。

自分で考えたことを、プレゼンテーションに整理する子もいれば、文書作成アプリでレポート形式に整理する子、手書きで新聞をつくってまとめる子など、実に様々です。何となく便利そうなアプリを、何も考えずに使っていくのではなく、自分から積極的に使いこなす子になります。
ICT機器の活用方法を自分たちで選んでいけるようになると、先生の「こうしなさい」「こうしましょう」も減っていきます。むしろ先生をどんどん乗り越えるICT機器の使い手となっていくでしょう。(p.143)

 自分で学んでいける力をつけるために、信頼して任せていく若松先生の授業の仕組みとその裏側にある「なぜ」を知れる本だと思います。

(為田)