教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

【メディア掲載】月刊私塾界 7月号

 月刊私塾界7月号が発刊されました。特集は「夏からの新様式を考える」です。オンライン対応をしている学習塾もたくさんあります。先週末、中1息子の通っている学習塾の保護者面談がありましたが、教室のZoomで行われました。アクセスすると、担当の先生ごとにブレイクアウトルームに入るようになっていました。学校の保護者面談も、この様式も取り入れてほしいな…と感じました。その方が保護者面談や保護者懇談会などに参加しやすい、という保護者もたくさんいるような気がします。
 授業やコンテンツなどの視点から、「夏からの新様式」について書かれています。学習塾にとっては、夏期講習をどのように行うのか、学校との兼ね合いをどうするのかなど、さまざまな問題がありそうです。地域ごとにさまざまな学びの選択肢があればいいな、と思います。(そのために、ICTは大きな力になり得るだろうと思っています)
 学校は、この学習塾のオンライン対応とも比較をされるようになってくると思います。知見の共有などをどんどんしてもらえるといいな、と思います。
f:id:ict_in_education:20200706174644p:plain:w400

 連載記事もいつものとおり掲載されています。4月から5月、学校の休校期間にあったいろいろの記録です。たった2ヶ月ちょっと前ですが、すごく昔のように感じますね…。リモートワークだからこその、感じ方の違いというのもありそうだと思いました。
f:id:ict_in_education:20200706175047j:plain

(為田)