教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

横浜国立大学附属鎌倉小学校 授業レポート No.4(2022年7月13日)

 2022年7月13日に横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校を訪問し、荒谷舞 先生が担当する5年2組の社会の授業を参観させていただきました。

 今回は、ジグソー学習を用いて4人グループで日本の各地方のことを調べて紹介する授業でした。ロイロノート・スクールの共有ノートに調べたことをまとめているので、教室で一緒にいるときだけでなく、メンバーが同じ場にいないときにもオンラインで一緒に共有ノートに調べたことを書いていくことができるようになっています。

 画面共有しながら発表していきます。文字だけでなく、カルデラの地形図や、降水量のグラフなどを入れて発表しているグループもあります。

 最後に、ロイロノート・スクールのテスト機能を使って、自分の調べたことからテストを作って提出箱に提出します。荒谷先生は、「自分のグループで調べたものを見ないと解けないクイズを作ろう」と言います。

 調べたことを共有ノートでまとめていくことで、お互いが何をしているかがすぐにわかるのはいいと思いました。また、今回は共同編集的な機能だけでなく、それぞれのメンバーが共有ノートのなかに「今日は○時なら行ける」などの連絡事項をカードに書いて伝言板のような使い方もしていたそうです。最後のテストを子どもたちが自分で作るところもそうですが、新しい機能を子どもたちと一緒に使っていくことで、どんな学びが新しくできるのかを模索しているのがとてもいいと思いました。

 No.5へ続きます。

(為田)