教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー No.4

 OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんにインタビューをさせていただくなかで、浜松市内全図書館が、Rakuten OverDriveのシステムを採用していると教えていただきました。(参考: はままつ電子図書 by Rakuten OverDrive
f:id:ict_in_education:20180419060017p:plain

 IDを持っていなくても、サンプルを見ることなどはできます。便利です。浜松市は、在住外国人のための多文化サービスとしてRakuten OverDriveサービスを提供しているそうですが、小学校中学校での教育の情報化も進めてきていますので、学校の図書室との連動などもどんどん進んでいくといいなと感じました。

 また、2018年5月から、工学院大学附属中学校・高等学校にも「Rakuten OverDrive電子図書館サービスを提供することが決定したというリリースが出ました。これは、国内の中学校・高等学校では初の「Rakuten OverDrive」サービス提供となるそうです。工学院大学附属中学校・高等学校は、グローバルリーダーの輩出を目指していて、生徒自身が英語力を伸ばせる環境づくりのため、「Rakuten OverDrive」の電子図書館サービスを採用したそうです。
 先生方がRakuten OverDriveを授業や生徒たちの日々の生活にどのように入れ込んでいくのか、非常に興味があります。5月以降、ぜひ取材に伺わせていただきたいなと思っています。

(為田)